お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Piano Concertos 1-3 CD, Import

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,099 通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 1,128より 中古品の出品:5¥ 599より

輸入盤CD・アナログレコード 20%OFF
対象商品を買うと、注文確定時に表示金額より20%OFF。対象商品を 今すぐチェック。

Amazon の ピエール・ブーレーズ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Piano Concertos 1-3
  • +
  • プロコフィエフ:ピアノ協奏曲全集
  • +
  • バルトーク:ピアノ協奏曲全集
総額: ¥5,291
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • オーケストラ: Berlin Philharmonic Orchestra
  • 指揮: Pierre Boulez
  • 作曲: Béla Bartók
  • CD (2005/1/11)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Deutsche Grammophon
  • 収録時間: 76 分
  • ASIN: B0006OS5YS
  • JAN: 0028947753308
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 64,933位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Piano Concerto No.1, BB 91, Sz. 83
  2. Piano Concerto No.2, BB 101, Sz. 95
  3. Piano Concerto No.3, BB 127, Sz. 119

商品の説明

商品の説明

Piano Concertos 1-3

Amazonレビュー

Pierre Boulez, always a sympathetic conductor of Bartók’s music, here leads three different orchestras and three different soloists in a highly recommendable disc of the composer's complete piano concertos. The First is a jagged, percussive piece reminiscent of Bartók's earlier Dance Suite in its driving rhythms. Like the Second Concerto's, the slow movement is one of his typically mysterious "night" pieces, with lightly tapping percussion accompanying the piano's ghostly entry and winds adding to the otherworldly effect in the central section. Soloist Krystian Zimerman plays it magnificently. The Second Concerto is no less challenging, but scored more transparently with Baroque-inspired counterpoint. Again, propulsive rhythms excite, and Leif Ove Andsnes sails through the virtuosic solo part with aplomb. Bartók wrote the first two to feature on his concert tours. The Third Concerto was written by the dying composer in 1945 as a legacy for his wife, a concert pianist. It's one of his most lyrical, relaxed works with long-lined melodies and often lush scoring. Here the pianist is Hélène Grimaud, playing with tonal beauty, poetic flair, and the requisite toughness for the final Allegro. With its superb soloists and orchestras and Boulez's consistency, this disc is a Bartókian feast. --Dan Davis


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 martin VINE メンバー 投稿日 2005/2/15
形式: CD
ブーレーズによるバルトークピアノ協奏曲全集は国籍音楽的土壌の違う3人の名ピアニストと名門オーケストラの共演。
ここでバルトークは緊迫と鋭い響きではなく、現代の古典としてグローバルな視点で捉えられている。
第1番 クリスティアン・ツィメルマン&CSO
野性的で打楽器的なこの曲を円熟の極みにあるツィメルマンが卓越した技術で完璧に弾ききっている。彼の深い打鍵から生み出される緊迫感とパフォーマンスは完璧。CSOの見事なバックは言うまでもない。
第2番 レイフ・オヴェ・アンスネス&BPO
ディヴェルティメントの要素を持つ難曲を冴えたリズム感と技巧のアンスネスが豊富な室内楽経験を生かしBPO名手達と素晴らしいアンサンブルを繰り広げている。
第3番 エレーヌ・グリモー&LSO
グリモーは独自の個性と集中力を持つピアニスト。
彼女の思い入れの深さは白鳥の歌と言えるこの名作と不思議とマッチしている。LSOの透明感も見事。
バルトークに親しみを感じなかった人も是非聴いて欲しい名演。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告