この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Paxmaveiti [ ラフマベティ ] -君が僕にくれたもの- Single, Limited Edition, Maxi

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 安藤裕子 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • CD (2009/11/25)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Single, Limited Edition, Maxi
  • レーベル: カッティング・エッジ
  • 収録時間: 25 分
  • ASIN: B002OI6G6I
  • JAN: 4945817403018
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 270,793位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Paxmaveiti ラフマベティ -君が僕にくれたもの-
  2. 君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-
  3. 人生お見舞い
  4. Paxmaveiti ラフマベティ -君が僕にくれたもの- (Instrumental)
  5. 君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス- (Instrumental)
  6. 人生お見舞い [TAKE 2] (bonus track)

商品の説明

内容紹介

シリーズ累計出荷550万本以上を誇るメガヒットゲーム「レイトン教授」シリーズ最新作「レイトン教授と魔神の笛」エンディングテーマ!

【楽曲試聴】
1. Paxmaveiti [ ラフマベティ ] -君が僕にくれたもの-
2. 君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-


1年8ヶ月ぶりのSINGLEは、本人も大ファンというニンテンドーDSソフト「レイトン教授」シリーズ最新作。
そのエンディングテーマとして安藤裕子が決定。ゲームの脚本から描き下ろした楽曲です。
カップリングには新曲「人生お見舞い」、恒例のカヴァーは「君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-」を収録。

★プロフィール★
1977年5月生まれ。03年にMINI ALBUM『サリー』でデビュー。常識外れのソング・ライティング能力と、全く独自の素晴らしい“言葉紡ぎ”能力という、
おおよそ音楽を作る上での重要な要素を全て持ち、更にそれを表現できる唯一無二の声を持つ、70年代に生きていたような、しかしながら2000年型のシンガー・ソングライター。
06年1月に発売された2nd ALBUM『Merry Andrew』に収録された「のうぜんかつら(リプライズ)」が日本酒のCMで話題となり、ALBUMセールス12万枚のヒットを記録。
自身のALBUMジャケットでは全てのアートワーク、Music Videoでは企画・演出を手がけ、はたまたメイク&スタイリングまで全てをこなすマルチぶりにも注目が集まっており、
今春実施の東京国際フォーラム・ホールA含む全国ツアーもチケット即完で大成功をおさめている。

メディア掲載レビューほか

物語の世界観にマッチ!ニンテンドーDSソフト『レイトン教授と魔神の笛』エンディング・テーマを収録したシングル。本作はゲームの脚本から書き下ろした楽曲。優しいメロディと力強い歌詞は、ゲームの世界はもちろん、この危うく曖昧な実世界を進んでいく強さを感じさせる、素晴らしいバラードに仕上がりました。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
うん、素直にそんな気持ちだ。なんと1年8ヵ月ぶりのシングルなのです。。春先に出たベストに収録された「はじまりの唄」が意味深すぎて
ボロボロ泣けたのが懐かしい。

今作は、どこか甘酸っぱく瑞々しい、それでいてどこか切なく儚い。随所にひやっとするダークでシリアスなテイストも混ざった一言で
言えば《ファンタジー》な雰囲気が漂います。
そこに独特の歌声が混じれば、彫りの深いエキゾチックな質感がうまれるんですが、今作は縦横無尽のストリングスの割には、素朴で可憐な
印象も残して、サウンド面というより雰囲気的に、ねえやんらしい懐かしさがにじみ出ていて個人的にちょっと嬉しかったかな。

一ヶ月あまり噛み締めるように聴いてるが、幸せだなぁ。。やっぱりこの歌声が聴けるのはさ。これからも沢山の曲を生み出してほしい
ですね。頑張って下さい応援しています!最後はファンレターみたいになった。以上。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告