Panaracer(パナレーサー) 空気入れ フロ... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,481
+ 関東への配送料無料
発売元: EC-JOY
カートに入れる
¥ 2,771
+ 関東への配送料無料
発売元: DOORS
カートに入れる
¥ 2,778
+ 関東への配送料無料
発売元: ごっつプライス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アルミ製フロアポンプ [エアゲージ装備] 米式/仏式バルブ対応

5つ星のうち 4.2 796件のカスタマーレビュー
| 10人が質問に回答しました

参考価格: ¥ 4,000
価格: ¥ 2,163 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,837 (46%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
新品の出品:20¥ 2,163より
イエロー
  • 原産国:中国
  • 対応バルブ:米式、仏式 ※自動切り替え式ヘッド
  • 英式バルブには付属のクリップで対応
  • 空気圧上限:約1100kPa(11bar、160psi、11kgh/cm2)
  • 空気圧ゲージ装備※1
  • ※英式バルブへの使用の場合、構造上、空気圧ゲージは正しい数値が表示されません。
  • 材質:アルミ製ボディ
表示件数を増やす


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

よく一緒に購入されている商品

  • アルミ製フロアポンプ [エアゲージ装備] 米式/仏式バルブ対応
  • +
  • パナレーサー タイヤレバー 3本セット PTL
総額: ¥2,514
選択された商品をまとめて購入


商品の情報

色: イエロー
詳細情報
カラーイエロー
シーズン通年
ブランドPanaracer(パナレーサー)
ギフトパッケージについて予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意
  
登録情報
ASINB006QS57BW
おすすめ度 5つ星のうち 4.2 796件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング スポーツ&アウトドア - 249位 (ベストセラーを見る)
発送重量1.3 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2011/12/28
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

●軽量アルミボディを採用●口金を差し込むと、自動的に米式バルブまたは仏式バルブに切り替わります。●フットステップにタイヤレバー入れを備えています。


メーカーより

フロアポンプ 空気入れ ゲージ付き BFP-N02AGF-S スポーツ用アルミフロアポンプ BFP-04AGA-Y 楽々ポンプ ゲージ付き BFP-PGAB1-LH 楽々ポンプ タンク付き BFP-PTAB1 NEW 楽々ポンプ BFP-PSAY1
フロアポンプ ゲージ付き スポーツ用アルミフロアポンプ 楽々ポンプ ゲージ付き 楽々ポンプ タンク付き NEW 楽々ポンプ
定価(税込) ¥8,187 ¥4,000 ¥3,751 ¥2,340 ¥2,481
対応バルブ 米式、仏式、英式(クリップ装着) 米式、仏式、英式(クリップ装着) 米式、仏式(アダプター装着)、英式(クリップ装着) 英・米・仏式バルブ対応口金 米式、仏式(アダプター装着)、英式(クリップ装着)
空気圧上限 米式・仏式/約1100kPa(160psi、11kgf/cm)、英式/約500kPa(70psi、5kgf/cm) 約1100kPa(11bar、160psi、11kgh/cm2) 米式・仏式時/700kPa、英式バルブ時/500kPa 約700kPa (100psi、7kgf/cm2)
特徴 アルミ製のフロアポンプ。 フットステップと一体になった回転式空気圧ゲージとハンドル部を収納する事によってストレート形状になり、付属の収納用ブラケットを使えば、壁などに吊り下げる事が可能。 アルミ製フロアポンプ。 仏式・米式バルブ対応のオートヘッドを採用し、タイヤレバーポケットと小物入れを内蔵。 空気圧ゲージ付で、1,100kPaまで注入可能。 見やすい空気圧ゲージ付で、空気圧管理に役立つ。 使いやすいロングホースになってリニューアル。 タンク付きでさらに楽々。英・米・仏式バルブ対応口金、ボール・浮き輪用アダプター付き。 これまでの楽々ポンプよりもさらに軽いポンピングが可能になった、軽くて使い勝手が良いフロアポンプ。 英・米・仏式バルブ対応口金、ボール・浮き輪用アダプター付き。

製品概要・仕様

色: イエロー
  • 米仏対応オートヘッド
  • アルミ製で軽量
  • 空気圧上限:160PSI

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

色名: イエロー Amazonで購入
品番は同じでもkPa/bar表示とkPa/psi表示の2種類あるようです。いまのところアマゾンでは選択はできません。商品ページの写真を拡大するとpsi表示が見えたのでこの商品を注文。しかし、実際届いたものはbar表示。 所有のクロスバイクがpsiで...いちいち計算するのが面倒。結果返品しました。ちなみに取扱説明書のイラストもpsiです。店舗で確認してpsiの物を購入します。
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: ホワイト
ロード歴3年です。
最近通勤用ロードを買い、会社置き用に本品購入。
自宅ではサーファスFP200使用しています。

【レビュー】
8.5気圧と高めで使用しています、
高圧になるとバルブ口が飛んでしまうようなレビューがありましたが

そんなことなく、「問題無く使用できてます。」
はじめてのフレンチバルブの取り扱いはコツを必要とするので、フレンチバルブはじめての方はサーファスFP200の方がよいと思います。

空気圧メーターは0.5気圧程度低めに表示されますが、
これはサーファスと、同じですね。
毎回目安とする分には十分です。
正確に空気圧管理要する方は別途空気圧計買いましょう。

私はそうしてますね。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: レッド
自転車関連業です。年間、数千台単位で空気を補充するので、20年間フロアポンプを何本も買い換えていますが、
Panasonicさんの自転車ポンプは手頃なのに耐久性が高く、国内のチューブとの相性も一番良いです。毎日ポンピング回数が尋常ではないので、常にメンテしながらですが、他社製は直ぐに不調がでるなか、使用に耐えられたのは結局パナさんだけでした。
このタイプは米、仏のバルブ専用ですが、同社のBFP-FAトンボ口を合わせることで家庭用なら英式に充分対応できます。欲を言えばBFP-FAは樹脂製のため直ぐに消耗してしまうので、サギサカさんなどの金属トンボ口を代用すればヘビーな使用にも耐えられます、金属トンボ口は総じてチャック径が細くて抜けやすいので、自動車屋さんの200円位で売ってるタイヤバルブに金属トンボ口をねじ込んで使用すれば英式でも空気が漏れず楽々使えますよ。
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: イエロー Amazonで購入
最初に楽々ポンプを買いましたが、パナレーサーRaceA Evo2 700X25Cのタイアを購入したところ適正空気圧が楽々ポンプのレッドゾーンで、安心して使うためにこちらのポンプを買いました
最初の楽々ポンプは家族のシティサイクル用にあげました、英式バルブですがバルブコアを変えているので空気圧管理も出来るようになっているのでゲージも役にたつかなと

こちらの商品で規定の空気圧まで安全に入れる事が出来ました
が、やはり8気圧あたりからポンプが重くなり、最後は体重を乗せてポンピングでした
それでもアルミボディなのでしっかりしてて不安は無いですね

ロードで23Cや25Cを購入予定の方でポンプをお探しなら、楽々ポンプの方が安いですが私の様に買い直す事になるのでこちらを最初から購入する事をおすすめします。
既にロードに乗られてる方には当たり前の事ですが、ロード初心者の私の失敗を活かして下さいw
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: ホワイト Amazonで購入
クロスバイク(GIANT escape R3)の空気の入れ用に購入しました.
本体は仏式バルブで,米式アダプターが付属します.
また,Bar/kPas単位のものとpsi/kPas単位のものがあるようですが,私は前者が届きました.

初心者には不親切な説明書でしたが,あるサイトをみて簡単にできました.
初心者視点で使い方を書きますので参考にしてください.
①バルブのゴムカバーをはずし,金色っぽい先端のネジ部を緩める
(これを緩めても空気は抜けません)

②レバーを起こした状態にして,バルブの先端にアダプターを奥まで挿し込む
(クロスバイクは仏式なのでそのまま使用)

③レバーを倒してロック状態にする
(こちらの商品は,レバーを倒した状態がロック状態です)

④ゲージを見ながらポンピング
(私のクロスバイクでは7~8 Bar(700-800kPa)が最適ですので7.5まで入れました.5 Bar(500kPa)を超えたところからポンピングが重くなりましたが,無理やりやるみたいです.)

⑤規定空気圧に達したらレバーを戻す

⑥アダプターをグリグリと左右に動かしつつバルブから抜く
(
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー