Piano Nightly がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,934
通常配送無料 詳細
発売元: (有)イーブックスパイダー<送料無料&スピード配送>
カートに入れる
¥ 2,935
通常配送無料 詳細
発売元: EC工房
カートに入れる
¥ 3,639
通常配送無料 詳細
発売元: イーブックスパイダーFBA支店:新品のCD・DVD・DVDBOX等を販売
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

Piano Nightly

5つ星のうち 4.9 22件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,000 通常配送無料 詳細
ポイント: 93pt  (3%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、古本・斑屋【ご購入前に商品説明文をお読みくださいますようお願い致します。】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 ギフトラッピングを利用できます。

メールマガジン購読:J-POP関連商品
注目のニュータイトルから割引情報、お買い得セールほか、J-POP関連アーティストに関する情報をお届け。 購読はこちら


Amazon の 矢野顕子 ストア

ミュージック

矢野顕子のアルバムの画像
矢野顕子のAmazonアーティストストア
99 点のアルバム、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Piano Nightly
  • +
  • SUPER FOLK SONG
  • +
  • Home Girl Journey
総額: ¥6,486
ポイントの合計: 93pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1995/10/21)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: エピックレコードジャパン
  • 収録時間: 53 分
  • ASIN: B00005G4KG
  • EAN: 4988010167721
  • その他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 69,849位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
2:59
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
2
30
3:38
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
3
30
4:00
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
4
30
3:51
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
5
30
4:22
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
6
30
2:52
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
7
30
2:58
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
8
30
3:34
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
9
30
3:36
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
10
30
2:52
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
11
30
2:34
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
12
30
4:12
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
13
30
5:04
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
14
30
3:39
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
15
30
3:20
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 

商品の説明

Amazonレビュー

   坂本龍一、宮沢和史、大貫妙子、高野寛、友部正人、細野春臣…矢野自身が愛してやまないアーティストたちの楽曲を、ピアノの弾き語りでカバー。
   熟練されたピアノ技術、聴き手の感情を激しく揺さぶる声、あらゆる規制を取り払ったアレンジ、そして音楽に対する深い愛情が渾然一体となり、本作では、音楽家・矢野顕子の根源的な資質を感じとることができる。目の前に広がるあまりにも豊潤な音楽世界に、思わず引きずり込まれてしまうこと必至。(森 朋之)

メディア掲載レビューほか

ピアノにより、アグネス・チャン、石川セリ、ジェームス・テーラー、ザ・ブーム他、全15曲を歌ったアルバム。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
矢野顕子さんのアルバムを聞くのはコレが初めてだったのだけれど、
よかった・・・です。
カバーと、オリジナル1曲ですが、
大貫妙子さんの「星のお王子様」、宮沢正史さんの「虹が出たなら」、
細野晴臣さんの「恋は桃色」、そして「愛について」を聞いただけでも、このCDを買った意味がアルと思いました。あまりにやさしくて、ポロポロと泣いてしまいました。
なんというか、ピアノが嬉しそうな、矢野さんのひくピアノを聞いていると、ポーンと弾かれた一つの音と音が、本当に心に染みます。
それで、矢野さんの、ためた声というか・・・。
本当にありがとう。矢野さんと言う感じです。
矢野さんの、全曲解説みたいなものもついていて、
とても良かったです。
1 コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
何回このアルバムを聴いただろうか?

(私は20ですが)高校の通学途中の電車内でも聴いていたし、

さっきもお茶を飲みながら聴いていた。

矢野顕子さんは、ファンの方は御存知の通り、

いわゆる古典といわれるような「椰子の実」「丘を越えて」から

SMAPまで、ひとつのアルバムとしてまとめあげてしまう。

ピアノ三部作のベスト(ピヤノアキコ)をお聴きになった方は、

ぜひ本作を含む三作品も聴いていただきたい。

すべていい曲なので。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ピアノ弾き語り、というCDはありそうでなかなかない。しかもそのヴォーカリストが卓越したピアノ奏者であり、曲を自由自在に描いてくれる歌手は、そういない。
全15曲。どれも前回のピアノ弾き語り作品「Super Folk Song」からテーマが深化し、ピアノの表情がより生き生きしている。どれも矢野顕子らしい曲の分解再構築が成され、うたうたいによる愛のかたちを、提供してくれた。

自分が挙げたいのは「虹が出たなら」「愛について」。前者は死という非日常が日常にやってきた時の距離感・空気感が妙。彼女のピアノのたたき方一つで、死という現象が柔らかくなっている。子供たちがおびえているという時の軽い不協和音さえも、哀しみを俯瞰する自然現象の一つとして“虹が出たなら”という主題へつながっていった。
「愛について」はとにかく矢野のひとつひとつのことばにこめる声の表情が、主題を伝えてくる。行間の趣を大切にする詞の綺麗さを丁寧に、意図を十分汲んで発するのだ。母と子、そして男それぞれの“生きていく”の歌い方にこめた力をきくと、表現者の深みに触れられた。

彼女の鍵盤のたたき方の繊細さや自由さ、そんなものに触れているとリスナーの感性も刺激され、自ら描くイメージの風に揺れ動かされる。このCDを流すと部屋の空間はいっぺんに落ち着き、右脳が動き始め、自分だけの時間を楽しみたくなるのだ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ピアノ弾き語りのカバーアルバムとしては2枚目の作品。
前作「Super Folk Song」は、その制作風景はドキュメンタリー化され、DVDにもなった。
そのドキュメンタリーを見ると、矢野顕子がどれだけ彼女の命を音楽にかけ、
どれだけ自分の命を音楽に込めることができる才能の持ち主であるかを感じることが出来る。

その前作の弾き語りアルバムから3年、音楽への凄まじいまでの姿勢はそのままに、
演奏にはさらに磨きがかかっている。歌詞が胸の底まで染み渡る「虹が出たなら」から始まり、
ブラジル音楽の匂いがする強烈なリズムの6曲目「フロッタージュ氏の怪物狩り」、
大人の恋愛をしっとりと歌い上げる13曲目「突然の贈り物」、不思議な色彩を放つ自作曲の15曲目「NEW SONG」
などなど、全ての曲がそれぞれ違った感動を運んでくれる。

電車の中で聴いていても、人目を憚らず泣き崩れてしまいそうになるくらい、生きるということの喜びや悲しみ、
人間の強さと弱さ、愛の深さや儚さを感じさせてくれる最高の一枚です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
恐れ入りました。

他人の曲しかも有名な名曲を歌っても完全に
自分の曲・ものにしてしまっている。

ここで繰り広げられているのはピアノの弾き語りによる
完全オリジナル、純度100%な矢野顕子の世界。

しいて例えるなら、彼女自身の音楽的引き出しの中でも
最もコアな部分、イノセントな魂に近いところで
勝負してる感じなのだ。

表現者として自分だけの音楽を追求しようとする
姿勢が物凄い人なんだろうと感じさせる無垢な歌声は
カバーの対象にもなっている大貫妙子とはまた少し違う方向性で
表れているように思える。

同時に音楽を奏でることと「生きる」ことが限りなく
近い人なんだということも。

ポピュラー音楽というものを突き詰めていった
先の答えの1つがこれなんでしょうね。

全ての音楽ファンは1度は聴いてみて欲しい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック