お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

Penthouse & Pavement CD, Original recording remastered, Import

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,195 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:18¥ 555より 中古品の出品:4¥ 488より

輸入盤CD・アナログレコード 20%OFF
対象商品を買うと、注文確定時に表示金額より20%OFF。対象商品を 今すぐチェック。

Amazon の ヘブン17 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Penthouse & Pavement
  • +
  • The Luxury Gap-2006 Re
総額: ¥2,613
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2006/6/14)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Original recording remastered, Import
  • レーベル: Blue Plate Caroline
  • ASIN: B000FL7AU2
  • JAN: 0094636680224
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 102,778位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. (We Don't Need This) Fascist Groove Thang
  2. Penthouse And Pavement
  3. Play To Win
  4. Soul Warfare
  5. Geisha Boys And Temple Girls
  6. Let's All Make A Bomb
  7. The Height Of The Fighting
  8. Song With No Name
  9. We're Going To Live For A Very Long Time
  10. Bonus Track: Groove Thang (B.E.F.)
  11. Bonus Track: Are Everything 12' Version
  12. Bonus Track: I'm Your Money 12' Version
  13. Bonus Track: Decline Of The West (B.E.F.)
  14. Bonus Track: Honeymoon In New York (B.E.F.)

商品の説明

2006 Digitally Remastered Edition of the Debut Album by the Group that was Originally an Ancillary Project of the "British Electrical Foundation" of Bef, Formed as a Result of a Rift in the Human League. Ian Craig Marsh and Martyn Ware Had Separated from Phil Oakey (Who Retained the Human League Moniker) and Recruited Vocalist Glenn Gregory, who Not Surprisingly Sounded Very Similar in Style to Oakey. Their Objective was the Give the Synthesizer a More Soulful Sound. The Trio's First Single "(We Don't Need This) Fascist Groove Thang" Became the First of a Log String of UK Hits, Not at all Suffering from a BBC Ban Due to the Title in Lady Thatcher's Reign. It was Followed by "Play to Win", "The Height of the Fighting" and "Let's all Make a Bomb". This Edition Adds the 12" Tracks of "Are Everything" (A Buzzcocks Cover), "i'm Your Money" and the B-sides of Bef Tracks "Groove Thang", "Decline of the West" and "Honeymoon in New York".


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 RC28 投稿日 2008/1/3
形式: CD
Remasterされて音が良くなったかというと、あまりそうは聞こえないし、
何よりも前の盤と違うのは、BonusTrackが入ったことと、
そのためかもともとこのAlbumの最終曲の”We're Going to Live for a Very Long Time”
の終わりがブッツリ切られてしまっていること。
前の盤だとフェイドアウトで終わっていたのだが、
もともとレコード盤のときは曲に引っ掛けて、
ちょうど”Very Long, Long Time"のところがループするように
最後まで溝が切られていて、自分で針を降ろさなければ終わらないようになっていたのだ。
なので、ブッツリ切られるのにとても違和感があって、前の盤の終わり方のほうが
しっくりするのだ。
そういう作り方をしたアーチストの意図も無視しているような気もするし。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Nody トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/1/2
形式: CD
初期Human Leagueの代表曲Being Boiledの路線をさらにクールに純化させたエレクトロポップに、ファンキーな女性ヴォーカル(Stevie Wonderのバンドメンバー)や超絶テクのチョッパーベースをぶち込んだ異形のホワイトファンク。
1981年という時代でしかありえなかったUKニューウェイヴを代表する大傑作。
デモヴァージョンなど貴重な記録を満載したこのエディションのヴォリュームは30周年を記念するに全く相応しい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Nody トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/9/25
形式: CD
ヒューマンリーグを脱退したマーティンウエアらによるユニットのファースト。
スタイリッシュなビジュアル、ジャーマンロックを彷佛させるクールなエレクトロサウンドとファンキーなチョッパーベース女声コーラス
英国的な諧謔の異化作用。ファンクとNew Waveの奇跡的邂逅。
冗談抜きにこの一枚で当時中学生の私はブラックミュージックに目覚めた。以後彼らは良くも悪くも普通のポップスに接近してしまいこのような一種歪な白人ファンクの面白さは味わえなくなってしまう。
今回の再発ではBEF名義での別ヴァージョンやシングルリリースのみのI'm Your Moneyも収録された買得な内容。
80'sUKエレクトロ・ポップで一枚といえば、これを熱烈に推薦する。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
HUMAN LEAGUEの分派組にしてUK NEW WAVEを語る上で外せない彼ら。前身バンドの実験性は彼らに依る所が大きかったことが本作を聴けばわかる。ボーカルのGLENN GREGORYはHUMAN LEAGUE結成時、ボーカリストとして白羽の矢が立っていたが、断られてしまった為、代わりにPHIL OAKEYが担当することになった、という話は意外とあまり知られていない。脱退後HEAVEN 17を結成するにあたり再度オファーされ快諾した形に。

小難しい小技を利かせまくったハイテクファンクは、アメリカでは絶対に生まれ得なかった音。徹底的なまでの左脳人間なのだ、この人たちは。初期HLのスタイルを随所に応用しつつも、ファンクネスに加え新たにポップな感性が導入されたおかげで非常に親しみ易くなった。その上で一音一音にオリジナリティが感じられるという凄まじい完成度。ファンクといっても黒人の持つ無邪気な楽天性は微塵もなく、無機質で冷めたグルーヴはまさしくUK。同時期のアメリカのエレファンクとは全然別物。例えは悪いが、作り手の人種の違いでここまで変わるのだ。根っこにあるのはポップな歌心で、その辺りが“本物”が苦手な自分にはたまらなく心地よい。一般的にはよりファンク臭の強い旧A面の方が評価が高いが、B面の完成度も甲乙付けがたい出来だと思う。不協和音が一転して東洋的なメロディに切り変わるGEISHA〜やマッチョなHEIGHT〜辺りが秀逸。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
"(We Don't Need This) Fascist Groove Thang"
"Penthouse and Pavement"
が◎。

リマスター→良好
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告