HK500 アーミー 12199 がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

PETROMAX(ペトロマックス) ペトロマックス HK500

5つ星のうち 4.0 25件のカスタマーレビュー
| 3人が質問に回答しました

参考価格: ¥ 27,000
価格: ¥ 25,134 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,866 (7%)
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 25,134より
アーミー
  • サイズ : 径17×高さ40cm
  • 本体重量 : 2.4kg
  • タンク容量 : 1L
  • 燃焼時間 : 約8時間
  • 明るさ : 500CP(約400W)


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

よく一緒に購入されている商品

  • PETROMAX(ペトロマックス) ペトロマックス HK500
  • +
  • HK500用 ステンレスノズル 12204
総額: ¥28,372
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報

色: アーミー

商品の情報

色: アーミー
詳細情報
カラーアーミー
電池付属いいえ
ブランドPETROMAX(ペトロマックス)
ギフトパッケージについて予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意
  
登録情報
ASINB001UGN118
おすすめ度 5つ星のうち 4.0 25件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング スポーツ&アウトドア - 10,003位 (ベストセラーを見る)
発送重量2.7 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2008/2/4
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

●HK500シリーズはキャンプ等のアウトドア、レジャー用途だけでなく圧倒的な明るさと長時間点灯可能なことから漁業関係など数多くのプロフェッショナルから高い支持を得ています。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

色名: アーミー Amazonで購入
ペトロマックスのHK500にはブラス、ニッケルなどのレパートリーがありますが、ミリタリー物が好きな私は、こちらのアーミーをチョイスしました。

製品(正規輸入品)には詳しい日本語の取扱説明書が入っており、じっくり読んで点火すれば、のっけから失敗したり、新品を煤だらけにする可能性は低いと思います。
私の場合は新品を煤だらけにしたくなかったので、プレヒートはアルコールで2回行なってから点火しましたが、何ら問題なく点灯できました。
なお、Youtube等の動画サイトにHK500を含めたケロシン系ランタンの点火の仕方や失敗例があるので、はじめての方はそちらを参考にされることをおすすめします。

キャンプでの使用感ですが、500キャンドルパワーのキャッチフレーズ通り明るくて良いです。極端な言い方かもしれませんが、自分のテントサイトに比べると他の方のサイトがお通夜のように感じられるほどです(私の場合、コールマンのケロシンランタンを併用しているので余計に明るいかも知れません)。ちなみに明るさはコールマンの639C700とほぼ同じです。

ペトロマックスの場合、燃料が安価な灯油(ペトロ)なので、タンクには灯油をケチらずに入れておくことをおすすめします(最大8分目位まで)。使用中に圧力が足りていても途中でガス欠すると煤が
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: ニッケル
渋く灰色のアーミー色を購入しました。
ケロシンランタンってランニングコストは安いけど、メンテナンスに手間がかかります。分解清掃は必須です。機械が苦手な方は汚れにくいガス式ランタンがお勧めです。
さてどんなメンテナンスが必要かというと、灯油であるためジェネレーターにカーボンがビッシリ溜ります。ジェネを新品に代えるとかなりの金額になりますので、私は別途ガスバーナーでジェネをあぶってカスを炭にし、中に金属の棒を出し入れして清掃します。真っ黒なカスが大量に出てきます。ホワイトガソリンのランタンはこうはなりません。
重要なタンク内部部品2箇所(ジェネと空気を入れるとこ)にゴムパッキンを使用しています。小さなゴム部品ですが、これがペトロマックスの最大の弱点です。3年に一度は分解交換しておきたいところです。ゴムが硬化すると、漏れで使えなくなります。そのたびごとに鉛パッキンの交換も必要となります。このあたりのパッキン類は常に持ち歩く必要があります。
プレヒートはアルコールもしくは最初からついている余熱バーナーを使用します。ただこの余熱バーナー、手入れをしないとやはり調子悪くなります。掃除しても、途中で消えたりします。この余熱バーナー、私の一番苦労(嫌いなところ)しているところです。分解して小穴のクリーニングが必要です。
あとオプションで欲しいのが、
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色名: ブラス Amazonで購入
ちゃんと手順を踏めば何ら問題なく灯ります。ただ、純正マントルは高い割りに質がイマイチ。コールマンのマントル#11がよいです。
また、初回の空焼き後、2回目以降に余熱バーナーだとマントルに煤が付きやすく、すぐにマントル交換になってしまうことがあるので、アルコール余熱のほうが良いようです。
使用後は燃料キャップの減圧弁を緩めたままにしないと、翌朝本体が灯油まみれになるので注意ですw

☆追記
「十分な燃料、加圧なのに明かりが安定しない、マントルに黒くススがつく、突然消える」このような場合にはバラしてメンテナンスしたほうが良いです。メンテナンスは「コンダクティングロッド、ジェネレーターバルブ、クリーニングニードル、鉛パッキン、ニップル」この部品はつけ置き洗浄してタールを落としてもダメな場合は交換必要になります。また、ヴァポライザー上部(コンダクティングロッドが汚れている場合)筒の中にタールがこびり付いているので削り取るように、細い棒でつついてやりましょう。
毎週のように使っていて大体1年経つ前に一度はメンテナンスが必要になります。手間のかかるランタンですが、構造は思ったよりも簡単なので、面倒がらずにチャレンジ。

また、ガスチャンバーはちゃんと閉めてもネジが噛まない、ちゃんと閉まらない場合は交換。ノズルごとマントルが落ちるのでノズルもステンレスに交換しておいたほうが良いです。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ひぞ 投稿日 2011/3/1
色名: ニッケル
メンテナンスが出来なければ維持は出来ないでしょう。
燃料代が安い等の理由で購入するのはオススメしません。
交換パーツ代やメンテナンス等の手間を考えると、
ランニングコストはガソリンに比べて大きな差はないか、ペトロの方が掛かる場合もあります。
メンテナンスをする楽しさ、この商品の美しさ、持つ事の喜び。と思って頂いたほうが良い商品です。

商品に関して
明るさはバツグンです。
500CP(500キャンドルパワー)程の明るさは無い気がしますが、
コールマンの製品(並べて比較した製品:ノーススター ガソリン ワンマントル、ノーススター ガス)と比べて明るいです。
明かりもやや暖かみのある色で、明るさはあるが優しい光です。

ポンピングやプレヒートも必要で、失敗すると炎上、真っ黒になってしまいますが、
慣れれば点火の失敗は無いです。色々と「儀式」はありますが、使う程に愛着が湧きます。

トラブル・メンテナンスに関して
2つ所有しており、1つは6,7年使用(300時間程、トラブルは1度)のメンテナンス含む交換パーツ
ノズル、ガスチャンバー、ニードル、ニップル、ジェネレーターバルブ、鉛パッキン、ホヤ(炎上時に割れ)、変形パーツの
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー