PRECIOUS [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 kohnan-books
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 送料無料!Amazon倉庫からの安心・安全発送!365日年中無休で即日発送いたします。ディスクコンディション良好です。概ね良好です。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,862
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

PRECIOUS [DVD]

5つ星のうち 4.0 32件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,800 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,304 (32%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、▂▃玉風堂▃▂ CD&DVD&ホビー専門店 全品送料無料が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 2,800より 中古品の出品:3¥ 1,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • PRECIOUS [DVD]
  • +
  • 最強のふたり スペシャル・プライス [DVD]
総額: ¥4,018
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 山崎みどり
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: インディーズ・メーカー
  • 発売日 2008/01/23
  • 時間: 50 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 32件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000YDBTNU
  • JAN: 4560246050444
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 136,824位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

“レースクイーンオブザイヤー・06-07”のグランプリに輝いた実績を持つ山崎みどりの最新イメージ。日に日に大人の魅力が増す彼女が、艶やかなポーズや可愛らしい仕草で男心を挑発。すらっと伸びた手足が動くたびに視線も心も釘付け!

内容(「Oricon」データベースより)

レースクイーンの頂点を極めた綺麗なお姉さん系美女・山崎みどりのイメージDVD。まだまだ上り続ける彼女のイメージショット満載。レースクイーン・オブ・ザ・イヤーを受賞してさらに輝き、矢で射るような視線を放ちながら全域魅了地帯でお届け!

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
こんなに感情移入ができる映画はない。

複雑すぎる家庭の事情でずっと険しい顔をしているプレシャス役のガボレイ・シディベはもうごく自然。
これは実話のドキュメンタリーか?と思わせるような魂の演技である。
プレシャスに辛くあたる母親を演じるモニークは、ため息が出るほどの名演技!
彼女の演技があるからこそ、プレシャスの心の動きがよく分かるのだ。
レニー・クラヴィッツは少しの登場ながらさすがの存在感、マライアキャリーは驚くことに女優顔負けの好演。
そしてなかでも個人的に一番目を引かれたのは、プレシャスをどん底から救い出す教師役、ポーラ・パットンである。
この重く苦しい話の中、彼女が登場するたびになんだか安心感が生まれるのである。
彼女はプレシャス、そしてみんなの光。彼女も辛いことを抱えているけれど、常に生徒を明るく照らす太陽なのだ。

この映画はどの批評をみてもキャストの評価が非常に高い。
それは人物が豪華という意味ではなく、「各役を演じるのに最も適した人たちが選ばれている」ということだ。
こういった作品を見ていると、映画の素晴らしさを改めて感じることが出来る。
これは映画好きであればもちろん、そうでなくても絶対に欠かさず見て欲しい作品だ。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
今回も、ため息ばかりの内容です。
全く使える所はありません。実用性ゼロです。

レースクイーンなのに、どうして、こんなに出し惜しみ、見せ惜しみを
するのでしょうかね。
この人は、レースクイーンとしての仕事の時も、どちらかと言えば、肌
の露出をしない方なので、おそらく本人の意向も多くあるのでしょう。
もっと言えば、レースクイーンという職業に就いているのにも拘らず、
極力、肌を晒さずに、やり過ごそうという意図が垣間見え、私には、そ
れが気に入りません。

今回のDVDでも、確かに、水着のシーンはありますが、そんなのは形
式上だけで、接写や際どいシーンは皆無です。

レースクイーンの彼女ですが、水着姿以外が見たい方は、どうぞ。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
いい映画でした。
海外で話題になってから観るまでにずいぶん時間がかかりました。
安易な気持ちで観たくなかったので。

考えうる限りの悲惨な境遇の主人公なのに、閉鎖的で悲痛な作品に
なっていないのは国民性故か。

プレシャスが自分を想ってくれる人の支えで地獄から這い上がれたのは、
自分自身を最後まで見失わなかったから。
対する母親が地獄に堕ちざるを得なかったのは、過酷な境遇の中で
自分を見失ってしまったから。
プレシャスの勇気と強さに感動しました。

多くの語る言葉すら持たない映画が氾濫する中で、真摯に力強く
何かを語りかけてくる映画でした。

辛いお話ですが、ぜひ多くの方に観ていただきたい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/8/5
形式: DVD
厳しい現実を描いています。
プレシャスというすばらしい名前を付けられた女性の物語です。
ハーレムの貧民窟から歌手や俳優やスポーツ選手として成功を収めた人の物語はしばしば語られます。
しかし、そういう人たちはほんの一握り。それでも彼らを夢見てハーレムの子供たちは苦痛をやわらげることができます。
福祉、セーフティーネットという社会保障制度も制度の目的どおりに適用するのはそう簡単なことではありません。
現実は、もっとしたたかで、冷酷です。
信じがたいような境遇であっても、倫理に反する状況にあっても、生きていける理由が何がしかあります。
マライヤ・キャリーがノーメイクで友情出演です。
彼女の視点が、観客に最も近いようです。
社会に眼を向けることを求められる映画です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 natsu 投稿日 2010/12/3
形式: DVD
この映画のキーワードは、愛です。

主人公プレシャスの容姿は、よいとはいえない。
だから彼女は細身で肌の明るい女性に憧れる、つまり、美しさが愛を得るための方法だと思っていた。
美しくない自分を、はなからだれも愛してくれないし、
自ら愛すこともできなかった。
愛は自分に与えられないもの、愛は自分を傷つけるものだった。

産みの親から虐待を受け続けてきた環境。
その劣悪さが観客に伝わるとともに、観客の方に、美しさ=愛ではないぞ、
というプレシャスを応援する気持ちがどんどん芽生えてくる。

そして母親にとっては、娘を犠牲にすることが愛を得るための方法だった。
この母親は本当にひどい、と思う一方で、
なんて弱い、自分を愛せなかった人間なんだろうと感じさせる。
映画のキーワードは愛だけれど、きっと女性にとってのキーワードも、愛なのだろう。
この母親も、愛されることではなく、愛することを始めていたなら、と思う。

寡黙な彼女が、赤ん坊を抱き、笑顔をみせるとき、
そこには強さと美しさが生まれる。
彼女が自分を認め、子どもを愛するとき、愛が盾となって彼女を守るような、そんな姿が終盤見られる。
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す