Peak Design キャプチャープロカメラクリ... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 10,299
+ 関東への配送料無料
発売元: 『ALLCAM』
カートに入れる
¥ 11,664
+ 関東への配送料無料
発売元: 写真屋さんドットコム
カートに入れる
¥ 11,664
1,166pt  (10%)
+ 関東への配送料無料
発売元: vic2 (ビックツー)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Peak Design キャプチャープロカメラクリップwith PROプレート CP-2

5つ星のうち 4.2 73件のカスタマーレビュー
| 12人が質問に回答しました

参考価格: ¥ 11,664
価格: ¥ 8,881 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,783 (24%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:31¥ 7,500より
キャプチャープロ
    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • フルサイズ、APS-C 一眼レフ、ミラーレス、コンパクト、GoPro など多くのカメラに対応
  • 本体・バックプレート共にアルミニウム製
  • バックプレートの1/4”ネジを利用して三脚の簡易クイックリリースとして使用可

【お持ちのカメラを売って、Amazonギフト券で新しいカメラを買いませんか】
買取サービスでは、幅広いカテゴリに対応した無料の買取サービスを紹介しています。Amazonアカウントでログイン後、宅配買取、出張買取を選択。買取価格を確認してからのお申込みも可能です。お支払いはAmazonギフト券になります。 こちらからどうぞ。


よく一緒に購入されている商品

  • Peak Design キャプチャープロカメラクリップwith PROプレート CP-2
  • +
  • Peak Design キャプチャープロパッド PP-1
  • +
  • PeakDesign クラッチ ハンドストラップ CL-2
総額: ¥17,444
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報

スタイル名: キャプチャープロ

商品の情報

スタイル名: キャプチャープロ
詳細情報
重量145 g
5.30 インチ
奥行き5.30 インチ
  
登録情報
商品パッケージの寸法9.9 x 2.2 x 4.2 cm ; 145 g
発送重量181 g
メーカー型番CP-2
ASINB00OY5UMD2
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2014/11/17
おすすめ度 5つ星のうち 4.2 73件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 家電&カメラ - 1,443位 (ベストセラーを見る)
  
保証とサポート
返品: Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら
ご意見ご要望

さらに安い価格について知らせる
この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

 

商品の説明

スタイル名:キャプチャープロ

リリースから大好評のCapture シリーズのラインナップがリニューアルされることになりました。今回新発売はその名もCapture PRO Camera Clip。現行のCapture Pro Camera Clip with ARCA/DUAL/MICRO 各モデルが統合され、1 つになります。4 方向からのアルカプレートへの装着はもちろんのこと、ネジでサイドのアダプターを取り付けていただくと、マンフロットRC2 プレート対応雲台にも装着でき、今までの各種キャプチャシリーズの良いとこ取りな製品です。
※クリップ本体部分に変更はありませんので、既存のCapture / Capture PRO シリーズにPRO Plate を装着できます。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 dSA 投稿日 2015/2/22
スタイル名: キャプチャー
α6000用に買いました。付属のプレートでは液晶が開けないので、MICROプレートを別に買いました。
実物を見て細かな仕様がわかりましたので説明します。写真を参考にしてください。
向かって左側の穴にはスプリングが入っています。プレートを浮かすことはできていますが、あまり便利だとは思えません。
厚い肩掛けベルトに付ける時は全部はずさないと無理です。
目的は違いますが、強度のあるスプリングワッシャの方が、緩み止めとして効果があるのではと思います。
左側の赤いボタンを押すとリリースすることができます。このボタンを90度ヒネると突起の位置が変わって押せなくなります。
右側のボタンはねじ込みになっていて刃が出てきてプレートをガッチリ固定することができます。きつく締めると赤いボタンを押してもリリースはできません。
普段はこちらのロックまではしなくても落ちることはないと思いますが、多少のガタツキはあります。
プレートの最大間隔はネジを1回転して測りました。参考にしてください。
ものとしては大変満足しています。以前は速写ストラップも使ってみましたが、同時にバックを下げたりリュックを背負ったりすると面倒なことが多いですが、これが解消されて快適に出かけることができます。

Pro版との違いです
...続きを読む ›
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 春宵 トップ500レビュアー 投稿日 2016/8/23
スタイル名: キャプチャープロ Amazonで購入
【機能性】
特筆すべきは、汎用性の高さと拡張性の豊かさです。
市場の多くの製品は優れた性能を有しつつも個別独立していましたが、同社製品はこのキャプチャープロカメラクリップをプラットフォームとして各種ストラップやパッドなどへ展開しており、取り回しの苦労やカメラの落下など撮影時にみられがちなストレスから解放してくれます。

カメラをバッグからいちいち取り出す必要がなく、2台運用時もカメラ同士をぶつけてしまう心配がありません。
慣れればカメラを「スッとつけて、スッと外す」ことも可能です。左手でレンズ又はカメラ本体を持ち、右手で赤いリリースボタンを押します。
おかげさまで初動が飛躍的に速くなりました。(右利きの日本人としては、リリースボタンが左側であれば更に良かったと思います。)

PRO版の場合ベースの背面にねじ切りがしてあるので、公式サイトの動画のようにベースをくるくる回して取り付ければ、市販の多くの三脚で利用できます。うちのマンフロットは型が古くクイックシューが6角形なので、そのように取り付けています。なお、ねじはしっかり締めないとガタつきますので、ご注意ください。

【耐久性・信頼性】
届いた当初は「えー、プラなの!?」と思ったのですが、触ったらヒンヤリ。ベースとプレートの
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
スタイル名: キャプチャープロ
登山用バックパックのショルダーストラップ(ハーネス)に取り付けて使用しています。

購入前は肩への負担をいちばん心配していたのですが
「腰で背負う」感じになるバックパックのおかげもありますが
カメラの重みが片方の肩にかたよるという感覚は驚くほどありません。
バックパックの重みと一体化してくれるので
ネックストラップを使っていた時よりも身体はずいぶんと楽です。
通常持ち歩くのはオリンパスem5+12-40Proで総重量は800g程度です。
フルサイズ機なんかになると、もう少し感覚は違ってくるかもしれません。

慣れてくると、視線を動かすことなく手探りでカメラの着脱ができます。
カメラを着ける時には、「カシャン」という小気味よい装着音と感触がありますので
ちゃんと装着されたかどうかは音だけでわかります。
この装着音もデザインされているのかかしら...と感心しきりです。
赤いボタンを押さないとカメラは外れませんので
多少駆け足気味になったりして上下動する時も安心です。

PeakDesign製品は、先に
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
スタイル名: キャプチャープロ Amazonで購入
マンフロの三脚を持っていて山カメラするのにPROプレート版を選択しました。
登山中の撮影はカメラがすぐに使える状態にあるかないかで「撮影する気」が違ってきます。
その点バッグを下ろさずにスグ撮影できるこの商品は最高です。

慣れればカチャッと小耳良い音とともに一瞬で着脱できるようになりました。

そして命題のマンフロットのプレートRC2規格の雲台に使えるかどうかですが、
結論としてBe freeの自由雲台には適合しました。
ちなみにアマゾンで購入したコレManfrotto コンパクト三脚 Befree アルミ 4段三脚ボール雲台キット MKBFRA4-BHです。

※ただし、他のレビューにもあるように同じ「マンフ
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す

スタイル名: キャプチャープロ