中古品
¥ 489
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 棚別番号G28※変な開き癖などなく、状態良好です。書き込みなどなく、気持ちよくご使用いただけます。349日本酒
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Pen (ペン) 2013年 12/1号 [おいしい日本酒。] 雑誌 – 2013/11/15

5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 199
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

この雑誌について

男のためのハイクオリティ・マガジン


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: CCCメディアハウス; 月2回刊版 (2013/11/15)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00GBB3OZK
  • 発売日: 2013/11/15
  • 梱包サイズ: 28.2 x 21.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 雑誌
今回の特集はおいしい日本酒。
他の雑誌のように、十四代など入手困難なお酒を紹介するのではなく、都内の酒屋や百貨店で入手可能な銘柄を選んでいる点に好感がもてます。
また、4合瓶で1000〜1500円程度の手の出しやすい価格のお酒が多いのもうれしい。

紹介されている50銘柄は以下の通りです。
雑誌の本文では、それぞれの銘柄ごとにおいしい飲み方や合う料理などが書かれています。

・☆☆☆
  天遊林(¥1,470)
  白岳仙(¥1,365)
  羽根屋(¥1,400)
・☆☆
  新政 六號(¥1,365)
  磯自慢 大吟醸(¥5,800)
  奥播磨(¥1,312)
  賀茂鶴(¥1,265)
  北秋田(¥1,034)
  作 雅乃智(¥2,047)
  杉勇(¥1,208)
  大七(¥1,290)
  龍力 米のささやき(¥3,150)
  早瀬浦(¥1,785)
  御湖鶴(¥1,250)
  水芭蕉(¥1,732)
・☆
  浦霞 禅(¥2,268)
  大山(¥1,103)
  開運 純米大吟醸(¥3,
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌 Amazonで購入
日本酒に星をつける企画。コーディネーターの差し金か福井県贔屓が過ぎます。マニアックなものを排除した、買いやすい酒が基準とうたわれているが、本当か疑わしい銘柄もちらほら。「どこ」で手に入りやすいものなんですかね????話半分での銘柄紹介と思って楽しく読ませていただきましたが。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌
何度目かの日本酒ブーム、なのだろうか。
Pen 最新号では、「おいしい日本酒。」と題して、星付き50銘柄を紹介。

知っている蔵元も、まったく知らなったところもあり、眺めているだけでも楽しい。
一方で、<純米>や<本醸造>といった日本酒の専門用語の解説や、
蔵元探訪といった企画は予想通りであり、毎度の特集の枠を出ていない。
この点が少し残念なところであり、評価の星を一つマイナスとした理由。

もし次の特集機会があるのなら期待したいのが、料理と日本酒の相性。
「どんな料理に合わせるか?」という小特集が本号でもあるように、
料理に合わせて美味しいワインが決まるように、日本酒も料理に合った一本一本がある、と解説される。

であるならば、本号のような「ベスト50」だけでなく、
刺し身に合わせて美味しい日本酒、焼き鳥に合わせたい日本酒といった具合に、
料理と酒の「相性」にもっと焦点を当てた企画を、ぜひ次回期待したい。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌 Amazonで購入
有名で、高級な高い酒ばかりでなく、安くておいしそうな酒を紹介してくれました。いい特集だと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌 Amazonで購入
数多く出ているお酒の本ですが、この本は「蔵元」紹介が面白いです。いろいろな世代の杜氏さんがオリジナルのお酒を造っている熱い思いが伝わります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告