中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆小口に薄い汚れがあります。若干、小口に傷みがあります。他はきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

PLATONIC SEX (小学館文庫) 文庫 – 2001/8

5つ星のうち 3.5 77件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

「セックスが、そんなに楽しいか」
父親の怒鳴り声が、一家が囲む食卓を凍りつかせた。学校へほとんど行かず、万引き、カツアゲ、家出にシンナーを繰り返す中学時代。そんな彼女も、もとは内向的な女の子だった。「姿勢が悪い」という理由で長刀を習わせるほど厳格な父。「あなたのため」が口癖で、体裁ばかり気にする母。そんな両親に褒められたい一心で嫌いな勉強に励んだ中学1年のときは、成績が学年で10番以内だった。しかし、苦手な数学で90点を取って、喜び勇んで答案用紙を母親に見せても、返ってくる言葉は「4問も間違えているじゃない。どうしてできなかったの」。しだいに両親への不信感が膨れ上がり、「良い子」から「虞犯少年」へと転げ落ちていく…。
『プラトニック・セックス』は、飯島愛が飾らない言葉で過去の自分を冷静につづる自伝。家出した彼女は、水商売で得たお金を湯水のように使う。「ただただ憧れていた装飾品もブランドも、見栄を張るための道具、空っぽな自分を着飾るための必需品だった。そのときはそういう哀れな自分に気づいていなかったのか、気づきたくなかったのか」
「彼の望むことにできる限り応えてあげたかった。彼が体を売るのをやめるかわりに、私は、あれほど嫌がっていたオヤジと寝てお金を稼ぐ女になっていった」
こんな人生を変えるきっかけとなったのが、アダルトビデオへの出演だった。留学したいと思い焦がれたニューヨーク。その資金作りのために舞い込んできたビデオ出演をOKする。そのうちに深夜番組を経ていつの間にかタレントの道を歩む自分がいた。
いままで語ることのなかった壮絶な過去をストレートに表現しているため、内容は少々過激だ。しかし、思春期時代の紆余曲折を経て家族との絆を取り戻した飯島愛の自伝には、誰しもが共感できる心の葛藤が描かれている。(望月真弓) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

そうやって、生きてきた――。家出、援助交際、AV出演……。人気タレント・飯島愛が自らの過去を赤裸々に綴った自伝的エッセイ。100万部を超えるベストセラーを記録し、台湾語版、韓国版も発売。相次いでドラマ化、映画化も決定した話題作がついに文庫化した。本人によるあとがき、香山リカ氏、大岡玲氏による解説を加えた。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 333ページ
  • 出版社: 小学館 (2001/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094023968
  • ISBN-13: 978-4094023961
  • 発売日: 2001/08
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 77件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 407,814位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
暴露本、懺悔本等と巷では言われていたので、興味本位で読んでみました。飯島愛については、AVの時代から知っているので、芸能界に入るまでのいきさつなんかが書かれているんだろうと思っていましたが、そんな薄い内容ではなく、今の彼女が何故あるのかといった内容にまで掘り下げられていて、一気に読んでしまう内容でした。
私が最も印象的だったのが、彼女の小学校から高校までの間の話で、子を持つ親として考えさせられました。 今までは、「AVをきっかけに芸能界に入ったくせに、過去のAV出演には触れないなんてずるいよな」なんて思っていましたが、その考えを改めさせられました。
ワイドショーなんかでは、この本を書いたことにより仕事が減るのではないかといった心配をされていた方もいましたが、私はそんなことはないと思います。逆に増えるのではないかとまで思います。 女性だけではなく、男性も読むべき本だと思います。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
テレビのバラエティ番組では、いつも長い茶髪をなびかせ軽い笑いを振り撒いている飯島愛さんの告白本ということで、まず興味をひかれました。彼女が、AV女優であったことは、まことしやかなうわさとして広まっていることもしっていましたし、その他おもしろ半分の風評も聞いていました。
 そんな彼女の半生は、実際壮絶(ありふれた言葉ですが)で、彼女に比べればはるかに優等生的な人生を生きていた私の想像をこえたものでした。
 しかし、一番私を驚かせたのは、彼女の歩んできた人生そのものの過激さではなく、それをつつみかくさずカミングアウトした彼女の勇気でした。今の彼女の芸能界のポジションを失うかもしれないリスクを背負っての告白。
 そこに彼女を駆り立てたものが何なのかはわかりま!せんが、その勇気と挑戦は読む者の心を揺さぶるに違いありません。今、街中を無目的にさまよう少年少女たちが、すべて「飯島愛」にはなれないでしょうが、人生をあきらめず、時に転んで、怪我をすることもあるでしょうが、その傷さえポジティブに取り入れる強さを教えてもらった気がします。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
全体的にスキャンダラスな印象の本書。内容は、過激な風俗や倒錯世界の描写、作者の挫折と成功、子供っぽい恋愛観などを書き散らしたようなものなので、読み流す程度でしたが、冒頭とラストで語られる親子関係のあり方については感動させられました。
厳格な父、自分を認めてくれない母。愛は、そんな家庭に息苦しさを感じて家を出る。その後、大人になった愛は、母の日記を見る。あれほど自分を嫌っていたと思っていた母の愛と努力が綴られたそれをみて愛はいう。
「人を傷つけるのならば自分が傷ついた方がいい」という言葉があるけれど、そんなふうには思えなかった。自分が傷つくのはつらい。傷つけるのは痛くない。/でも初めて素直にこの言葉を受けとめることができた。父と母にだけは。
親が嫌い。子供が理解できない。親子両方の世代にとって、愛することと傷つけることの意味を理解するにはよい題材と思います。
受けねらいのタレント本と決めつけずに、一読してみてはいかがでしょうか。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
2000年に著書が出版された当時に読んだ。
その後、8年の時を経て著者が亡くなったことでもう一度紐解こうと思い読んでみた。

当時とは違ったものが身体を流れた。
確かに8年も経てば自分の環境も思考も大きく変わっている。
生き方は愛さんとは違っていたけれど、いつも自分の居場所や存在意義を探していたところは似ていたのかもしれない。
明るさと可愛い笑顔で高感度も高く、TVでは結構突っ込みも冴えていた彼女だが、その笑顔の向こうに垣間見れる寂しさには、多くの人が気付いていただろう。

今回読み直してみて、その寂しさや切なさ、やるせなさが少しだけ近い距離で分かった気がした。
愛さんは一途な女性である。
著書にはサラッと書かれているように見えるが、随所に彼女の真髄が見えるように思う。

すでにドラマ・映画化され、有名となった作品なので、ある程度の内容の説明なら問題ないと思い、少し列挙しておく。

(本書では章の番号はローマ数字だが文字化けするので算用数字にて)

『1』 ではあまりにも痛々しい描写に心が震える。自分と重ね合わせてしまう・・・

『2』 飯島愛になっていく過程と、親友や友人達との出会いが丁寧に書かれている
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック