¥ 7,640 + 関東への配送料無料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元:  キットカット

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 8,568
+ 関東への配送料無料
発売元: Drink & Dream【D-Park】
カートに入れる
¥ 8,882
+ 関東への配送料無料
発売元: 4tenBi
カートに入れる
¥ 8,433
+ ¥ 540 関東への配送料
発売元: 123market
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Parallels Desktop 11 for Mac Retail Box JP

プラットフォーム : Macintosh
5つ星のうち 4.2 83件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 8,500
価格: ¥ 7,640
OFF: ¥ 860 (10%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、 キットカット が販売、発送します。 この出品商品には代金引換が利用できます。
  • パラレルス
新品の出品:8¥ 7,640より

この商品には新しいモデルがあります:




動作環境

  • プラットフォーム:   Macintosh
  • メディア: License
  • 商品の数量: 1

よく一緒に購入されている商品

  • Parallels Desktop 11 for Mac Retail Box JP
  • +
  • Microsoft Windows 10 Home (32bit/64bit 日本語版 (新価格版)|USBフラッシュドライブ
総額: ¥24,728
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


製品概要・仕様

  • 製品概要:Parallels Desktop 11 for Macは、再起動せずにMacでWindowsが使える、簡単・高速・高機能な世界標準の仮想化ソフトです。

動作環境:

  • 対応OS:MAC
  • メデイア:メディアレス
  • その他:メディアが必要な方は、型番「PDFM11L-BX1-USB-JP」のUSBメモリ版をご購入ください

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B013FNGA70
  • 発売日: 2015/8/26
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 83件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ソフトウェア - 57位 (ソフトウェアの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

Parallels Desktop 11 for Macは、再起動せずにMacでWindowsアプリが使える簡単・高速・高機能なソリューションです。Mac OS EL CapitanやWindows 10への対応の他、古いWindows環境やUbuntuなどのLinux・Chrome・Androidなど様々なゲストOS環境を提供します。Windows独自のアプリが快適に使用出来、Microsoft Officeに最適化され高速に動作し、トラベルモードが搭載されバッテリー時間も安心です。WindowsとMacアプリケーション間でのファイルの共有や「コピー&ペースト」や「ドラッグ&ドロップ」も行えます。


メーカーより

通常版!最新OSにも対応!で安心。

※スタンダードなバージョンです。

★ Windows 8.1 と Windows 10 では、起動時間とシャットダウン時間が最大 50% 速くなりました。

★Windows のタスク速度が最大 20% 速くなりました (PassMark パフォーマンステスト* の結果では、最大 20% の向上が見られました)。

EL Capitan +Windows10

Win10+7

トラベルモード

VMF読み込み


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
【レビュー内容の修正について】
当初のレビューで今回から1ライセンス5台までインストール可能になったと申し上げたのは大ウソでした。
ライバルのFusionは最新版8から個人使用&非商用に限りインストール台数無制限になりましたが、
こちら=Parallelsのほうは相変わらず1ライセンス1台です。
Parallels公式サイトの仕様表にはいかにも1ライセンス5台までOKみたいな記述があるため、
誤認してしまいました。
よって以下のレビューも当該部分の内容を訂正し、ライセンスとインストール可能台数については
項目を追加してあらためて説明します。
…………………………………………………………………………………………………………………………
(ここからがレビュー本編です)

ParallelsとFusionを両方使ってきたユーザーです。
まず、Macで初めて仮想OSソフトを使うという方は、個人使用目的なら
迷わずParallelsのほうを選んでいいと思います。
その理由 =Fusionとの比較に関しては先代10の当方レビューに詳しく書いてありますので、
そちらも参考にしてください↓
(商品) http://www.amazon.co
...続きを読む ›
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 odd_eye トップ500レビュアー 投稿日 2015/11/3
Parallels Desktopは何年も愛用していますが、BootCampや他のVMwareに比べて使い勝手の良さ(直感的なわかりやすさ)は突出しています。今回は家族のMacにWindowsを新規インストールするために購入しましたが、迷わずParallels Desktopを選択しました。家族の評判も上々です。

ところで、メーカーWebサイトでは非常に紛らわしい記載になっていますが、「許可される最大ライセンス数が5」というのは、これは単に「1つのアカウントで統合して管理できるライセンスの上限が5」という意味であって、「1つのアカウントで5台までインストールできる」という意味ではありません。
後からインストールしたParallels Desktopをアクティベートしようとすると、既にアクティベートしたParallels Desktopを無効にしてアクティベートするか、新たにライセンスを購入するかの選択を求められます。そして、この流れでメーカーWebサイトからライセンスを購入しようとすると、Parallels Desktopの定価相当額である8,500円を支払うことになりますので注意してください。

これならば、製品版を新たに購入した方が、アカウントを複数管理する手間はあるものの、ヘビーユーザーならともかく一般的なユーザーであれば複
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
Parallels Desktopは、今回のバージョン(Parallels Desktop 11)より通常版(本製品)とPro Edition,Business Editionの3つのラインナップとなりました。また、Pro Editionは10,000円/年のサブスクリプション型の製品となっています。

Parallels Desktop 11では、1つ前のバージョンであるParallels Desktop 10までにもともとあった機能の一部削減や機能制限が行われており、また削減や制限された機能は、Pro Editionの機能となりました。

一例を挙げますと、以下の通りです。

-----
・仮想メモリの割当上限が公称64GB→8GBになった。
(画面上での設定は可能)

・共有ネットワーク、ホストオンリネットワークのDHCPサーバ機能の設定が行えなくなった。(サブネットを任意設定したり、DHCPの開始・終了アドレスが設定できない)

・Vagrant Parallels Providerが利用できなくなった。
-----

しかし、削減や機能削減された機能のほとんどは開発者(Webデベロッパー)向けの機能であったり、滅多に設定を行
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 VINE メンバー 投稿日 2015/9/14
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
MacのOS X上でWindowsやLinuxなどの別OSを動かすためのアプリ。
初期の頃からずっとお世話になっているが、どんどん実行速度が速くなっている。

パッケージの中にはDVDなどは入っておらず、ライセンスナンバーが書かれた紙が入っていて、アプリ自体はネットからダウンロードする。
ダウンロードするためにどこにアクセスすればいいのかがわかりにくいため、ちょっと戸惑った。

以前はWindowsを使う場合、速度を優先する場合はBootCampボリュームにインストールしたもの、OS Xとの親和性を優先するならちょっと遅くてもParallels…ということができたのだが、最近はマイクロソフトのライセンスが厳しくなって、BootCampボリュームにインストールしたWindowsをParallelsから使うことができなくなってしまった。
迷った挙句、再起動の必要がないParallelsに賭けたのだが、これが正解で、Officeなどの著名なアプリも問題のない速度で実行される。
よほど重たいソフトを使う必要がない限り、Parallelsだけで十分だろう。
Mac自体の高速化なども影響していることは事実だが、同じMacでバージョン違いのParallelsを使ったところ、やはり最新版の11が起動も実行速度も速い。
これからもこのソフトには期待している。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す