Piano Concertos Nos. 20 2... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,000MP3アルバムを購入

Piano Concertos Nos. 20 21 25 & 27 CD, Import

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,159 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:20¥ 902より 中古品の出品:9¥ 538より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の クラウディオ・アバド ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Piano Concertos Nos. 20 21 25 & 27
  • +
  • モーツァルト : ピアノ協奏曲第23番&第26番
総額: ¥2,148
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 指揮: Claudio Abbado
  • 作曲: Wolfgang Amadeus Mozart
  • CD (1997/4/1)
  • SPARSコード: ADD
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Dg Imports
  • 収録時間: 129 分
  • ASIN: B000009MBI
  • JAN: 0028945307923
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 58,882位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
 数年前にモーツァルトのピアノ協奏曲の「依存症」になって以来一時期ほどではないが、熱はまだ醒めずにいる(笑)。約2年前に50〜60年代にはジャズピアニストとして米国西海岸で活躍したあとは、ハリウッドで映画音楽製作、さらにはロンドン・フィル等有名オーケストラの指揮者を歴任したアンドレ・プレヴィンが「今まで出会った最高の音楽は、もしかしたらモーツァルトのピアノ協奏曲かもしれません」とNHKのインタビューに答えていたのも頷けるかな、である。

 以来マレイ・ペライアの弾き振り全集、クララ・ハスキル、マルタ・アルゲリッチ、内田光子、マリア・ジョアン・ピリスetc.と20番を中心に行き当たりばったりに聴いてきたが、フリードリッヒ・グルダ(ピアノ)+クラウディオ・アバド(指揮)+ウィーン・フィルという陣容の本作が個人的には最も優れた演奏と思う。

 理由はグルダの明晰かつ高潔な曲の解釈に加え、これまた隅々まで明晰で力強いピアノのタッチとアバド指揮による繊細で柔らかなオーケストラ演奏の組み合わせが絶妙であるから。

 DISK 1に20番と21番、DISK 2に25番と27番がそれぞれ収録されている。録音年がDISK 1が1974年、DISK 2が1975年。私も他のかたがお書きになっているように、25番が最も優れた演奏と思う。そして古
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ボヘミャー 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2011/12/18
形式: CD Amazonで購入
グルダがアバドと組んで、1975年と1976年に録音した4曲がセットになったアルバム。

グルダは、とてもモーツァルトという音楽家を大切にしていたので、録音した曲は限られている。
達人的名ピアニストたちで、モーツァルトのP協奏曲をほとんど録音しなかった人は、リヒテル、グールド、
ホロヴィッツ。その中で、4曲きちんと録音してくれたのはありがたい。

ここでの聞きもののひとつは「25番」。「25番」を録音しているピアニストは、そう多くはない。
モーツァルトのPコンチェルトを全曲録音している場合がほとんどで、そうでないのは例外的ケース。
短調作品2曲(そのうちの1曲にはベートーヴェンがカデンツァを書いている)を含む、20番から始まる
人気曲5曲。そして26番の「戴冠式」、最後の27番といった中にあって、25番は完全な谷間。
しかしこれが名曲であることを、グルダの演奏が証明してくれる。

曲と作者の伝記的事実を結びつけることはつねに必要なことではないが、
25番の場合は、その背景を知ることは無駄ではないし、曲を楽しむためにプラスになる。

これを書いた時、モーツァルトは、『フィガロの結婚』の大成功の中にいる。
ザルツブルク時代にあれ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 モーツアルトを自然体で演奏しようとしているかのように聞こえますが、これがまたウイーンの演奏家にしてはじめて可能なモーツアルトへの取り組みなのでしょう。たとえば過度に深刻になったり、力み過ぎる事もある第20番k. 466、二短調ですが、ウイーン人が自分たちのモーツアルトであるという余裕と品格で格調高く弾いていると感じてしまうのは、このCDではウイーン楽友協会大ホールの響きが活かされた収録が行われていて、ホールの真ん中から後ろ寄りで聴いている様子を思い浮かべてしまうからかもしれません。

 ニューイヤーコンサートのTV中継でおなじみのウイーン楽友協会大ホールを使ったセッション録音ですが、靴箱を三つほど積重ねた感じの天井の高いホールで立方体のいずれの面も作曲家の胸像や装飾であふれています。残響時間は約2.1秒と長いのですが立方体の六面の相対する二面間のいわゆるロングパス・エコーに嫌みがないのは、舞台側はほぼ天井までのオルガンとその装飾およびその下は階段状の舞台です。向かい合う奥の面には一階から三階まで立ち見席と座席及び装飾で埋められていますから、この遠い二面を往復する音は分散と減衰で綺麗に消えてゆくためではないかと推測しています。左右の面には一階と二階の座席、ギリシャ神話に出て来る様な女神像をかたどった柱が並び、多くの装飾で飾られていて、この両面についても装飾的にも
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
モ―ツアルトのピアノ・コンチェルトはLPで数種聴いてきましたが、遅まきながらグルダ~アバド・VPOの組み合わせの演奏を初めて聴きました。グルダが何か変わったことでもやるのかなと期待?したのですが、極めてまともな演奏です。これはグルダがアバドの指揮に合わせてのだろうと、私は想像しています。名曲の2枚セットでこの価格はリーズナブルですし、お薦めできます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告