この商品は現在お取り扱いできません。

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Adobe Photoshop Elements 11 & Premiere Elements 11 Windows/Macintosh版 (Elements 12への無償アップグレード対象 2013/12/23まで)

プラットフォーム : Windows, Macintosh
5つ星のうち 4.5 26件のカスタマーレビュー

この商品は現在お取り扱いできません。 在庫状況について
  • 画像編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 11.0」と動画編集ソフト「Adobe Premiere Elements 11.0」のバンドル製品

この商品には新しいモデルがあります:


すぐに使えるダウンロード版も選べます
『Adobe Photoshop Elements 11 & Premiere Elements 11 Windows版[ダウンロード]』Macintosh版[ダウンロード]が新登場。購入後、ライブラリから何度でもダウンロードできるダウンロード版をぜひご利用ください。


動作環境

  • プラットフォーム:    Windows, Macintosh
  • メディア: DVD-ROM
  • 商品の数量: 1


製品概要・仕様

  • 画像編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 11.0」と動画編集ソフト「Adobe Premiere Elements 11.0」のバンドル製品

動作環境:

  • [windows]
  • 対応OS: [Adobe Photoshop Elements 11.0]Windows XP(SP3)/Vista/7/8 ※Windows 8は正式リリース後に対応 [Adobe Premiere Elements 11.0]Windows XP(SP2)/XP MCE/Vista/7/8 ※Windows 8は正式リリース後に対応。64bitにも対応。Windows 7/8でAdobe Premiere Elements Editorを使用する場合以外は、他のすべてのアプリケーションは64bitOSでは32bitモードで動作する
  • CPU: [Adobe Photoshop Elements 11.0]1.6GHz以上 [Adobe Premiere Elements 11.0]SSE2をサポートする2GHz以上のプロセッサー ※HDVま
  • メモリ: [Adobe Photoshop Elements 11.0]1GB以上 ※HDビデオ機能には2GB以上必要 [Adobe Premiere Elements 11.0]2GB以上
  • HDD: [Adobe Photoshop Elements 11.0]4GB以上※インストール時には追加の空き容量が必要 [Adobe Premiere Elements 11.0]4GB以上 ※コンテンツのダウンロードには、さらに5GB以上の空き容量が必要
  • メディア: DVD-ROM
  • [macintosh]
  • 対応OS: MacOS X 10.6~10.8
  • CPU: [Adobe Photoshop Elements 11.0]インテル マルチコアプロセッサー [Adobe Premiere Elements 11.0]インテル マルチコアプロセッサー ※64bi
  • メモリ: [Adobe Photoshop Elements 11.0]1GB以上 ※HDビデオ機能には2GB以上必要 [Adobe Premiere Elements 11.0]2GB以上
  • HDD: [Adobe Photoshop Elements 11.0]4GB以上※インストール時には追加の空き容量が必要 [Adobe Premiere Elements 11.0]4GB以上 ※コンテンツのダウンロードには、さらに5GB以上の空き容量が必要
  • メディア: DVD-ROM
  • [Adobe Photoshop Elements 11.0]Win:16bitカラー以上の表示が可能なグラフィックカード、Microsoft DirectX 9または10互換のディスプレイドライバーが必要。Mac:マルチメディア機能を利用するためにQuickTime 7が必要。Win/Mac共通:モニタ:1024×768 他DVD-ROMドライブ、インターネットベースのサービスを利用するためにはインターネットに接続できる環境が必要 [Adobe Premiere Elements 11.0]Win:16bitカラー以上の表示が可能なグラフィックカード、Microsoft DirectX 9または10互換のディスプレイドライバー、Windows Mediaフォーマットの読み込み/書き出しのためにWindows Media Playerが必要。Win/Mac共通:モニタ:1024×768 他DVD-ROMドライブ(DVD作成には記録対応DVDドライブ、Blu-ray作成には記録対応Blu-rayドライブが必要)、Digital 8 DV ビデオカメラに接続するための DV/i.LINK/FireWire/IEEE 1394インターフェイス、マルチメディア機能を利用するためにQuickTime 7、インターネットベースのサービスを利用するためにはインターネットに接続できる環境が必要

登録情報

  • ASIN: B0095884X8
  • 発売日: 2012/10/12
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: PCソフト - 4,390位 (PCソフトの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

商品紹介

画像編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 11.0」と動画編集ソフト「Adobe Premiere Elements 11.0」のバンドル製品。Windows/Macintosh版。

Amazonより

Photoshop Elements: かんたん、思いのままに写真加工

ちょっとした写真の修正ならクイックモード、ガイドに従ってプロ品質の写真に仕上げるならガイドモード、効果や合成などの多彩なツールを使って自由に写真加工を楽しむならエキスパートモード ― ニーズに合わせて3つの編集モードから選べます。

ガイドに従って迷わず編集
ガイドモードでは、操作の方法と手順がパネルに表示されるので、迷うことなくプロ品質の写真を作成できます。25種類を越えるガイドが用意されています。



プロのテクニックを1ステップで
100種類以上もの効果を適用して、みんなをあっと言わせる写真を作成できます。写真をイラスト風のタッチに仕上げるのも簡単です。



失敗写真をすばやく修正
ピンボケ写真や暗すぎる写真、肌の色がよくない写真など、候補の一覧からクリックまたはスライダーを動かすだけで最適な写真に修正できます。



髪の毛もきれいに切り抜ける
Photoshop Elementsが、選択した被写体と背景の境目を自動的に検出して調整。髪の毛のような複雑な部分でもきれいに切り抜けます。

別々の写真を合体
写真の中の人物や物を自動的に抜き出して、別の写真に違和感なく合成できます。髪の毛もきれいに切り抜けます。

写真からいらないものを削除
写真に入り込んでしまった不要なものを、ブラシで軽くなぞるだけで、初めからなかったかのように消去できます。

テキストを自由に配置
画像の選択範囲、四角形や円などの図形、あるいはフリーハンドで描いた曲線などに沿って、テキストを自由に配置できます。


Premiere Elements: ホームビデオがたちまち傑作ムービーに

面倒な作業は、すべてPremiere Elementsにおまかせ!「クイック」モードなら、写真のようにビデオ素材を並べてあっという間にムービー作品が完成。さらに上級者向けの「エキスパートモード」を選べば、映画監督の気分で思い通りの編集が楽しめます。

わずか数分でムービーが完成
インスタントムービーならテーマを選ぶだけで、BGMやタイトル、特殊効果をおまかせで自動編集してくれます。テーマの種類もさらに充実しました。

ビデオのスピードを自在に調整
ビデオのスピードを好きな位置で自在に変えられます。スローモーションで重要なシーンをドラマチックに演出。早送りにすれば、間延びするシーンもエキサイティングに見せることができます。



写真から感動ムービーを作成
ビデオ素材がなくても、写真にパンとズームを思い通りに設定して、感動的なフォトムービーに仕上げることができます。

誰もが映画スターに早変わり
新しいフィルムルックエフェクトで、味わいのあるフィルム映画のような効果を1クリックで適用できます。



カラーを補正してクオリティアップ
候補の一覧から最適な補正をクリックしたり、スライダーを動かして微調整したり、写真のカラーを調整するのと同じくらい簡単に、ビデオのカラーを調整できます。

64-bitで快適編集
Premiere Elements 11は、WindowsRとMacの64-bit OSにネイティブ対応*。パソコンに搭載されたメモリをフル活用することで、HDムービーの編集も快適です。
*Adobe Premiere Elements Editerのみ

AVCHD形式のサポート
完成したムービーをAVCHD形式で書き出すことが可能。高品質なHDムービーをBlu-rayやDVDディスクに手軽に記録できます。

楽しさが、追いかけてくる
ビデオに追加したテキストやグラフィック、エフェクトなどが、被写体の動きを追いかけるように動く「モーショントラッキング」を簡単に設定できます。

被写体を別のシーンに簡単に合成
ビデオマージを使用すれば、動いている被写体を単色の背景からきれいに抜き出し、別のシーンにドロップして、映画やテレビのような驚きの合成映像を作成できます。

複数のシーンを同じ画面で再生
1つのシーンに別のシーン、あるいは別のアングルから撮ったシーンをドラッグして、PIP(ピクチャインピクチャ)を作成。1つのシーンに隠された、さまざまな表情を同時に楽しめます。

DVDスタイルでWebに公開
完成したムービー作品に、DVDのようなメニューやチャプター機能を簡単に追加。インタラクティブなWeb DVDを、ご自分のWebサイトで公開できます。

スマホからWeb、HDテレビまで、どこでも公開
ムービー作品が完成したら、YouTubeやFacebookに直接アップロードできます。また、スマホやタブレット、HDテレビなど、あらゆるデバイスでの表示に最適化された形式で書き出すことができます。


Elements Organizer: 見たい写真とビデオが、すぐ見つかる

Adobe Photoshop ElementsとAdobe Premiere Elementsのどちらとも連携するElements Organizer(エレメンツ オーガナイザー)で、撮りためた写真やビデオをあっという間に読み込んで、人物、場所、イベントごとに簡単に整理。見たいとき、編集したいときにすばやく取り出せます。

写っている人で整理
Elements Organizerが、写真に写っている人の顔を自動的に認識するので、その人の名前を入力します。「人物」パネルに切り替えれば、人物の写真が名前ごとに自動的に整理されているので、探している友達や家族の写真がすぐに見つかります。



撮った場所で整理
地図を表示して、写真やビデオを撮影した場所にドラッグ&ドロップします。「場所」パネルに切り替えて、地図上のポイントをクリックすると、その場所で撮影した写真とビデオがすべて表示されます。



イベントで整理
写真とビデオを選んで、イベント名、期間、説明文を入力します。「イベント」パネルに切り替えると、入学式や旅行、運動会、パーティなどのイベントごとに写真とビデオが自動的に整理されています。

写っているものからすばやく検索
写真に写っているもの、たとえば花や動物などを指定すると、その色や形から同一と思われるものが写っている写真を自動的に探し出し、表示します。

重複する写真をスッキリ整理
同じ場所で撮った一連の写真や、加工前後のバージョン違いなど、似たような写真をそれぞれグループにまとめて表示します。それぞれのグループにスタックを適用すれば、すべての写真を1つに重ねてすっきりと整理できます。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 tatchan トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/11/11
機種: パッケージ版 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
Photoshop ElementsやPremiere Elementsを使用するのは今回が初めてなので、以前のバージョンとの違い等は分かりませんが、純粋に写真加工、ビデオ編集ソフトとしてレビューします。
写真やビデオファイルの整理機能もついていますが、私は単純にフォルダで整理していて不満はないので、この機能はあまり使いませんが、少しさわった限りでは写真の検索などが直感的にできて良いと思います。
Photoshop Elementsで主に使うのは写真加工です。
写真加工はクイック、ガイド、エキスパートがあり、加工途中でそれぞれの間を行き来できます。
補正前と補正後を並べて表示できるので、分かりやすくて便利です。
簡単な加工ならクイックモードでもできますが、かなり制限されるので、主にガイドとエキスパートを使用しています。
ガイドモードでは手順と解説が表示されるので、操作に慣れていなくても直感的に作業できます。キズの補修なども驚くほど簡単にできます。
エキスパートモードではレイヤーを使った作業やより自由度の高い加工をすることができます。
エキスパートモードでも、各ツールボタンを押すとツールオプションが表示されるので、ある程度は直感的に作業できます。

Premiere Elementsは
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
機種: パッケージ版 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
Photoshop Elements11 もPremiere Elements11 も
初回起動時はクイックモードなのですが
これがかなり初心者向けに作られているので
今までのElements シリーズより使いやすくなっています。

逆に今までElements シリーズを使っていた人や
通常のCS を使っていた人だと、インターフェースが
ガラッと変わってしまったので戸惑うかもしれません。
すぐ慣れますが。

クイックモードである程度、画像編集や動画編集に慣れたら
エキスパートモードに切り替えて本格的に
やってみてはいかがでしょうか。

特に今回Photoshop Elements11 では強化された
選択範囲ツールが追加されたり
Premiere Elements11 では64bit ネイティブ対応したので
メモリをありったけ使うことができます。
家庭用画像編集&動画編集ソフトでは一押しのソフトになりました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
機種: パッケージ版 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
EDIUSからの乗換えで戸惑っていた部分もありましたが、整理モードで簡易編集と突っ込んだ編集が切り替えられる点や、
特に整理機能、FilmLooksは秀逸です。大幅な効率化に繋がりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
機種: パッケージ版 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
Elements自体は、9以来ということになります。
全体的に、起動速度が早くなったことと、クイックモードがかなり写真・動画編集初心者にとっては嬉しいのではないかということが印象に残ります。

クイックモードでササッと色調や明るさを調節できる事に加え、その精度が非常に高くなっています。
要求通り、とまではさすがにいきませんが、足りぬ部分はガイド、エキスパートと編集基準の変更をし、編集密度をあげていくことができます。

選択範囲の決定も、以前と比べれば本当に見違えるような精度に。
もう何回も何回もやりなおして選択する必要も、ほぼなくなりました(凝っていくと別ですが)。

もちろん、Elementsということなので、機能制限はあります。
しかし「これだけできればだいたいいける」レベルです。プロやRAW現像を主にしているという風なハードな使い方をしない以上、特にCSへの乗り換えをしなければいけないということはないでしょう。

そして、Premier、Photoshop共に64bit対応ということで、メモリ不足、処理遅延に悩むこともほぼなくなりました。
数あるAdobeソフトの中でも、かなりお得、かつ優秀なソフトだと私は思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
機種: パッケージ版 Amazonで購入
デジタルで失敗しても加工が思うがままでよみがえる。しかも芸術的センスが鍛えられていい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー