通常配送無料 詳細
残り4点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
PYGMALION-ピグマリオン- 1 (マッグガ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品です。コレクターの方や新品をお求めの場合はご遠慮下さい。お問い合わせはアマゾン経由のメールをご利用下さい。携帯電話・スマートフォンをご利用の方やメールが届かない場合は、アカウントサービスにある「出品者とのEメール履歴を見る」から確認してください。店舗併売につき、売切れの場合はご注文をキャンセルさせていただきます。土曜・日曜・祝日は休業いたします。郵便局の【ゆうメール】発送です。直接のお取引には対応できません。必ずAmazonマーケットプレイスからご注文ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

PYGMALION-ピグマリオン- 1 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ) コミック – 2016/4/14

5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • PYGMALION-ピグマリオン- 1 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)
  • +
  • PYGMALION-ピグマリオン- 2 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)
総額: ¥1,234
ポイントの合計: 40pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

マスコット×神話×パニックホラー、開演!!
大阪で開催された『全国ご当地マスコット祭り(フェスティバル)』に弟・マコトと幼馴染み・アコの3人で遊びにきたケイゴ。
お祭りを楽しむケイゴ達だったが、混雑した会場内でマコトを見失ってしまう。
そんな中、謎のアナウンスが流れ、突如、マスコットが人を襲いだし……。


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: マッグガーデン (2016/4/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4800005582
  • ISBN-13: 978-4800005588
  • 発売日: 2016/4/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4

トップカスタマーレビュー

投稿者 123 トップ100レビュアー 投稿日 2016/4/15
形式: コミック
全国各地のゆるキャラが集まるイベントでいきなりゆるキャラが化物に変貌、人を襲い始める。何が何やらわからないまま主人公は逃げ惑い、弟だけでも守ろうと必死に……という、よくある化物パニック漫画です。1巻ではそれ以上なんともいえません。読者は主人公と同じで何の情報もなく、断片的にこれらは誰かが仕掛けたもので、それを察知していた者たちもいたようだ、くらいしかわかりません。パニックもののパターン通りで「よくある話だなあ」という感想です。
でも絵はうまいので作品にふさわしい嫌な臨場感はあります。キャラクタはいかにもな漫画的絵柄、背景やモブはややリアルよりに、ゆるキャラはリアルさを追求したゆるさになっています。現実のゆるキャラも可愛らしい丸っこいデザインですね。この作品に出てくるゆるキャラも基本的に丸っこくて、どこかにいそうなデザインをしています。それが一転人に牙を向き始めると、キャラデザがゆるいだけに気持ち悪さを伴います。ゆるキャラに歯が生えた絵はかなり気持ち悪いです。ぬいぐるみに人間の歯をつけるとものすごく不気味だと知りました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 愚駄猫 トップ500レビュアー 投稿日 2016/4/15
形式: コミック
 フェスティバルで集まっていた「ご当地マスコット」の着ぐるみたちが突然人を襲い始めるという
パニックホラー。混乱の中、高校生の主人公は逃げるよりも姿の見えなくなった小学生の弟を探す
選択をするが、彼が見たのは……。
 出だしはこの手の作品で「よくあるパターン」ですが、作画は割りと良く臨場感や緊迫感もなかなか。
着ぐるみたちは人を食い散らかすので当然ながらグロシーンの連続。この着ぐるみが、デザインを
大幅に変えているとはいえ元ネタが明らかなヤツな結構いるので心配です(笑)。一応、自衛隊が
出てくるものの異常な再生能力ゆえに小銃程度では倒せない着ぐるみ軍団。政府がかつて進めて
いた怪しげなプロジェクトが裏にあるようで、この辺の「事件の背景」と今後の展開で何か面白い物
を見せてくれそうな期待は持てます。表紙が弟くんなのですが…大体察せられるように彼は…。
 とりあえず次巻も楽しみ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
私はヒーローアカデミアの堀越先生がすきで、堀越先生のアシスタントをされていた方という検索でたどり着きました。

結構なグロさだなとはおもいましたが、すごく面白く読ませていただき、続きがすごく気になります!

ゆるキャラが襲うという発想、今まで読んだことのない物語でした。

二巻目が楽しみです!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この本を買う人は、グロ好きか、少なくともグロに耐性のある人だろうから、要注意なんて書く必要ないでしょう。

WEB連載だそうですが、第1話は雑誌の巻頭だったんで、それで興味持ちました。別に、グロ漫画が好きって訳じゃないけど、耐性あるんで。

着ぐるみが突如、人を襲う。この発想が凄いです。他の方も書かれてますが、可愛い筈の着ぐるみに、人間と同じ歯があると、すっごく不気味です( ̄□ ̄;)

物語の始まり方、基本設定は、お決まりのパターンて気はしますが、ピグマリオン計画と言うのが気になります。

「人間は“嘘”でできている」と言う、黒幕の台詞が何を意味するのか?何故、生きてる着ぐるみを創ったのか?まあ、なんとなく予想はつくけど、予想外の展開も期待して。

あ、和田慎二先生の「ピグマリオ」ファンで、思い入れが強ーい方にはお勧めしません。ガラテアの名が付く存在にショック受けるだろうから。私は割り切るんで、平気ですがね。むしろ、深読みできるのが面白いです。

あ。勘違いしてる人がいるけど、スナイパーは撃ってません。私も最初はそう思ったけど、よく見たら、黒いのが足元の小石を蹴ってます。着ぐるみは怪力設定だから、銃弾並みの威力なんです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック