Piano Concertos-Nos. 1 2 ... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,076
通常配送無料 詳細
発売元: フルフィルメント エクスプレス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Piano Concertos-Nos. 1 2 & 3 CD, Import

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,080 通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 1,389より 中古品の出品:4¥ 1,193より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の Jean-Efflam Bavouzet ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 「CDを買うとデジタルミュージック(MP3)ストアで使える200円クーポンプレゼント」キャンペーンの対象商品です。2016年8月31日23時59分(日本時間)までのご購入が対象となります。(マーケットプレイスでのご注文は対象外)

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Piano Concertos-Nos. 1 2 & 3
  • +
  • Prokofiev Piano Concertos Nos. 1-5
総額: ¥5,685
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2010/9/28)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Chandos
  • ASIN: B003WL7E80
  • EAN: 0095115161029
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 285,830位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Concertos pour piano n°1, 2 & 3 / Jean-Efflam Bavouzet, piano - BBC Philharmonic - Gianandrea Noseda, direction


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ニゴチュウ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2011/5/20
形式: CD
バルトークのピアノ協奏曲全3曲を収録。ピアノはジャン=エフラム・バヴゼ(Jean-Efflam Bavouzet)。ノセダ指揮BBCフィルの演奏で2009年の録音。バヴゼは1962年フランス生まれのピアニスト。1986年国際ベートーヴェン・ピアノ・コンクールで第1位となり、最近ではChandosレーベルを中心に録音活動を展開している。

バルトークのピアノ協奏曲には今では数多くの録音があり、そのうちどれがいいかとなるとなかなかの難題だ。私の場合、アシュケナージ/ショルティとシフ/フィッシャーの2つの全集がいちばんの愛聴盤になるが、他にも捨てがたい録音がたくさんある。そのような状況下でこのバヴゼの録音もなかなか存在感があり「外せない」1枚。

それでは、この録音の特徴は?その第一の特徴は何と言ってもバヴゼのアプローチにある。バルトークのピアノ協奏曲、特に第1番と第2番の両端楽章など、ピアノをハンマーのように用いる箇所が多くあって、それがバルトークのピアノ協奏曲の「顔」ともなっているのだけれど、バヴゼがまず目指したものは、そこではないと思う。すなわち、バヴゼはこれらの曲から、まるで印象派のような芳しいソノリティを引き出すことに成功していて、それがこの演奏を引き立たせる特徴になっている。

バヴゼはこの録音の前にドビュッシーのピ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック