この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Pen (ペン) 2008年 5/1号 [雑誌] 雑誌 – 2008/4/15

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2008/4/15
"もう一度試してください。"
¥ 3,450
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

この雑誌について

男のためのハイクオリティ・マガジン


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 阪急コミュニケーションズ; 月2回刊版 (2008/4/15)
  • ASIN: B0016MX59Y
  • 発売日: 2008/4/15
  • 梱包サイズ: 28.4 x 20.8 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

余りにも有名な、ビルバオ・グッゲンハイム美術館。
建築好きだけではなく、ちょっとでもデザインが好きな方なら、
おそらく写真だけでも見た事があるでしょう。
美術館で街おこしが大成功したらしいです。

以来、私はバスク国といえば、ビルバオ・グッゲンハイム美術館
しか思いつかず、一度は観に行きたいと思いながらも、
自治州ということもあり、行くのは難しいものだと、
あきらめておりました。

本誌では、そのちょっとマニアックな?バスク地方全体を
かなり詳しく特集してあります。
当たり前ですが、私などは、やっぱり美術館だけではないのだと、
改めて興味がわいた次第です。
ヨーロッパの自転車レース、四大ツール(ツール・ド・フランスなど)でも、
バスクの色である、オレンジ色のユニフォームの独自のチームで、
毎年のように参加している、独立独歩の気風の非常に強い自治州、バスク。
少しでも興味のある方は、本誌を一読してみてはいかがでしょうか。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告