通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
PLUTO 8 (ビッグコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

PLUTO 8 (ビッグコミックス) コミック – 2009/6/30

5つ星のうち 3.5 78件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 638
¥ 638 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • PLUTO 8 (ビッグコミックス)
  • +
  • PLUTO 7 (ビッグコミックス)
  • +
  • PLUTO 6 (ビッグコミックス)
総額: ¥1,770
ポイントの合計: 85pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

登録情報

  • コミック: 258ページ
  • 出版社: 小学館 (2009/6/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091825249
  • ISBN-13: 978-4091825247
  • 発売日: 2009/6/30
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 78件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
『これはすごい伏線だよ!』と作者が書き続けるけど実は大したことがない伏線は、面白くもなんともない。

最後まで読み終わった後に『あれは伏線だったのか』と思わせるのが良い伏線ではないだろうか?

浦沢サスペンスは前者ばかり。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ダークな世界感で、多くの謎があり、読むのが楽しみで
仕方なかった1巻から、どうしてここまで面白くなくなるのか・・。

「一体500ゼウスでいいよ。」

序盤ではこのような言葉一つで世界観をしっかり出していて、
この言葉にはどういう意味があって、何を指しているんだろう。
考えても結論にたどり着かないのは分かっていても考えてしまう、
とにかく先が読みたくて仕方なかった。それくらい良く出来ていた
と思います。

結果、この言葉にはこれだけの意味しか無かったのかという感じです。
最終巻では一切意表を突くようなシーンは無く、ただ文字の多い健全
な漫画として話が簡潔されました。特に1〜3巻の世界観に惹かれた人には
満足出来ない仕上がりでしょう。
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
読後の感想として、「なぜ数十年前のたった1冊のマンガを超えられないのだろう」と考えた。

手塚氏の原作は最後の普遍的なメッセージに向かって真っ直ぐに突き進んでいく。
出会いがあって、別れがあって、怒りがあって、悲しみがあって、
最後に向かう過程にはテンポと意味づけが調和しておりそこに過不足が無く1冊に完結している。

そして現在の浦沢氏には画力もあり、資材も揃い、ページも好きなだけ使える。
なのに何故すべてを読み終えて何も心に響かないのだろうか。
そして思ったことは、浦沢氏のマンガには残念ながら「メッセージ」が感じられない。

手塚氏の原作で読後に感じたことは、「全ての出会いと別れが最後のメッセージへの伏線であったんだ」。
浦沢氏のマンガでいつも思うのは「この作者は最後のメッセージがあるように見せかけて、
次から次と話を膨らませることが目的なんだ」と。
「伝えたいメッセージが無い」という致命的なことに本人も読者も気付いていないことが最大の悲劇である。

冗長な言葉で結論をぼやけさせるのは本質を分かっていないジャーナリストの典型である。
一言言うならば「この全8巻を読んで得るものよりも手塚氏の1冊から得るものの方が遙かに大きい」。
そうか、「マンガは構成力(テクニック)じゃない、魂(ソウル)なんだ」。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
思わず涙がこぼれたエピソードはいくつもあるのに、全体のこのスカスカ感。
あんまり壮大な話には向いていないんじゃないかとさえ思える。
この人の、人情話の連作短編みたいなものを読んでみたいなあと思う。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 虎乱 トップ1000レビュアー 投稿日 2011/2/10
形式: コミック
 途中退場とはいえ、最初から最後まで全体的にゲジヒトに焦点を置いて、完結させたことは好感が持てます。
 しかし、裏設定や大げさな演出のせいで、話がこんがらがってしまった感は否めません。
 ヘラクレスVSプルートゥの時のヘラクレスの映像は心裡攻撃で良かったのかな? ヘラクレスの会話から、彼の戦友がプルートゥではないかと思わせぶりな感じでしたが全然ちがいましたね。エプシロンの言うとおり、ヘラクレスは何を知っていたんだろう……
 それと、ブラウ1589に付いての話がなかったことが非常に残念です。アトム、天馬博士、そして彼が起こした処刑……この過去話はゲジヒトとアトム、そしてブラウ1589の違いと比較のため、テーマ的にも絶対描くべきだったと思います。
 
 不満だらけのレビューですが、読み直してみると冒頭でも述べましたが決して悪い作品ではありません。ラストは地味ですが……原作がある以上本筋を脱線するわけにも行かなかったとはいえ、浦沢氏のアレンジも良い感じです。浦沢氏にはプルートゥゼロみたいな外伝を描いて欲しいと思います。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
青騎士編(の特に後半)はとても肯定できるものではないのですが、あれを下敷きにするのはどうなんでしょう。
プルートゥのまま進めて欲しかった。せめてアトラスで。

メトロポリスの頃から「ロボットと人間の対立」という未来的な考え方があります。
ここにおいて人間とロボットは対等になる。
それはアトムにおいても同様で、ロボットの”暴走”などの、従属者と見る考え方はアトムにおいては未来らしくもなく、
それゆえに青騎士編の青騎士死亡後の後編は人気も出なかった。それを基盤に置くのは今ひとつ納得できません。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー