通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
PURE〈7〉 (エタニティ文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 通常使用による若干の使用感はありますが、良好なコンディションです。チェックはしておりますが、見落としなどの理由で、数ページに書き込み・マーカーによるアンダーラインがある場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

PURE〈7〉 (エタニティ文庫) 文庫 – 2013/4/17

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 32
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 745
¥ 745 ¥ 467

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • PURE〈7〉 (エタニティ文庫)
  • +
  • PURE〈6〉 (エタニティ文庫)
  • +
  • PURE〈4〉 (エタニティ文庫)
総額: ¥2,235
ポイントの合計: 37pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

祖母の死の真相を受け入れ、次第に心を開き始めた愛美の祖父。親友である百代、蘭子の恋も明るい未来を感じさせるものになっていた。すべてが上手く回り始め、結婚式の日もすぐ間近に。不破家も関わることになったふたりの結婚式は、どれだけ派手なものになってしまうのか!?男女交互視点で描かれた特別番外編「永久に」も収録。ネットで絶大な人気を誇る純愛ラブストーリー、感動のフィナーレ。誰もが夢見る“らぶあま”ロマンス。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)


2005年6月webサイトにて、恋愛小説の掲載を始め、「PURE」にて出版デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 341ページ
  • 出版社: アルファポリス (2013/4/17)
  • ISBN-10: 4434177842
  • ISBN-13: 978-4434177842
  • 発売日: 2013/4/17
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 538,013位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
主人公二人が今では天然記念物並みに一途で純粋でした。
また、ヒーロー(優誠)の台詞は読んでいてちょっとむず痒く感じる程度にはキザというかクサイものが多かったような…(笑)
なんというか、恋愛にまだ夢…いや希望?を持っていられる中高生向けですね。
一応レーベルは「大人のための恋愛小説」のはずなんですけどね…。
いや、ある意味30代以降の社会人女性や主婦のかたにとっては忘れかけた何かを思い起こさせてくれそうな物語ではあると思いますが(苦笑)
多少の山あり谷ありな展開もありますが、王道的とも言えるシンデレラストーリーなので最後まで安心して読めますよ。
この著者さんの作品は似たりよったりな内容なので「ちょっとピュアに浸りたいな~」という人にオススメです!
最近の書籍化作品に良くある、変に逆ハ―になったりとか昼ドラのようなくどい展開にはならないですし。
すべての作品を網羅した訳ではないのですが…たぶん大丈夫かと。
ただ、個人的に作者の好みだとは思いますが「ちょっと夢見過ぎじゃないかな~?」という描写も多々見受けられますけどね(苦笑)

この著者さんの初期の頃の作品ですが、ここ数年の多忙の間に最終巻のことをすっかり忘れていたという…。
今更ですがやっと購入できたので全巻分通しての感想を書かせていただきました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告