この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,530MP3アルバムを購入

Paris Blues CD, Import

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 19,827より 中古品の出品:5¥ 1,800より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more



キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック


登録情報

  • CD (2002/12/20)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Universal
  • ASIN: B000056ETY
  • EAN: 0044001342929
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 607,107位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

With Gil Evans on Piano (Electric and Acoustic) and Steve Lacy on Soprano Saxophone.


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
ギル・エヴァンスとスティーブ・レイシーの共演!
「ギル・エバンス・テン」や「個性と発展」以来の事ではないか?
しかも完全なデュオって初めてでは? 期待に胸が高まった。
1曲目チャールス・ミンガスの「REINCARNATION OF A LOVEBIRD」
ギルのエレピは高名な書道家の一筆書きのように、自由に駆け巡る。浮遊感を残しながらブルース感覚を明確に伝えてくるワンアンドオンリー、ある意味天才的なキーボードプレイを披露してくれる。実際ギル・エバンスのキーボードプレイがこんなにたっぷりと聴けるアルバムは今までなかったと思う。
一方のスティーブ・レイシーはいつもの様に唯我独尊、あの思慮深いと言ったらよいだろうか、一音でレイシーと分かる誰も到達した事のない言霊が宿っているとしか言いようのない深い音色でフレーズを紡ぎだす。
ギルもレイシーもいつもと違うことをやっている訳ではないのに何故か、この二人のプレイ不思議なくらい調和して、素晴らしい共演盤と相成った。
ジョニ・ミッチェルの「PORK-PIE HAT」でのウェイン・ショーターの演奏も最高だけどこのスティーブ・レイシーのプレイはさらに超越した何かを感じる。ギルのエレピも銀河系宇宙の中で一番ヒップだと形容してもいいくらいカッコイイ。
奇跡的な美しさを感じ取る最高のジャズ、最高のデュオ演奏だと思う。
録音は1987年11月30日、12月1日 PARIS
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジャケットに写る2匹に猫。
言うまでもなくデュオの二人を表しているいるのだが、
その表情、ギラついた目つき、やや尖がったアートワークを含め
このアルバムを表現している。

一曲目のレイシーのソプラノが鳴ったとき、
二人が奏でる世界に引きずり込まれた。
ピアノだったら、こんな幽玄的で
浮遊感のあるサウンドになっただろうか?
ギルが奏でるエレピの上を、
軽やかにレイシーが踊っているようだ。

・・・と3曲目で生ピアノが聴こえてくると、少し覚めてしまった。
不思議だが、生ピアノのほうが難解に聴こえてしまうのだ。
普段聴いているジャズの世界に引き戻されるのかもしれない。

レイシーのソプラノは、持ち替えの楽器として
演奏しているミュージシャンとは一線を画している。
伸びやかで暖かなサウンドが胸に突き刺さってくる。

個人的にはこういう「音色」を楽しむ作品は
大好きなのだが、一般的にはどうだろうか。
やはり初心者にはおすすめできないかもしれないが、
楽器をやっている人には共感を得られると思うし、おすすめしたい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/19
形式: CD
ビッグバンドのアレンジャーとして,さまざまな楽器から独創的なサウンドを作り出していたギル・エヴァンス.しかしこの作品は,ピアノとソプラノサックスだけという,シンプルな構成です.とつとつとしたギルのピアノ,シンプルなスティーヴ・レイシーのフレーズは,派手さこそありませんが,商業主義に走らない,音楽家の良心を感じさせます.
演奏されている曲には,ギルがビッグバンドで録音しているものも多いので,聞き比べるのもよいかと.
(ギルはミンガスの曲が好きだったのだなあと感じさせます.)
ジャズ入門者向けではないと思うので星4つとしましたが,ある程度ジャズを聴いている人には「星5つ」です.
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 uptail 投稿日 2011/7/1
形式: CD
Reincarnation Of A Lovebird
Goodbye Pork-Pie Hat
が◎。

リマスター→良好
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック