¥ 2,462
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
PowerPointビジネスプレゼン ビジテク 図... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

PowerPointビジネスプレゼン ビジテク 図を描き・思考を磨き・人を動かすプレゼンテーション 大型本 – 2009/11/17

5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 2,462
¥ 2,462 ¥ 39

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • PowerPointビジネスプレゼン ビジテク 図を描き・思考を磨き・人を動かすプレゼンテーション
  • +
  • マッキンゼー流図解の技術
  • +
  • マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術
総額: ¥7,214
ポイントの合計: 218pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

このチャート、できますか?
--OEM事業の売上割合が8.3%まで低下したことが一目でわかる時系列比較を見せよ。


大学やビジネススクールでプレゼン技法の講座を持つ著者が、本書にそのノウハウをすべてつめこみました。飲料メーカーの新製品開発プロジェクトによるプレゼンをケーススタディにし、マッキンゼー流のロジカルプレゼンの考え方、進め方、PowerPointを使ったやり方を解説します。ロジカルプレゼンの方法、資料の作り方の基本、世の中に溢れるダメなプレゼン資料を題材に正しい資料の見せ方を解説。さらに実際にプレゼンテーションするときの正しいスタイル、目からウロコのPowerPoint2007を使った一歩先行くテクニックなど、プレゼンにまつわるノウハウはすべて盛り込んだお得な1冊となっています。本書は、ビジネスブレークスルー(大前研一氏が創設したビジネススクール)で、講座の教科書としても使用されます。プレゼンに関わるビジネスパーソンは必携です。

内容(「BOOK」データベースより)

ロジカルな思考で分析し、PowerPointで見た目も美しく論理を資料に落とし込み、伝わるプレゼンで相手を納得、頷かせる。元外資系戦略コンサルティングファームの敏腕コンサルタントがその一連の方法とノウハウを惜しみなく公開。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 320ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2009/11/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798118737
  • ISBN-13: 978-4798118734
  • 発売日: 2009/11/17
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 178,702位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
同著者による『共感をつかむプレゼンテーション―「思い」を実現する32のチェックポイント
のPowerPoint2007実践篇という位置づけにある本。
目次は以下のようになっている。

1.プレゼンテーションの基本を学ぶ
2.ケーススタディで学ぶプレゼン資料の作成方法
3.悪い例→良い例に学ぶチ
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
ほとんどは、こういう図の時はこういう小技を使うとより見やすい、という話で、
こういう説明をしたい時は、こういうデザインやどういった図が良いといった解説はわずか。

具体例過ぎて、考えの整理やパワーポイント作成の補助というよりは、形式処理とか「見やすさ」の指南書という感じ。

まぁ、そういうコンセプトが悪いわけでもなく、実際にいくつか参考になった部分もあるが、表紙やタイトルにそういう内容だとわかるようにして欲しいなぁ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
やはり一番の魅力は、架空のケーススタディを題材に、プレゼン資料一枚一枚のテクニカルな見せ方と筆者の提言に対するロジックの展開がこの1冊で習得できる点に尽きると思います。 私も作成中の資料の2ページ程、早速、リバイスした次第!!です。

何をどう伝える為のグラフやチャートかというロジックが丁寧にあり、資料を作成する際、組み立ての確認に常に戻ろうという視点をもらえる本です。 しかもカラフルで、テンポよくすいすい読めて楽しい。でも時々、左脳に刺さるという本です(笑)。 もちろん、今更聞けない、基本的なパワポの操作も解説されていますよ。
今、プレゼン資料を作っている方も、数々のプレゼンを受けられていらっしゃる方にもお薦めの一冊です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
ロジカルシンキング、プレゼンテーション、PowerPointの操作方法を個別に取り扱った本は山ほどあるが、それら内容を網羅してかつコンパクトにまとめた本はこれまでになかった。
さっと通して読んで終わりにするのではなく、デスクのうえに常備して、プレゼンのネタを考えつつペラペラとページを繰り、資料作成に着手してはまたぱらぱらと見てヌケ・モレのチェックをする、といった使い方がよいと思う。
一方で網羅性が高い分、特にロジカルシンキング系の解説は端折られており、グロービス等の教育機関でのトレーニングを受けておくことが本書を効果的に活用するうえでの前提になるかもしれない。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
今までなんとなく見よう見まねで使っていたプレゼンの使い方、伝え方が変わると思います。
私も結構プレゼンを作るのは上手い方と思っていましたが、目から鱗です。
バーグラフと折れ線グラフの使い分ける基準、シェア推移では円グラフを使ったほうがわかりやすいか棒グラフを使ったほうがわかりやすいか。 その細分化したときどうしたらよいか、さらにカラフルな色のグラフがいいのか、どうしたらよいのか。 グラフだけでもよくわかりました。 
そして、プレゼントは何か、どう全体をまとめたらよいのかとか、分析ページばかりで、結論が弱いプレゼンや何を伝えたいかわからないプレゼンにならないと思います。 短時間で絵図で分かり易く非常にためになると思います。 今では、経営戦略会議等キーとなる会議発表前には必ず使っています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。excel 関数