通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
POPEYE(ポパイ) 2017年 6月号 [車が... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●表紙に古本の使用感・スレありますが、ページが比較的キレイです※良好に読書可能です【品質保証付】切抜き・書き込み等の不備ありましたら交換・返金いたします●元々付録のない雑誌or付録が欠品してます【雑誌の本体のみです】●商品は防水ビニールで梱包→日本郵便「ゆうメール」で配送いたします※通常ポスト投函です●領収書が必要な際はご注文時にご連絡ください●当店は「資源削減・環境保全活動」の為「エコ包装」と「明細書のペーパーレス化」 に取り組んでおります◆◆こちらは大型本の為、複数購入でのキャッシュバック対象外商品です◆◆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

POPEYE(ポパイ) 2017年 6月号 [車が欲しい! ] 雑誌 – 2017/5/10

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2017/5/10
"もう一度試してください。"
¥ 800
¥ 800 ¥ 542
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • POPEYE(ポパイ) 2017年 6月号 [車が欲しい! ]
  • +
  • CasaBRUTUS(カ-サブル-タス) 2017年 6月号 [リノベーション・スタイルブック]
  • +
  • BRUTUS(ブルータス) 2017年 5/15号[居住空間学2017 記憶を重ねる部屋。]
総額: ¥2,460
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



表紙・巻頭 『忍びの国』 大野智
『シネマスクエア vol.93』予約開始 こちらチェック

商品の説明

内容紹介

ポパイ、久々の車特集。
最近はとかく若者の車離れなんていってるけど、あれは嘘。
男子はみんな車好きですから。
シティボーイ的、間違いない車選びを紹介。
そして第2特集は、近頃アツいホットドッグの話です。


【目次】

特集 車が欲しい!
Los Angeles Car Club "Outtakes".
ポパイの名車図鑑
01 ヴァナゴン! カラベル! ヴァナゴン!
02 胸高鳴るスポーツカー。
03 BMWはE21で決まり!
04 MINIはオースチンか、ローバーか?
05 ランクルは40か、60か?
06 デカい車には夢がある。
07 アラスカのフォレスターか、湘南のディフェンダーか?
08 麗しのアンティークカー。
09 EVカーっていいじゃない!
CAR COLUMN 1 えっ! ビートルがEVカーに!?
10 '70年代の国産車が愛おしい。
11 写真家の軽自動車。
12 心くすぐるヨーロッパ車。
13 塗装車という選択の理由。
14 あのCMに心を奪われた。
15 VWのエンブレムにはいつだって興奮する。
16 僕らのSUVはこんな感じ。
17 '00年代カーのオールド具合がツボ。
18 ハッチバックに何を積む?
CAR COLUMN 2 車は自分だけの立派なお店になるのだ。
D.A.N. GOLF2が欲しいんだってよ!
若きシティボーイの車。
欲しい車はココにある。
はじめての車。
My Archive SPECIAL 中村ヒロキ
僕の好きな車 特別編 横山剣
心ゆさぶるあの一台の話。
先輩はいかに車と付き合うのか。
映画の中の車。
サーキットのシティボーイたち。
オレの愛した車。
僕らの熱き車の41年史。
クルマの1、2、3。
第2特集 ホットドッグが食べたい!
THIS IS HOT DOG-CAR!!
POPEYE HOT DOG CLUB
HOT DOG PRESS

この雑誌について

シティボーイのためのファッション&カルチャー誌


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: マガジンハウス; 月刊版 (2017/5/10)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06ZZ7H4M1
  • 発売日: 2017/5/10
  • 商品パッケージの寸法: 31.4 x 23.6 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
僕は、手を出さないけど楽しい車がたくさんです。
自動車雑誌と思って見ても、似たような記事を載せがちな
「NAVI CARS」より、よっぽど楽しめます。

「BMWのE21」や「アラスカのフォレスター」などが
オーナーのような人と紹介されている『ポパイの名車図鑑』も楽しいし
「アップル宇都宮新4号店」が気になった『ほしい車はココにある』という
中古車のお店の紹介のコーナーもいい感じです。
あと『僕らの熱き車の41年史』も楽しめました。

車以外では『ポパイ ホットドッグ クラブ』も
凝った感じの高い店もあれば、300円くらいのお店もあり
さらには、東京や大阪のおしゃれな感じのする店だけじゃなく
サラッと高速のSAのホットドッグが出ていたりするのが
嫌みのない感じで良かったです。(*'∀`*)
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
今号のテーマは、『車が欲しい!』と『ホットドッグが食べたい!』。

『車が欲しい!』この特集については、最新の車紹介ではなく、ポパイに関係する人達のこだわりの所有車紹介がメインとなっている。
車専門誌は多数あるので、細かいスペックがどうだというよりも、カルチャーとしての紹介が強く上手く差別化できている。
細かいことはさておき、車を所有してみたいと思わせる特集である。

第2特集『ホットドッグが食べたい!』こちらはタイトル通り、食欲をそそる特集である。
写真、店舗紹介がバランス良い更生で、休日に足を運びたくなる。
要望としては、シティボーイ向けなのか首都圏の店舗情報が多く、地方の老舗等の紹介があると良い。

今号も、2つの特集、他紙面内容踏まえ、一度読んで終わりでなく、また読み返したいと思わせる内容になっている。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
初めて買う人やシティボーイ(?)にお薦めの車が外車や国産の旧車ばかりなのはなぜ?確かに安いものもあるかもしれないけど壊れたら部品代等の維持費はハンパないと思います。歴史を知るマニア向けの車ばかり。若者にはお薦めできないなあ。ひょっとしたらシティボーイと云うのはオールドマンの意味なのかな?それなら納得の内容だけど。表紙は初代シビックだし、なにか変な特集の違和感のある本でした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告