PFU Happy Hacking Keyboar... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 6,037
+ 関東への配送料無料
発売元: ソフマップ
カートに入れる
¥ 5,800
+ ¥ 390 関東への配送料
発売元:  キットカット
カートに入れる
¥ 6,430
通常配送無料 詳細
発売元: オフィス・モア (in 神戸)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 日本語配列かな印字なし USBキーボード ブラック PD-KB220B/U

5つ星のうち 4.0 63件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,487 通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
新品の出品:23¥ 5,487より 中古品の出品:1¥ 4,900より
    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • バス:USB
  • 接続方式:有線

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報



製品の特徴:
  • メーカー型番 : PD-KB220B/U
  • インタフェース : USB
  • 色 :
  • 配列 : JIS配列
  • キー数 : 68個
詳しい仕様を見る

よく一緒に購入されている商品

  • PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 日本語配列かな印字なし USBキーボード ブラック PD-KB220B/U
  • +
  • エレコム リストレスト 疲労軽減 "COMFY" ロング(ブラック) MOH-012BK
総額: ¥6,345
選択された商品をまとめて購入

商品の情報

詳細情報
ブランドPFU
商品重量821 g
梱包サイズ29.4 x 12 x 3.9 cm
製造元リファレンス PD-KB220B/U
カラーブラック
商品の寸法 幅 × 高さ12 x 39 mm
OSMac/Windows
  
登録情報
ASINB000EXXEWE
おすすめ度 5つ星のうち 4.0 63件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング パソコン・周辺機器 - 4,432位 (ベストセラーを見る)
発送重量821 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2006/7/1
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

シンプルでスタイリッシュなキーボード。高性能はそのままにスタイルにもこだわりました。日本語配列キーボードから「かな刻印」を無くし、キートップはアルファベットと記号のみです。ローマ字入力ユーザ向けスペシャルモデル。キーサイズは標準のまま、キー数を必要最小限に押さえたA4半サイズの小型キーボード。カーソルキー追加モデル

Amazonより

日本語キーボードなのに、英語表記のみ。デザインすっきり、スタイリッシュ
   現在最も普及しているQWERTY配列のキーボードには、大きく分けて、英語配列のものと日本語配列のものがある。どちらのキーボードでも日本語入力ができるが、日本語配列のキーボードには、特に日本語入力を補助するために、「変換」キー、「無変換」キー、「半角/全角」切替キー等が備わっている。また、キートップに「かな」が刻印されているものが一般的。しかしながら、この「かな」刻印は、ローマ字入力ユーザーにとっては不要なだけでなく、「キートップの表記が繁雑で見づらい」、「日本語キーボードを使いたいが、デザイン面から英語キーボードを選択した」という意見も多く聞かれる。このような実用面・デザイン面のご要望にお応えしたモデルが登場。

  • かな刻印を無くしたすっきりキートップ。
  • 「変換」、「無変換」、「半角/全角」の各キーには、独自のアイコンを刻印。
  • キーピッチはフルサイズのまま、キー数を必要最小限に抑えて小型化。
  • しっかりしたクリック感の快適なキータッチ。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 kabukawa 投稿日 2016/3/6
Amazonで購入
かれこれ10年以上使ってます。ずっとLite2です。(Professionalは流石に高くて)
最初に買ったのはPS/2モデルですが、以降はUSBモデル。今回は会社で使っている奴が足が折れて色々ガタが来たので買い替えです。
キーが重いとか、キー配置が若干慣れがいる(特にファンクションキーがFnキーとの同時押ししないと使えない)というのは有りますが
個人的には vi エディタが慣れるまで辛いけど慣れると最高!みたいな感じ?と思っています。
何より、CtrlキーがAキーの左にあるのは、ショートカットキーとか使うときに楽です。
キーは今時のキーボードに比べると重めでストロークも深いと感じるかもしれません。
それに、打鍵音も若干大きいかな。
でも、個人的には打っているって感じがするので、気になりませんが。

誰にでもおすすめできるキーボードでは無いかもしれません。
今時、2千円も出せばそこそこのキーボードが買えるのに、
5000円以上出してわざわざ癖のあるキーボードを買うのは何故かといえば
やっぱり自分にとっては使いやすかったということなんだと思います。
初めてのかな無刻印モデルは、やっぱりかっこよかった!(笑)
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
半角/全角キーはないが

Fn+Tabで半角
Kanaで全角入力に切り替えができる

もし設計業務(CAD作業など)でこちらのキーボードを検討している方がいたら正直お勧めできない。
なぜならDelキーや数値入力、画面切り替えなどのショートカット操作をするたびにFnキーを押さねばならず若干効率が落ちます。
それ以外では問題ないと思われます。小指を起点とした操作をする人にとっては半年経てばこのキーボード以外の選択肢がなくなるほど使い勝手が良くなる。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
非常に打鍵感も良いし、使い心地は非常に良く、このサイズのキーボードではまともで一番安いのですが・・・

・Windows8以降のマルチスクリーン切り替えのためのWin+Pキーが入らない
・同じくWindowsで画面をロックするためのWin+Lキーが入らない
・Ubuntuのスクリーンショットの操作をするときのSuper+Alt+Iが有効なキーコードにならない

やはりSuperキーが別体でないことが不便になってきています。後継機種がほしいです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
標準のキーボードは卒業してプロ仕様のキーボードを使いたい。
その中でも効率、省スペース、コストパフォーマンスにこだわる方へおすすめのキーボードです。

■利点
・コンパクト(294.0(W) x 120.5(D) x 38.6(H) )
 机のスペースが広く取れる。持ち運びに便利。
・CtrlキーがAの隣にあること
 Ctrlキーと併用したキー操作を行う場合にホームポジションからの移動距離が減る
・HappyHackingKeyboardシリーズの中でもローエンド版にあたり安い
・カーソルキーが付属しているため、他のHappyHackingKeyboardに比べると敷居が低い

■欠点
・通常のキーボードとは異なるキー配置のため習熟を要する
 また癖のあるキー配置であるため、自宅と職場で別のキーボードを利用する場合
 どちらも生産性を下げることになるため結局2台購入する必要があること。
・テンキーがないため、数値キーの入力頻度が多いユーザーには不向き
・ハイエンド版に比べると打鍵感で劣る部分がある
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
やや玄人好みとされるハッピーハッキングですが、慣れてくるとキー入力が大変楽しくなります。私のお奨めポイントは以下の4点です。
 1.コンパクトなので、マウスを横においても画面のセンターに合わせておけるのでキー入力がしやすい。(肩がこらない)
 2.キータッチについては、しっかりした小気味よい硬さとカタカタという音が慣れてくると心地よい。
 3.コントロールキーがAの隣(CAPSの位置)にあり、CTRLを多用する元々9801好きの人には欠かせないポイント
 4.慣れている日本語キー配列なのに、英字表記のみでカッコイイ。
CTRLキーをうまく使い慣れるとこのキーボードは手放せない道具になります。私はWORDのキーカスタマイズで、CTRL+H(BS)、CTRL+M(ENTER)は必須設定にしています。
難点は、DELキーがない(Fn+BSは面倒)、F2キーを多用する(EXCELの編集など)というところですが、まあ慣れると気にはなりません。
おすすめです。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー