¥ 780
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
& Premium (アンド プレミアム) 201... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

& Premium (アンド プレミアム) 2017年 8月号 [旅をしたくなる。] 雑誌 – 2017/6/20

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 780
¥ 780 ¥ 985
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • & Premium (アンド プレミアム) 2017年 8月号 [旅をしたくなる。]
  • +
  • nice things.(ナイスシングス) 2017年 08 月号 (暮らしのかたち WAY OF LIVING)
  • +
  • 天然生活 2017年 08 月号 [雑誌]
総額: ¥2,310
ポイントの合計: 47pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

“Go on a trip"
旅をしたくなる。

「旅をしたくなる」言葉。

あの人は、どんな旅をしたのか。7人の旅の話。
シャルロット・ペリアン/岸田今日子/アン・モロー・リンドバーグ/いわさきちひろ/ニーナ・シモン/合田佐和子/ジョージア・オキーフ

私を旅へ誘った、この本、映画、そして音楽。

本が導く旅へ。4冊の本、4つの旅。
林芙美子『摩周湖紀行』/白洲正子『かくれ里』/澤地久枝『琉球布紀行』/田辺聖子『おくのほそ道を旅しよう』

〈特別企画〉
『&Premium台灣粉絲們
為日本讀者做的
三種不同的台灣旅遊導覽』
〜台湾の『&Premium』ファンたちがつくってくれた、3つの台湾旅ガイド。
台湾の人々の感性を知る旅/台湾独自の食材を味わう旅/台南のノスタルジックを巡る旅


【連載】
・佐久間裕美子のウォーキンNY「レコードショップ」,ほか
・松原麻理のパリぶら通信「ベルヴィル」,ほか
・大和まこの京都さんぽ部「祇園祭の菓子」,ほか
・渡辺有子の料理教室ノート「薬味を上手に使って暑気払い」
・菊池亜希子の好きよ、喫茶店「雑伽屋」
・西 加奈子の会ったらこんな人だった。「人見知りで繊細で、同時に驚くほど強い、村田沙耶香さん。」
……etc.



この雑誌について

「上質」にこだわる大人の女性のための新クオリティライフ誌


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: マガジンハウス; 月刊版 (2017/6/20)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B071LJC4XK
  • 発売日: 2017/6/20
  • 梱包サイズ: 29.4 x 23 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 じゅね トップ500レビュアー 投稿日 2017/6/22
形式: 雑誌
前号がよかったのだけれどインドア派で旅にあまり関心のない私。今月号を買うか迷った。店頭でパラパラめくり、その写真の美しさに負けた。気になったのは「本が導く旅へ。4冊の本と、4つの旅」だ。林芙美子の摩周湖、白洲正子のかくれ里、澤地久枝の琉球布紀行、そして田辺聖子の奥の細道。この面子の豪華さ、そして美しい写真、読み応えのある文章。特に秋田の丸池様は私が聖地と思う場所だった。広告もうまくマッチングされていてなかなかいい企画。もちろん巻頭の「7人の旅の物語」も読み応えあり。全体に広告が多いんだけれど、そのデザインや写真が美しいからまあ良しとする。そしてちいさなことだけど、「京都の唄・スモールタウンミュージック」の酒とバラの日々は感動した。ベラミ伝説という本の紹介なのだが、この「ベラミ」というのはかつて三条京阪駅前にあった一流ナイトクラブ。ヤクザの銃撃事件で有名になりやがて閉店となったが、忘れられない名店だった。もちろんまだ高校生くらいの私は一度たりとも行ったことはない。だが母校への通学路でもあった三条通を路面電車で通るたび、その看板を目にしていた。ここであの「ベラミ」と再会するとは。こういう小さいけれどその時代を飾った思い出を綴ってくれた記事はとても嬉しい。どこかで旧クウネルの影を感じたりして今号も買いだったなと思う。旅は現実にそこに行かなくても時を超え空間を超えて行けるものだなと思った。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告