中古品
¥ 240
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

PukiWiki入門 まとめサイトをつくろう! 大型本 – 2006/4/13

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 240
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

自由に、いつでも、みんなが、好きなように情報をまとめよう!

日本製Wikiクローンのひとつ「PukiWiki」は、情報をみんなでまとめるWebサイトを作るツールとして、ユーザーがどんどんひろがっています。本書は、開発に関わった執筆者らによるほぼ公式に近い参考書です。実用性を重視し、実際にPukiWikiでサイトを作るときに役に立つ一冊となっています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

増井/雄一郎
札幌在住のフリープログラマー&テクニカルライター

天野/龍司
PHPプログラマ。愛知県三河地方出身

大河原/哲
CGプロダクション所属。東京都出身&在住

miko
千葉県出身、東京都在住。さまざまな企業でシステムコンサルティングから設計・構築、Webサイトの構築などをしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 大型本: 240ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2006/4/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798109223
  • ISBN-13: 978-4798109220
  • 発売日: 2006/4/13
  • 商品パッケージの寸法: 23 x 18.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 132,944位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
PukiWikiは2年ほど前から使用していましたが、ここに来てより深く使ってみたくなりWEBでいろいろと情報をあさっていましたが、古い人間なのでしょうか、どうしても手元に書籍としてマニュアル本が欲しかったので購入しました。

まずPukiWikiをこれから使おうとする人には最適だと思います。中には最初の一歩では必要のないような情報もありますが、書籍の前半部分はPukiWiki初心者には必ず必要になる知識です。

少し使い込んだ人なら、中盤意向のスキンに関する情報やプラグインに関する情報は非常に興味を引くことでしょう。プラグインの作り方に関しては導入部分しか記述はありませんが、WEB関連のプログラムをかじったことのある人なら、この情報を足ががりに独自に先に進むことができると思います。

このように内容的には初級から中級車向けだと見受けられますが、初級者から上級者までリファレンスマニュアルとして使用すれば、すべてのスキルの方に役に立つ一冊となりえると思います。

通常の記述方法のマニュアルとしてはもとより、プラグインに関するリファレンスは非常に役に立つものだと思います。(PukiWiki本体に付属しているプラグインマニュアルはなかなか初めての人にはわかりにくいですから)

このように初心
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
かなり昔に一度Pukiwikiをインストールして使っていたのですが、しばらく使わないでいたらサーバの調子も悪くなり、おまけに使い勝手も忘れてしまったのでつぶしてしまいました。

そこで、今回は『PukiWiki入門』を手元に置きながら再びPukiwiki入門。

オフィシャルサイトを見れば載っている情報ではありますが、やはり書籍になっていると見やすいというのと、サイトよりもわかりやすく説明している(特に記法やプラグインについて)部分もあるのでお薦めです。この1冊に沿ってやっていくことで、確実に入門は卒業できます。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
PukiWikiの入門書がなく、困っていたところ、この本にたどりつきました。
書店で無く、中古本なの内容が確認できなかったで不安がありましたが、想像以上に役に立ちました。
また、本も奇麗な状態でした。
年のせいか、私はWebで操作説明が記載されていても、やはり書物のほうがわかりやすかったです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック