¥4,600 + 配送料無料
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、uk_books_and_music が販売、発送します。
¥4,600 + 配送料無料
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


The Province of Piety: Moral History in Hawthorne's Early Tales ペーパーバック – 1995/4/1


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ペーパーバック
¥11,743 ¥1,661
ペーパーバック
¥4,600
¥4,600 ¥4,278
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

In this celebrated analysis of Nathaniel Hawthorne, Michael J. Colacurcio presents a view of the author as America’s first significant intellectual historian. Colacurcio shows that Hawthorne’s fiction responds to a wide range of sermons, pamphlets, and religious tracts and debates—a variety of moral discourses at large in the world of provincial New England.
Informed by comprehensive historical research, the author shows that Hawthorne was steeped in New England historiography, particularly the sermon literature of the seventeenth century. But, as Colacurcio shows, Hawthorne did not merely borrow from the historical texts he deliberately studied; rather, he is best understood as having written history. In The Province of Piety, originally published in 1984 (Harvard University Press), Hawthorne is seen as a moral historian working with fictional narratives—a writer brilliantly involved in examining the moral and political effects of Puritanism in America and recreating the emotional and cultural contexts in which earlier Americans had lived.

レビュー

"This is a major work--a richly textured discussion of Hawthorne's crucial early development as writer, as moral thinker, and as historian. It is an extraordinary achievement in creative contextual scholarship."--Sacvan Bercovitch

"The most comprehensive and far reaching book on Hawthorne. Colacurcio's treatment of the tales and Hawthorne's intellectual biography, so vast and compelling, so rich in detail about the whole sweep of colonial and early republican thought, is an account of most everything that matters in early American literary history. It is one of the monumental books of the postwar era of literary critical thought in American studies."--Eric Sundquist, University of California, Los Angeles

"The Province of Piety is one of the most important studies in American literature of the present generation."--Emory Elliott, University of California, Riverside

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 688ページ
  • 出版社: Duke Univ Pr; Reprint版 (1995/4/1)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0822315726
  • ISBN-13: 978-0822315728
  • 発売日: 1995/4/1
  • 商品パッケージの寸法: 15.9 x 3.5 x 23.9 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 417,052位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう