通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
PLANETS vol.9 東京2020 オルタナ... がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 BOOKOFF ZERO
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【Amazon倉庫からの発送です】中古本のため、スレ・ヤケ・ヨレ、少々キズ・使用感等がある場合がございます。帯・はがき・チラシ等は原則として付いておりませんので予めご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
13点すべてのイメージを見る

PLANETS vol.9 東京2020 オルタナティブ・オリンピック・プロジェクト 単行本(ソフトカバー) – 2015/1/31

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 660

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • PLANETS vol.9 東京2020 オルタナティブ・オリンピック・プロジェクト
  • +
  • PLANETS vol.8
  • +
  • 日本文化の論点 (ちくま新書)
総額: ¥4,234
ポイントの合計: 25pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

『PLANETS vol.9』誌面サンプルはこちらのリンクから→http://wakusei2nd.com/P9

待望の「PLANETS」最新号は、2020年の東京五輪計画と近未来の日本像について、気鋭の論客たちからなるプロジェクトチームを結成し、4つの視点から徹底的に考える一大提言特集です。リアリスティックでありながらワクワクする日本再生のシナリオを描き出します。

<プロジェクトメンバー(順不同)〉
宇野常寛(批評家・本誌編集長)/猪子寿之(チームラボ代表)/水口哲也(クリエイター・プロデューサー)/井上明人(ゲーム研究者)/門脇耕三(建築家)/南後由和(社会学者)/濱野智史(社会学者)/速水健朗(ライター・編集者)/吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)/中川大地(文筆家・編集者) ほか

(目次)
[巻頭鼎談] 猪子寿之×宇野常寛×乙武洋匡「オリンピックをHACKせよ」
[巻頭インタビュー]有森裕子/古田敦也/岡田武史

【Aパート】オルタナティブ・オリンピック/パラリンピック・プロジェクト
[提言1] 猪子寿之&チームラボPresents「参加型オリンピック計画」
[座談会1] 猪子寿之×宇野常寛×落合陽一×水口哲也「テクノロジーが更新するオリンピックと社会契約」
[パラリンピアンインタビュー] 鈴木徹(走り高跳び)/藤田征樹(パラサイクリング)
[提言2] 井上明人「多様な身体を包摂する拡張パラリンピック計画」
[座談会2] 稲見昌彦×井上明人×川越敏司×山中俊治「サイボーグオリンピックと新しい人間観」

【Bパート】東京ブループリント:都市開発から考える国土とライフスタイルの未来
[分析編] データで見る東京/東京イデオロギーマッピング
[計画編] 東京5分割計画/オルタナティブ選手村2020
[座談会] 宇野常寛×門脇耕三×中川大地×南後由和「東京はなぜ解体されるべきか」
[特別対談] 鈴木英敬(三重県知事)×達増拓也(岩手県知事)「列島改造2020」

【Cパート】2020年の夏休み:世界を大いに盛り上げるための裏五輪=サブカル文化祭
[座談会] 安藝貴範×伊藤博之×井上伸一郎×夏野剛「2020年の挑戦」
[Attraction] 東京妖怪ウォッチング/アイドル都市TOKYO/怪獣合法地帯
[Event]開会式襲撃:ショッカー五輪破壊作戦(監修:井上敏樹)/Japan Expo Tokyo/拡大コミックマーケット/原宿2.0(増田セバスチャン)

【Dパート】「オリンピック破壊計画」
東京セキュリティ・ホール:象徴破壊/物流・インフラ/治安・軍事/経済・金融
[インタビュー] 田中秀臣「経済テロを妄想する」
[座談会] 宇野常寛×中川大地×速水健朗×吉田尚記「『オリンピック破壊計画』の想像力」

ほか

出版社からのコメント

クラウドファンディング(http://camp-fire.jp/projects/view/1341)で323人におよぶパトロンから、総額3,331,500円の支援をいただきました。これにより、本体価格を2,000円超から、1,400円まで下げることができました。ご支援いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 272ページ
  • 出版社: PLANETS; 1版 (2015/1/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4905325064
  • ISBN-13: 978-4905325062
  • 発売日: 2015/1/31
  • 商品パッケージの寸法: 1.4 x 18.2 x 23 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 262,000位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
私達には、今、未来を希望を持って語れる土壌がどれだけあるのだろうか?

政治ではリベラリズムは単なる嘘くささに矮小化される一方、コンサバティブな言動は一部の人々への陶酔とは裏腹にイデオロギッシュな息苦しさを感じさせざるをえない。
経済ではピケティの論証の核となる「r>gの不等式」が急速な勢いで広まっているように、既得権に対する諦念は根強く、それを覆すだけの実証的な希望を持つのは多くの人々には難しい。
文化の世界では妙に定型的な懐古意識ばかりが注目され、本当に新しい開拓者達と文化の受け手は狭いコミュニティの殻を破ることができない。

こんな閉塞的な現代において、「オリンピック」などというものに何の希望があるのか?

そんな問いかけに対し、気鋭の評論家である宇野常寛氏が中心となり、建設的な未来への希望の1つを提示しよう、という意欲的な雑誌がこの1冊だ。
古田敦也氏や岡田武史氏、といった既存の人気競技の著名な関係者がその競技における問題点と新たな可能性を語ったり、オリンピックそのものの概念を広げるゲーミフィケーションへの問い、そして実現可能性ある、誰もが驚き、楽しめるオリンピック開会式を提案するAパート。
「良い話」に収斂させることを嫌い、現状の「東京」をビジュアルデータ化して炙り出そうと
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
Amazonで予約して届いてから読むのに数日かかりました。
レビューがつかないのはこの質にこのテキスト量で
内容を消化するのに時間がかかっているからでしょうか(笑)
オールカラー272頁のボリュームですが、どの記事もおもしろかった。

そもそも東京オリンピックに興味はなかったけど、
2020年の東京というテーマでこんなにも多様な視点があるとは驚きました。

Aパートのチームラボ猪子さんの提案はぜひ実現してほしいです。
参加型のオリンピックは大胆なアイデアだと思いました。
IT・インターネット以降だからこそできるオリンピックを
2020年は目指していいのかなと感じました。
「超人オリンピック」やゲームデザイナーが考える「拡張スポーツ」など
新しい提案は今あるオリンピックがなぜあのカタチなのか、
そもそもを考えるきっかけとしてもよいと思います。
p.95の「オリンピック」「パラリンピック」「超人オリンピック」「拡張パラリンピック」
を整理した表もわかりやすかったです。
「サイボーグオリンピックと新しい人間観」の座談会も刺激的でした。

Bパートは「東京5分割計画」に衝撃をうけました。
東京
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
とてもおもしろかった!共感できるところが多く、うなずきながら最後まで(ウルトラセブンまで)読みました。
すべての競技でのオリパラ統合開催は難しいかもしれませんが、開会式や、乙武さんがおっしゃるように1つか2つの競技でも統合開催ができるといいなと思っていますし、できる気がしますし、やらなきゃいけない気がします。
個人的には、パラリンピックに向けて、選手村のある湾岸地区がどのようなまちづくりをしていくのかに興味があります。障害者にやさしいまちは、高齢者にも子どもにも優しいまちだと思うので、湾岸地区でのまちづくりをパッケージにして地方に反映させていけるといいなぁと思っています。
2020年とその後の日本を考えるための「決定的な一冊」です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
東京オリンピックまで後5年。
本誌は、2020年オリンピックを新しい日本を再設計するためのチャンスと捉えています。
と同時に、人口減少により国力が衰えていく日本にとって、全力で走れる「ラストチャンス」とも位置づけています。
本誌編集長・宇野 常寛 氏は、
「そのラストチャンスを江戸時代の化政文化みたいに黄昏を愛でることに使うのか、それとも新陳代謝を起こすチャンスに使うのか。
我々は、後者でありたい気がします。」とコメントしています。

本誌の興味深い点はオリンピックを、エンターテイメント性やそれによって発生するビジネスとしてのみならず、
文化・都市計画に影響を与える巨大なイベントと捉えているところです。

2020年の更にその先の未来に何を残せるか、どんな影響をあたえることができるかについて様々な角度から議論がされています。
多くの方が本誌の考え方に賛同し動き始めれば、東京オリンピックが終わっとき新しい日本が始まると思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す