¥ 37,007
  • 参考価格: ¥ 37,308
  • OFF: ¥ 301 (1%)
通常配送無料 詳細
通常1~3か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Risk, Protection, Provision and Policy (Geographies of Children and Young People) (英語) ハードカバー – 2016/8/15


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
¥ 37,007
¥ 30,624 ¥ 42,107

AmazonStudent
【学生限定】Prime Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元。6か月無料体験登録をして、お得に本を買おう。(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞
2017年に洋書で最も売れた本をご紹介 >詳しく見る

商品の説明

内容説明

シリーズGeographies of Children and Young Peopleについて
本シリーズはMajor Reference Workの1シリーズとして、全12巻で構成され、若者に焦点を当てた国際的な学識をまとめあげた、意義深く革新的な優れたシリーズである。
第1巻から第3巻までは、この地理学的下位区分の理論的、概念的、方法論的基礎を明確に示すことに重点を置き、第4巻から第11巻までは、アイデンティティと主観性、家族とピアグループ、行動と流動性、政治観と市民性、地球規模の問題と変化、遊びと幸福、学習と労働、対立と平和といった子どもや若者の生活に関する主要なトピックの主題解析を徹底する。
最終巻である第12巻は保護や支援に関連した学術と政策、実務者とを結び付けた一冊となっている。

内容紹介

The volume provides an overview of recent research (within geography and allied disciplines) around the overarching concept of ‘safe and accessible places of encounter’. It develops according to three interrelated themes.  The first part of the volume examines several of the many spaces children use and that are relevant to the geographies of children and young people including: the city centre and inner city high rise housing, urban versus suburban and rural spaces, local neighbourhoods, the ‘home’ (for particular groups of children and young people such as child domestic workers in Bangladesh), school playgrounds, services (such as domestic violence shelters), outdoor natural spaces, and “life space” (where music and arts are presented in a non-political space in Bosnia-Herzegovina). The second part examines how notions of safety, protection and risk relate to providing children and young people with good life chances, and accessible spaces that enhance or reduce well-being. This middle section emphasises the debate about risk and the need to balance risk and safety/protection.

The final part focuses on policy that builds on the provision/identification of spaces, safety/protection and risk. The emphasis is on how policy at different levels (international-national-local-family) helps provide better spaces of encounter and enhances life chances for children and young people. This section also recognises the different levels of policy making associated with different parts of the world and different regional settings. The gap between policy intentions and outcomes is recognised (e.g Cambodia’s policies on orphanage tourism). The policy section includes contributions that relate to planning, education, migration, architecture, health, connection and citizenship, and sustainability. It provides insights into how professionals working in these fields can, through policy, enhance children’s and young people’s lived experiences and living environments.p>

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 478ページ
  • 出版社: Springer; 1st ed. 2017版 (2016/8/15)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 9812870342
  • ISBN-13: 978-9812870346
  • 発売日: 2016/8/15
  • 商品パッケージの寸法: 15.9 x 3.2 x 23.5 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう