この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


Private Antitrust Litigation in the European Union and Japan: A Comparative Perspective (英語) ハードカバー – 2013/2/7


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ハードカバー
¥15,319

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

商品の説明

内容説明

近年、欧州や日本の企業が独占禁止法違反に関する民事訴訟を提起されるケースが増えている。このような民事訴訟を後押ししているのは、原告側に有利な判例の積み重ね、民事訴訟を容易にさせる法改正、独禁法違反の行為により受けた損害を民事訴訟により回復するという意識の高まりである。

本書は、このように急速に発展しつつある独禁法関係の民事訴訟の分野について、欧州と日本の状況を分析し、比較検討するものである。本書は、これらの民事訴訟の法的枠組みを分析し、日本と欧州における近年の数百の事例を扱うとともに、従来から行われていた損害賠償請求訴訟のみならず、株主代表訴訟や仲裁判断の取消手続等の新たな分野においても独禁法違反の主張が行われていることを検証する。さらに、このような民事訴訟の状況が独禁法違反行為の抑止にどのように貢献しているかを評価し、日本と欧州それぞれの民事訴訟における経験が互いの法制度の改善にどのように役立つかを示唆する。

登録情報

  • 出版社 : Maklu Publishers (2013/2/7)
  • 発売日 : 2013/2/7
  • 言語: : 英語
  • ハードカバー : 356ページ
  • ISBN-10 : 9046605264
  • ISBN-13 : 978-9046605264
  • 寸法 : 16.51 x 2.54 x 24.13 cm

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません