通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
PLUTO 7 (ビッグコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

PLUTO 7 (ビッグコミックス) コミックス – 2009/2/27

5つ星のうち 4.3 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 566
¥ 566 ¥ 1

この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
『PLUTO 全8巻セット』 こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • PLUTO 7 (ビッグコミックス)
  • +
  • PLUTO 8 (ビッグコミックス)
  • +
  • PLUTO 6 (ビッグコミックス)
総額: ¥1,770
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 193ページ
  • 出版社: 小学館 (2009/2/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091823866
  • ISBN-13: 978-4091823861
  • 発売日: 2009/2/27
  • 梱包サイズ: 17.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
浦沢直樹氏が手塚治虫の作品をリメイクした本作。
第7巻。
ビックコミックオリジナル
2007年23号24号 2008年2号4号6号8号10号12号収録。
2009年3月4日第一刷。

狙われた高性能ロボットの最後になったエプシロンとPLUTOとの
闘いが中心に描かれる本巻。

一度はPLUTOを撃破したように見えたエプシロンだったが・・・
ワシリーがさらわれたのを追いかけた末の第二戦で
ワシリーとホーガンを守る為に両手を二人を守るエネルギーに変えた。
その一瞬の間にPLUTOに倒されてしまう。
本来は倒す力があったが優しい為にPLUTOの奥底にある悲しみが
わかり倒すことに徹することが出来ない。
ありがちな展開ではあるが・・
優しすぎた・・あまりにもだから闘いに赴かない判断はやはり正しい。
闘いに向かないのに戦闘力が高いという矛盾。
しかし力を使うということで大切なことは何かを示してくれた。

相棒役であるホーガンが「あなたは徴兵拒否した卑怯者なんかじゃない。
勇敢な戦士でした」とつぶやき敬礼する場面は胸に来る。

偏った感情を注入されたアトムが目覚めて本巻は終わるが・・
地球が滅びるとの発言の真意は何なのか・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ましゅ 投稿日 2009/3/18
形式: コミック
原作は未読で、前巻まで謎ばかり増えて、また20世紀少年のようにダラダラ長くなるのかなぁと思ってましたが、あと二巻らしいので遅れて買いました。
話はテンポよく進み、今まで影だけだったプルートゥの姿もわかったり、意外とドキドキする内容でした。
戦いがあっさりとしてアクションは楽しめませんが、心情に重点がおかれてる漫画ですのでいいんですが、あと一巻で全て収拾できるのか不安です。
展開が駆け足にならないでほしいですね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
冒頭はなかなか感心させられます。
完全な意識体となるためには、60億の人間の意識を統合しなければならない、という
試行ならではの表現で、この作品中で一番好きで、驚いた部分です。
ただ、その理屈を裏付けする哲学があまり説明されていないような気がするのが
ちょっとつらいところ。この辺りを掘り下げていけば、原作を出し抜く一つの手が
紡ぎ出せたかも知れないだけに、残念です。

二次創作であるが故に、原作に忠実であるべきというテーマと、原作を出し抜こう、と
いう企みというか本命のテーマがせめぎ合い、身悶えしているのがなんとなく
感じられます。

本巻ではエプシロンの最後の巻、となるわけですが、ゲシヒトを失ってしまった
状態ではどうしても弱くなってしまう。そこで、替わりのガーディアンロボットが
登場し、活躍します。なかなか彼がかっこいい。それでは不十分と踏んだのか、
ワシリーという少年まで駆り出して、ドラマを盛りたてようとしているのが
よく解りますし、その技法も巧みであると思います。

だけど、やはり原作に気負い負けしている。そんな印象を受けました。
そして、ラストである次巻に向けて、地球規模のクライシスを仕掛けるという
大技に出ました。果たして……?
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
7巻はエプシロンの戦いを通して話が進んでいきます。
それと同時に、エプシロンが感じたプルートウの悲しみ
そして天馬博士の悲しみがストーリーに織り込まれるのですが、
大袈裟過ぎない表現が逆に深い印象を与えます。

私は電車の中で読んでいたのですが、エプシロンの手だけが残って
地球を託すシーンにさしかかった時、落涙を耐えるのに必死でした。
アトムが覚醒したところで、最終巻へ続くのですが
ここまでの展開は本当に完璧だと思います。
浦沢直樹はどうしてこんな漫画が書けるのでしょうか。

ウランがピノキオの寓話を通じてプルートウの悲しみを表現するくだり
(ピノキオ=プルートウ、ゼペットじいさん=アブラー博士)
は「モンスター」にも通ずる浦沢直樹流メタファーの真骨頂ですね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー