中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 くるさい
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆土日祝も毎日発送しています!◆目立った汚れや傷などなく全体的にきれいな状態ですが、中古品の為多少の使用感などある場合がございます。ご了承の上お 買い求めください。◆日本郵便のゆうメールにて発送の為、基本ポスト投函になります。◆商品到着後、万が一コンディションに相違があった場合、ご連絡いた だきましたら交換や返金など迅速に対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Piss (講談社文庫) 文庫 – 2002/10/16

5つ星のうち 3.2 5件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

切なく、狂気をも孕んだ愛と性を描く作品集あたしはボーイフレンドの伸ちゃんと一緒に小料理屋を持ちたい…‥そんな夢のために性を売るみゆきが、次第に壊れていく――表題作『Piss』など6作の作品集

内容(「BOOK」データベースより)

あたしはボーイフレンドの伸ちゃんと一緒に小料理屋を持ちたい。もし夢が叶ったら嬉しい…そんな想いを胸に秘めて、見知らぬ男たちに性を売り、おしっこまで飲ませるみゆきの心が、次第に壊れていく―。リアルな表現で発表時に話題を呼んだ表題作など、狂気を孕んだ「愛」と「性」を描いた六つの作品集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 240ページ
  • 出版社: 講談社 (2002/10/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406273558X
  • ISBN-13: 978-4062735582
  • 発売日: 2002/10/16
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 871,626位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.2

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
気分が下がるし、なにを書きたいのか理解できない。
わざと不幸になってゆく人間の姿(本人がそうなろうとは思ってなくても)ばかり。
テレビで言うところの、ザ・ノンフィクションをちょっと綺麗な感じにした小説。と言う具合。

こんなのはノンフィクション本で読んだ方が面白い。
それに、中途半端な救いやたまたまの出会いが余計に惨めさを引き立てていて不快だった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
室井さんの書く女は「どうして?」って思ったことをしたり、されたりする。現実にはこんな女いない!って思うけど、何か妙に現実味がある。
今まで著者は「熱帯植物園」「血い花」と二冊の短編を発表しているが、
個人的にはこの「Piss」が一番お勧め(勿論、最初の二冊を読んだ上で読んで欲しい)。特に『鼈のスープ』と『退屈な話』が好き。室井さんは後者の様な小説も書けるんだな、と今更ながら驚いた。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
最低1つからしかつけれないのが残念なくらいの代物。ちょっと頑張れば立ち読みで読んでしまえるくらいの薄っぺらさなので、時間が余って仕方ないって人には最適かも。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
室井佑月さんの恋愛小説は大好きなんだけれども、その中でもすごく切なくなった作品でした・・。訳ありで夜の世界の住人になることはとっても辛くて、心も身体も引き裂かれる思いなのだろうけれど、それでも愛を感じたい、優しさに触れたいってう願望はきちんとある。それに対価なものが得られることは夢のような話なのに、奇妙な形で「おじさん」は愛と優しさを示してくれてたように思いました。錆びた傷口を生水で洗うような感じの作品です。出口なんて無いけれど。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/2/27
形式: 文庫
その躍動感と緻密に計算された言葉の力技は相変わらず。駆け出し時代から間も無くに書かれたにも関わらずアッという間にもはや「中堅」のような安定を見せ出した作品集。デビュー以来着目、観察してきているがこの作品群に至っては、筆慣れしたがゆえの氏、多少のダレ・緩みもそこに見られるのも否めないが、と苦言を呈しておくのはひとえに彼女の忠実なファンであるがゆえのこと。社会でスレスレのところに辛うじて立つ拠り所の無い若い人たちの描写に氏が恐ろしく通じていることを世に知らしめた作品集でもあった。やっと三人称で書けるようになったばかり、とい自分で言っていたこの時期。今後いかなる展開を見せるか、全く目が離せない、数少ない期待の作家である。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック