この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Pros and Cons: A Debater's Handbook (英語) ペーパーバック – 1999/4/1

5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 20,322 ¥ 2,901
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 5,088 ¥ 725

この商品には新版があります:

Pros and Cons: A Debaters Handbook
¥ 3,288
(11)
在庫あり。
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

商品説明

   討論する者に必携の書であるこの本の最新版は、すっかり最新の情報になっており、全レベルの討論選手たちのためにあつらえた、真新しい素材を種々取りそろえてある。

   本書『Pros and Cons』(『賛成と反対』)は多種多様な議題を討論するための素材が用意されている。たとえば、賛成・反対それぞれの議論は隣接した欄にひとつひとつ番号がふられて掲載されており、「賛成」と「反対」のそれぞれが同じ番号に対応するようにしてある。同性愛の聖職者から裁判所にカメラを持ち込むことまで、もっともホットな最新トピックをカバーしている。その中には、遺伝子工学、試験管ベビー、インターネット検閲、安楽死、「政治的な正しさ(ポリティカル・コレクトネス)」など、ほかにも多数あり。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

Pros and Cons: A Debaters Handbook offers a unique and invaluable guide to current controversies, providing material for debate on a wide range of topics. Arguments for and against each subject appear in adjacent columns for easy comparison, and related topics and suggestions for possible motions are listed at the end of each entry. Since its publication in 1896 the handbook has been regularly updated and this eighteenth edition includes new issues such as censorship of the internet, genetic engineering and the legalisation of prostitution. The introductory essay describes debating technique, covering the rules, structure and type of debate, and offering tips on how to become a successful speaker. The book is then divided into eight thematic sections, where specific subjects are covered individually.

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 280ページ
  • 出版社: Routledge; 18版 (1999/4/1)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0415195489
  • ISBN-13: 978-0415195485
  • 発売日: 1999/4/1
  • 商品パッケージの寸法: 23.1 x 15.9 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 8,428位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
英検1級の2次試験対策に購入しました。イギリスの本ということも
あって、イギリス特有のトピックもあったりしますが、ほとんどは
一般的なトピックで、英検対策に最適です。英語で書かれて
いるため、キーアイデアや表現などそのまま覚えられるのも便利です。

1896年の初版以来、ディベートの参考書として使われてきた
定評のある本だけに、収録トピック数の多さ(130項目)、
主要なトピックの冒頭の短い解説、prosとconsで賛成意見・反対意見を
対比させたわかりやすさ、関連トピックへのクロスリファレンスなど、
非常に使いやすく、また役に立ちました。英検対策としてだけでなく、
日常的にさまざまな社会問題について考える際の参考にもなります。
(3月7日追記:おかげさまで英検1級合格しました)
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
本書の良さについては他のレビューで言い尽くされた感があるが、もう少し具体的なことを書いてみよう。
 教育に関するテーマの1つに「性教育」が取り上げられている。以下はその要約(拙訳)。
(賛成)性感染症や妊娠中絶などの社会問題はsafe sexに関する知識の欠如が原因。学校の正規の授業として教えるべき。
(反対)性教育は必要だが、教師が教えるのは良くない。condomはダサいという生徒の考えは、教師では改められない。雑誌やテレビで啓蒙しよう。
(賛成)sexに対する責任感と謙虚さが必要。男と女ではsexに対して抱く期待が異なるために悲劇が生まれる。マスコミはsexを美化している。教室での討論を通じて生徒の責任感を養うべき。
(反対)学校で教えるというのがいけない。男女共学の教室でsexについて討論するのはばかげている。集団教育ではなく家庭で個人的に教えるのがよい。 
 以上、賛否いずれも2つずつの意見が載っているが、他のテーマでは5つ前後の意見が載っていることが多い。ここでは「性教育」の必要性については異論はないが、その方法論(誰がどこでどのように)についての対立がある。2つ目の反対意見に対してさらに賛成派がどう反論するのか、そこまでは載っていない。あとは読者が考えるべきなのだろう。
『英語で意見を論理的に述べる技
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
「Pros and Cons:A debator's handbook」(以下、「Pros and Cons」)は、政治・経済・社会問題、国際関係、科学、健康等、英検1級2次試験で出題される範囲をカバーしており、各分野に特有のボキャブラリーを覚えるにも役に立ちます。英検1級2次対策として利用されている「英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング」(著者:植田一三)のネタとなっていると考えられる本で、内容的に重なる部分が少ないです。「Pros and Cons」は、イギリスにおける内容となっておりますが、植田氏の内容は、日本の実情に合わせたものとなっており、英検1級2次試験には、以上2つの本を併用して学習すると効果的であると思います。1896年の初版以来、100年以上も改訂を重ねて今日まで利用されている本でありますが、充実した内容を読んで、良書である理由がよくわかります。単に英語の学習のみならず、各種社会問題を考える上で、賛成派と反対派で如何なる議論なされているのか理解でき、頭の整理にも役立ちます。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
 例えば「動物実験や生体解剖の是非」などのような答えのない命題について、賛成意見と反対意見3つ以上を読めます。それぞれの論点は明確で、独立しているので6個の論点を整理できるのは極めて便利です。
 網羅されているトピックは政治・哲学、憲法・行政、政治・経済(国内)、政治・経済(国際)、道徳・宗教、教育・文化・スポーツ、司法・犯罪、健康・科学・テクノロジーにまたがっています。インターネットに落ちている意見文よりもはるかに信頼性が高いので、とりあえずのリファレンスはこの一冊で十分です。
 学習者に一度に複数の論点を提示できるという点では、この本に勝るもの見つけた方は、是非教えてください。
 
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
言わずと知れた英検1級ニ次試験対策用の論点集。
収録されている問題の多さやイギリス・西欧文化を反映した内容になっている点は他のレビュアー様のおっしゃるとおり。
非常に有用であることに疑いはないだろう。

一方で、GMATやGREを受けようとしている身にとって、本書の有効性はどうなのだろうかということを考えてしまった。
現在、Magooshというアプリを利用してGREの勉強をしているのだが、そこで提供されている内容と比較して、アナリティカル・ライティングへどれほど応用できるのか、なんとも判別し難いところがあった。

以上2点が私個人としての本書の感想だが、いずれにせよお薦めであるのは間違いない。
すべての英語学習者に、是非とも読んで欲しい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告