PUSH 光と闇の能力者 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,147
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

PUSH 光と闇の能力者 [DVD]

5つ星のうち 3.1 28件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 2,750 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,240 (31%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆丁寧梱包堂☆ 年中無休-迅速発送店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 1,561より 中古品の出品:3¥ 1,295より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • PUSH 光と闇の能力者 [DVD]
  • +
  • 運命の元カレ [DVD]
総額: ¥3,683
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: クリス・エヴァンス, カミーラ・ベル, ダコタ・ファニング, ジャイモン・フンスー
  • 監督: ポール・マクギガン
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2010/05/28
  • 時間: 111 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 28件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0038PRV5Q
  • JAN: 4988104054845
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 101,046位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

オレたちは本当の『HEROES』を待っていた!
何度見ても面白い!新感覚サイキックバトルアクション!!
“イケメン”、”ロリカワ”、”エロカッコイイ”、ハリウッド注目の若手俳優競演!
『ラッキーナンバー7』のポール・マクギガン監督作品!

【映像特典】
■オリジナル劇場予告■日本版劇場予告■日本版TVスポット
■未公開映像(監督の解説音声付き) ■『PUSH』の特殊能力者たち
【音声特典】■オーディオ・コメンタリー(ポール・マクギガン監督、クリス・エヴァンス、ダコタ・ファニング)

【STORY】国家によって育成されてきた特殊能力者たち。念動力のニック(クリス・エヴァンス)もその一人。
ある日、ニックのもとにウォッチャー<未来予知力>のキャシー(ダコタ・ファニング)が現れ、能力者たちを
監視する謎の政府機関“ディビジョン”から脱出したキラ(カミーラ・ベル)という女性を探し出すのを手伝って
欲しいと頼まれるのだが…。

≪登場する特殊能力者たち≫
[MOVE]ムーブ:念力によって物体を遠隔操作する
[WATCH]ウォッチ:未来を予知する
[PUSH]プッシュ:他人に異なる記憶を押し込む
[BLEED]ブリード:声による超音波で人や物を破壊する
[SHIFT]シフト:物体を別の物に作りかえる
[SNIFF]スニフ:においからその物体に触れた人物の過去と現在を特定する
[STITCH]スティッチ:触れることで傷を治す
[SHADOW]シャドウ:能力者から物体を隠す
[WIPE]ワイプ:他人の記憶を特定期間消し去る

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

クリス・エヴァンス主演による超能力アクション大作。国家に育成された特殊能力者のひとり、ムーバー(念動力)のニックは、ある日ウォッチャー(未来予知力)のキャシーからキラという女性を一緒に捜してほしいと頼まれ…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
カミーラ・ベルはキレイですね。
私はこの女優さんは存じ上げていませんでしたが、これから注目したいと思います。
思わぬ副産物、と言っては失礼ですが、映画見た感想でこれが一番の収穫です。

内容は地味に期待してたんですがね。
B級と呼ぶには恐れ多いキャスト揃えてますし、CGも比較的頑張ってましたし。
(あくまで異能力なので、そうメチャクチャ凄いCGではないですけど)
何と言いますか…ひたすら平坦な一本道のストーリーなんですよね。起伏なく進むって感じ。
最後のどんでん返しを期待してたわけではないのですが、どうも盛り上がりに欠ける。
最初から最後まで闘いのシーンじゃないのは結構なんですが、もうちょい闘うシーン入れて欲しかった。

終わりも「あぁ、これで終わりなのね」的な感じ(見たら分かるかも)

カミーラ・ベルという女優さんを知れて良かったです。いや、本当この一言に尽きる。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アイク トップ1000レビュアー 投稿日 2014/5/28
形式: Blu-ray
「ディビジョン」と呼ばれる秘密組織に追われる「能力者たち」とディビジョンとの壮絶なサイキックバトルを香港を舞台に描くSFアクション。
念動力者、ニック(クリス・エバンズ:「セルラー」「ファンタスティック・フォー」)は香港で予知能力者のキャシー(ダコタ・ファニング)と出会いディビジョンに追われるキーラ(カミーユ・ベル)を保護します。
しかしキーラを追ってディビジョン側のエージェント、カーバー(ジュモン・フンスー)が配下の能力者たちを率いて現れたことから激しいバトルが勃発。
幼き日に目前で父をカーバーに殺害されたニックは圧倒的な「プッシュ」:マインド・コントロール能力を持つカーバーに対抗できるのか?
そしてキャシーが予知したニックとキャシー自身の死を回避する方法はあるのか?

はっきり言って本作は「X−メン」のようなスペクタクルシーン満載の大作ではありません。
見せ場となる能力者たちの「能力」のスケールも小さくって可愛いもんです。
では詰まらないのかと言えば断じてそんなことはない。
大体、ただのB級SF映画のネタにCGでスペクタクルシーンを継ぎ足して何でもかんでもスペクタクル大作に仕立て上げる昨今の状況の方が変なのだ。

本作の場合、舞台が香港ということもあってかワイヤーワーク
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
一言で言うなら超能力バトル。パッと見、面白そうなSFを期待しますがさにあらず。

ストーリーと言うのでしょうか、脚本が練られていない印象です。
それなりに特殊能力を活かしつつストーリーは進んでいきますが、全く入っていけないのはなんなんでしょう。
動機付けもいまいちで話を無理にややこしくしてる感すら。
ありがちではありますが、題材から言っていくらでも面白い作品になりえたはず。
全く感心するところが無く魅力がないです。

ダコタを筆頭にそれなりに観たことのある俳優陣を配しながら勿体無いです。
とても押せる作品ではないです。こりゃあお粗末でした。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
念動力という特殊能力を持つニック(クリス・エヴァンス)は、ある日、未来予知力を持つキャシー(ダコタ・ファニング)から、謎の政府機関“ディビジョン”から脱走した女性キラ(カミーラ・ベル)の行方探しを手伝って欲しいと頼まれる…。ケネディ暗殺やベルリンの壁崩壊など数々の歴史的事件に関与していたという超能力者たちが、政府の陰謀に立ち向かうサイキック・アクション。『ラッキーナンバー7』のポール・マクギガン監督が、サイキッカーたちの闘いをスタイリッシュな映像で描いている。

舞台を「香港」にしたのが大正解。同じ“ディビジョン”出身の善玉組と悪玉組の対決というありがちなストーリーと、超能力で闘うためどこかカタルシスに欠ける格闘シーンを、街自体が迷路で密室の香港が醸し出す緊張感が補っている。すっかり大人っぽく美しくなったダコタ・ファニングとエキゾチックな魅力のカミーラ・ベルを見ているだけでOKな映画。キャシーが描く未来図や香港の色彩など「美術」スタッフの健闘に拍手!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー