通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Processing クリエイティブ・コーディング... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ★BOOKRIVER★
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★良好★ 綺麗な状態です。迅速・丁寧心がけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Processing クリエイティブ・コーディング入門 - コードが生み出す創造表現 大型本 – 2017/4/13

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 2,678
¥ 2,678 ¥ 1,999

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Processing クリエイティブ・コーディング入門 - コードが生み出す創造表現
  • +
  • ArduinoとProcessingではじめるプロトタイピング入門 (KS理工学専門書)
総額: ¥5,162
ポイントの合計: 156pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

Processingによる「クリエイティブ・コーディング」の世界へようこそ。ひとむかし前にくらべてコンピュータの性能は向上し、大量に複雑な計算ができるようになりました。このコンピュータをつかって新たな創造表現をするのが「クリエイティブ・コーディング」です。シンプルでわかりやすいプログラミング言語Processingを使って、リアルな運動や独自のアニメーション、見た目にも美しいビジュアル表現を生み出しましょう。

内容(「BOOK」データベースより)

だれでもすぐにスケッチするようにプログラミング。アニメーション、映像、サウンド、実世界のリアルな動きが表現できる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 240ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2017/4/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774188670
  • ISBN-13: 978-4774188676
  • 発売日: 2017/4/13
  • 商品パッケージの寸法: 22.8 x 18.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,578位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本 Amazonで購入
当初、本の内容が著者のブログの内容とかぶってそうだし、わざわざ購入するまでもないかなと思ってました。
しかし、無料のブログで多くの事を学ばせていただきながら、何も還元出来ないのは申し訳ないなと思い、大して内容は期待することなく、著者へのお礼のつもりで注文してみました。
そして、商品が届き、内容を見ての感想ですが、素晴らしい出来だと思います。
各コンテンツの説明は多過ぎず少な過ぎず簡潔で、また応用的な利用法の情報も豊富です。
ブログの内容よりも、より詳しく説明されているため、理解も深まりました。
Processingの書籍も充実しつつありますが、まず、最初の一冊としては、オライリーの「Processingをはじめよう」で文法に対する理解を始めるのが良いと思います。
そして、次の一冊として本書を購入し、Processingでどんな事が出来るのか、羅針盤的な活用の仕方をするのが個人的にはオススメです。
本書でアート表現に興味を持った人は「ジェネラティブアート」を、物理的な表現に興味を持った人には「Nature of Code」が、それぞれ役立つでしょう。
最後にAmazonでは目次が掲載されていないので、ここに載せさせて頂きます。

Part1 入門編
第1章 セットアップと基本図形/色の
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
Processingに関する書籍も多々あるなかでも、これは冗長になることなく見事に全体像を網羅していて、便利でわかりやすい。言わば「入門」、「実践」、「応用」の三段階での表現のリファレンスとして役立つだろう。まったくの初心者よりも、むしろ基礎的なことは学んだが、表現のレベルでの応用が見えないでいる人に最適だ。
そしてさらにまた次のステップを目指す人にはopenFrameworksを最後に推奨しているのも、クリエイティブ・コーディングの2度目の美味しさにつながるところだ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告