中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

PIL (オフィスユーコミックス) コミックス – 2011/8/19

5つ星のうち 3.4 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 843 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

時は1983年。ミッション系お嬢様学校に通うパンクな女子高生・七海と英国帰りの爺ちゃん・徳四郎が巻き起こすラジカルライフ・コメディー!! あぁ、この愛すべき無意識過剰な人々をご堪能あれ!!


登録情報

  • コミック: 185ページ
  • 出版社: 創美社 (2011/8/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4420152370
  • ISBN-13: 978-4420152372
  • 発売日: 2011/8/19
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
想定は実話とは少し違って、
母は単身オペラ歌手の修業でイタリアへ、
残された娘七海(ななみ)は、ミッション系お嬢様高校に通っています。

イギリス経験ありの浪費家で女性に弱いお爺ちゃん徳治郎と
困窮なコメディライフを綴ります。

バイトでチリ紙交換や喫茶店のアルバイトでラジカセを購入
命と同じくらいに大切にしていたと(あとがき)

イギリスのPIL(パブリック・イメージ・リミテッド'Public Image Ltd'というロック・バンド)
をこよなく愛するパンク・ロックな女の子。
本の腰巻きをめくると坊主頭の彼女がラジカセきいています。
なぜ坊主頭なんでしょうか?それは本書で。

自伝的背景は、『涼子さんのいうことには』(イタリア他の留学記)の
後にあたるのでしょうか?

絵のタッチは『テルマエ・ロマエ』に近く、
8月11日に発売された『地球恋愛』とほぼ同じでしょう。

とにかく、ほっこりあったかい80年代高校生物語です。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 radiocommander VINE メンバー 投稿日 2012/12/12
形式: コミック
他のかたがたと同じ『テルマエロマエ』からヤマザキマリさんのファンになった者です。
この作家さんは極めて典型的な日本人でありながら同時に実に日本人離れしたところも同居していて「この人のルーツってどんなだったんだろう?」と興味を抱かせるタイプの漫画家ですよね。『テルマエ』も面白かったが、本作ではそれとはまた全く違う、この作家さんの価値観というか考え方のルーツが(お話自身はフィクションとはいえ)垣間見える気がします。
各話に<オチ>やまとまりが無いという批判のレビューも見受けられますけれども、しかし若いということは<取っ散らかっている>ということです。そういう身も蓋もない剥き出しの若い感性の有りようというものを、もう四十の峠もとっくに越えたこの作家さんは未だ瑞々しく記憶しているようで、この作家さんの他の作品、イタリア家族物やキューバ紀など、大人になってからの体験・感得したことを描いた作品群とはまた全然べつの、身近で深い感慨を抱かせる極上のコメディーに仕上がっていると思います。親近感が湧きます。

わたしはこの漫画から少なからぬ感動を受けました。その感動の余韻も長かったです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 浪費家のおじいちゃんと同居しているために女の子がお金に苦労する話です。最初は一日のアルバイトでかなり高額の賃金をもらえると勘違いしたりしますが、色々な経験をして成長していきます。もっとも最初のアルバイトの広告はぎりぎり詐欺じゃないかと思うのですが・・・。
 表紙の絵のように自分に正直に生きるにはつらい世の中です。巻末を見てみると女の子は著者の経験から生まれたようです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
自分は80年代は小学生で、記憶はおぼろげなのでこの漫画は新鮮だった。ちり紙交換って、そういうえばあったかな〜。でもこんな浪費家のおじいちゃん、ちょっといやかも…。(^_^;)こんな風に自分の貯金までこっそり出してどんどん使われちゃ、たまらないよねぇ〜。とはいえ、温かい家族愛が感じられて、なかなか楽しめました。いちばん驚いたのが、家の前で銀行が不動産をとりあいしている場面!むかしってこんなふうに物件をとりあっていたの?家がそこまで惜しまれるほど値上がりしていくって一体どんな感じ??はあ こんな時代があったの。ぜんぜん違うんだな〜〜。 
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告