¥ 3,024
通常配送無料 詳細
通常3~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

PK ~最も簡単なはずのゴールはなぜ決まらないのか?~ 単行本 – 2015/12/17

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/12/17
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 2,724

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • PK ~最も簡単なはずのゴールはなぜ決まらないのか?~
  • +
  • サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論
総額: ¥5,508
ポイントの合計: 166pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

膨大な取材とデータが解き明かす12ヤードの攻防に隠された真実
ガンバ大阪・遠藤保仁選手の「コロコロPK」についての内容も収録。


PKはサッカーにおいて恐らく最も簡単に奪えるゴールである。
ゴールラインからわずか12ヤード(11メートル)のペナルティスポットから、静止したボールを蹴るだけだ。
ところが、考案されてから120年以上が経つPKの歴史には、数々のドラマが生まれ、
ミスによって流された涙は川になるほどだ。
簡単なはずのPKがなぜとんでもなくむずかしくなってしまうのか?
PKに成功する秘訣とはいったい何だろう?

その答えを求めて本書の著者ベン・リトルトンは世界中を駆け巡った。
試合中のPKとPK戦を詳細に分析した学者に会い、PKに強い選手とセーブ率の高いGKに食い下がって
彼らの業務秘密を聞き出し、プレッシャーがかかるPK戦において選手が影響を受ける身体的、
心理的な要素を専門家に取材した。

ときには自ら実験台になって、教えられた秘訣を試してみるところまでやってのけた。

本書はPKをスポーツ、科学と文化史などさまざまな側面から考察した画期的な著書である。
本書を一読すれば、サッカー関係者は長年頭を悩ませてきた
「どうすればPKに強くなれるか?」という命題の回答がきっと見つかるだろう。


[目次]

■第1章 イングランド病■
イングランド人たちの言い訳/天敵ポルトガル人GKリカルド/

■第2章 オスロ解決法?■
PK失敗に繋がりやすい回避行動/練習と準備は異なる/〝PK職人〞は研究者の見解に賛同するか

■第3章 PKのDNA■
GK大国ドイツの土壌/セードルフの特殊な神経/ガーナが見たPKの悪夢/

■第4章 PKをめぐるドラマ■
伝説を事実にしたマルコス/FIFAから廃止を要請されたアメリカ式PK/必ず誰かの悲劇を生むPK戦/

■第5章 ビッグデータが勝率を上げる■
優秀なキッカーはPK戦で何番目に蹴るべきか/シーズン勝ち点3.87の価値を持つデータ/

■第6章 有名選手ほど失敗する?■
1日違いでPKを失敗したロナウドとメッシ/バッジョの贖罪/マラドーナの5連続失敗/

■第7章 GKはPKキッカーにふさわしいか■
開拓者チラベルト/100得点越えのロジェリオ・セニ/

■第8章 審判とPKの微妙な関係■
判定に激怒した解説者/だまされる側の不条理/PKをめぐる倫理的な問題

■第9章 他競技に学ぶPK成功法■
ラグビー、ゴルフ、アメリカンフットボール

内容(「BOOK」データベースより)

膨大な取材とデータが解き明かす12ヤードの攻防に隠された真実。笛が鳴ってすぐ蹴ってはいけない?助走の角度は30度がベスト/最もキッカーに適任なのはGK?主審は2度目のPKを取りづらい…、etc.

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 416ページ
  • 出版社: カンゼン (2015/12/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 486255315X
  • ISBN-13: 978-4862553157
  • 発売日: 2015/12/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.6 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 244,275位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 凱晴 投稿日 2016/2/13
この本はイギリス人が書いていて、イングランド代表がPK戦で負け続けていることが執筆インセンティブになっている。それだけで面白い。

PKはとてもシンプルでありながら、技術、精神的な要素に加えて統計的な分析も加わって複雑だ。さすが欧州、PKに関して驚くほど多くある研究を紹介していて読み応えがある。

我々がよく知っている選手、記憶に残っているシーンが多く、遠藤や日本の審判団についても書かれていて面白く読める。
ただ、日本についての記載は「訳注」で未確認事項が指摘されている。このわずかな綻びが、全体の信頼性を落としかねない部分はなんとも残念だ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
PKとは、決して運のみに左右されるつまらないものではなく、綿密な準備・練習が必要ものだったのですね。
PKの歴史から、現時点での様々な角度からの分析結果(色々秘密のままですが)や、準備のしかた、様々な選手・関係者の証言。
蹴る側だけではなく、GKについても沢山語られています。詳細は読んでからのお楽しみですが、驚いたり感心したり、時にニヤッとしたりの繰り返しでした。
小難しいこと抜きに、サッカーに関する読み物としても充分に楽しめます。ホントにPKのみでこの厚さですが、最後まで飽きずに読めました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
興味深く、とても読みがいのある本でした。
参考になりました!!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本屋で発見
おほっサッカー書籍でPKっつったらつまりドイツ特集本ですね
と手に取り立ち読み
そして内容がPK弱小国イングランドの話が半分
その他のどうとでも解釈できそうな内容が半分で
思わず膝から崩れ落ちた
そして叫んだ
PKっつったらドイツでしょうがっ
子供がまだ食ってる途中でしょうがっ
いやいや普通の人はサッカーのPK戦っつったら
ドイツ代表を連想すると思いますよ
ドイツはなぜPK戦に強いのか
知りたいのはソコだと思うんだけど
そういうことを書いてあるのかと思ったのに最悪
イングランド人に執筆させたのがそもそも間違い
負の歴史なぞるだけ勝ったことないんだもの
イングランドからPKについて聞きたいこと知りたいこと何もない
百戦錬磨の本職ドイツ人に書いてもらいなさい
根本から間違ってるね外したエピソードばっかなんよ
PKをなんで外したかよりなんで余裕で決められるのかを知りたい
死に様より生き様を知りたいワケ
この本は死に様がメインというか比率が多すぎんだよ
とにかくPK大国ドイツの記事が少なすぎてガッカリだ
イングランド特集以外では
いまいち釈然
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す