中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 通常平日は48時間以内に発送可能です。商品の状態はアマゾンのコンディションガイドラインにより「良い」です。「良い」、のランクは表紙の折れ、小さな傷、軽微な汚れ、若干の書き込みマーカーラインなど数点含まれる場合があります。仕入れ時は検品をしていますが、万一見落としでページ脱落などがありましたら全額返金対応致します。防水のビニール袋に入れて簡易包装(リサイクル封筒を利用する場合もあります。)の上、日本郵便のゆうメールにて発送いたします。大型書籍、2000円以上の商品または同時複数冊ご注文の場合は宅配便も利用します。土日祝は休業日となっておりますので、金曜日の午後以降のご注文は翌営業日の発送となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

Pen (ペン) 2011年 12/1号 [雑誌] 雑誌 – 2011/11/15

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

この雑誌について

男のためのハイクオリティ・マガジン


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 阪急コミュニケーションズ; 月2回刊版 (2011/11/15)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B005ZUT7AE
  • 発売日: 2011/11/15
  • 商品パッケージの寸法: 28 x 21.6 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 tokyofuturist VINE メンバー 投稿日 2011/11/22
形式: 雑誌
旅先で偶然耳にした音楽が、その時の風景や自分の心境とシンクロし突如心を奪われる。その後も、その曲を聴く度に当時の思い出が蘇る。そんな幸せな音楽体験が誰にでもあるのではないでしょうか?

本号は、著名人たちのそんな幸せな体験を集めた1冊。音楽に造詣の深い人たちが多く、センスの良い選曲が光ります。以前は雑誌などで音楽を特集されても試聴する術がなく、購入してみてガッカリということもありました。今はyoutubeなどで気軽に聴けるのがいいですね。ライブラリに新たな曲を加えることができ、満足です。また、きれいな写真も多くインスパイアされました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌 Amazonで購入
 音楽は、私達の生活と切っても切れない関係にあります。楽しいとき、悲しいとき・・そしてそれらは、旅先の体験と相まって忘れられない思い出となることも有ります。Pen12/1号は、あの場所で聴きたい音楽として、安藤政信さん、ポール・スミスさん、高橋幸宏他各界の著名人50人が様々な思い出を語っています。
 安藤さんは、あまりにもあまりにも映画の役にのめり込み、それから脱却する為屋久島へ行って、レディオ・ヘッドのキッドAを聴いたそうです。佐野さんは、ニューヨークの空港からホテルへ向かうタクシーの中でF・シナトラのオータム・イン・ニューヨークを聴いて、彼の音楽の真髄を知り、涙したそうです。堀込さんは、震災後訪れた鹿児島で、桜島を望みながら聴いたC・ベイシーの音楽で心が癒されたそうです。服部さん(graf代表)は、石垣島で風街ろまんを聴いて、リフレッシュされるそうです。きりがありませんのでこの辺で・・そして、その他のコラムも充実しています。音楽がもっと楽しくなる旅の必携アイテムetc・・・
 また、シチュエーション別、お薦めCDはコレだ!として、4人の選者が、ビーチリゾートを始めとする五つのシチュエーションで、各々4枚ずつCDを選択しています。しかし、彼女と初めての家ディナーでJ・スコットのヴォーカルなんて合うのかな? 
 最後に私の体験を一つ。1989年プーケッ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌 Amazonで購入
安藤政信が日頃どんな音を好んで聴いているのか 覗ける本。
読んですぐ私も聴いてみました。
彼らしい音の選択。スタイリッシュ。
役になりきる為に聴いていた音楽は背骨そのもの!
役を忘れて自分に戻る為に聴いていたのは 心を浄化するお経にも聴こえる…
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック