中古品
¥ 307
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 OVERFLOW CLOTHING
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に若干のキズ、スレがある場合がございます。 帯等の付属品が欠品している場合がございます、あらかじめご了承ください。 店舗併売品につき、万が一売切れの場合は直ちにご返金いたします。 3営業日以内の発送後、到着まで約2~3日お時間を頂いておりますのでご了承ください。 特典の有無・状態の確認など、お気軽にお問い合わせくださいませ。 発送は一部商品の除き、ゆうメール便での発送となり、土日祝は配送しておりません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

POPEYE(ポパイ) 2016年 9月号 [ジャズと落語。] 雑誌 – 2016/8/9

5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2016/8/9
"もう一度試してください。"
¥ 2,980 ¥ 306
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

特集 ジャズと落語。
人生とやらをちょっぴりわかった気にさせてくれるもの。-立川志の輔
ダメなもの、ヘンなことほど惹かれてしまう。-山下洋輔
ジャズと落語の街に行こう。1.新宿 2.神保町 3.渋谷 4.浅草 5.野毛
僕の好きなジャズと落語。
若きジャズメンと落語家に会ってきた。-黒田卓也、春風亭一之輔
JJとAAの勉強。
噺家の落語論イッキ読み。
僕はこんなジャズと噺を聴いてきた。-ピーター・バラカン、東出昌大
東京のジャズ喫茶、ときどきバー。
ジャズをもっと知りたくて、岩手のレジェンドを訪ねた。
JAZZで迷ったらDISC SHOP POPEYEへ。
ポパイの落語プレイリスト。
今さら聞いちゃう、キホンのキ。
JAZZ & RAKUGO TIMES
JAZZ COLUMN
はじめてのジャズ-清水ミチコ
街とジャズ-野村訓市
日本ジャズ偉人伝-柳樂光隆
映画の中のジャズとエロス-三宅唱
RAKUGO COLUMN
はじめての落語-中島歩
噺家異端伝-九龍ジョー
落語家のレアグルーブ-横山剣
妄想『笑点』論-せきしろ

この雑誌について

シティボーイのためのファッション&カルチャー誌


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: マガジンハウス; 月刊版 (2016/8/9)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01IIF86AY
  • 発売日: 2016/8/9
  • 商品パッケージの寸法: 30.6 x 24.9 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

まだ途中までしか読んでませんが、興味無く買ったものを読んで星1つというレビューは酷いと思ったのでレビューします。
私はジャズと落語どちらとも気にはなっていたので詳しく知るきっかけとしてはかなりいいと感じました。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ジャズと落語だって!

どちらも大好物だけど、こんなペアリングは食いあわせがわるいんじゃないのと思ったのだけれど、これがとんでもない浅はかさでした!

冒頭、志の輔師匠のインタビューにこうあります。
「落語もジャズもやる人間が自由にアドリブを入れたりテーマをアレンジできたりするってところが似てるって、昭和40年あたりからずうっと言われ続けてきてて、数年おきぐらいに雑誌で特集したり(以下略)」

そうか、そうだったのか、昭和40年あたりから生きていてまったく気がつかなかったけど、そうかあ、世間ではジャズと落語は同じ括りになっていたのかあ!

(ちなみに志の輔師匠の好きなジャズメンは、チック・コリア、マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーンだそうです。王道ですね)

本誌の内容紹介ではわからないのですが、私レビュワーにとってツボだったのは、
・横山・いーねッ・剣さんのコラム:「
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
まだ少ししか読んでませんが、全く触れたことがない落語とジャズに興味がわいてきました。
とりあえずこの雑誌に載っているものを聞いてみようと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
新宿には末廣邸とピットインがある。浅草には、野毛には・・・。
ちょっと強引だと思うところもあったけど、その街にいけば、
手ぶらで落語もジャズも楽しめるっていう紹介の仕方、とてもいいと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 lora 投稿日 2016/8/11
落語と jazz 、どちらも通ぶって上から目線で語られる感じがなんとも嫌。どちらにも興味がない人にとっては全く興味の無い今月号。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告