通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
PEACE MAKER 1 (ヤングジャンプコミッ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

PEACE MAKER 1 (ヤングジャンプコミックス) コミックス – 2008/1/18

5つ星のうち 4.1 27件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
『PEACE MAKER 全17巻セット』 こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • PEACE MAKER 1 (ヤングジャンプコミックス)
  • +
  • PEACE MAKER 2 (ヤングジャンプコミックス)
  • +
  • PEACE MAKER 3 (ヤングジャンプコミックス)
総額: ¥1,933
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「完訳 ファーブル昆虫記」特集
完訳でよみがえる博物学の古典。細密な昆虫イラスト、美しい写真口絵、詳細な脚注、訳注とともに楽しめる。 >>特集ページはこちら。

商品の説明

皆川亮二作の漫画


登録情報

  • コミック: 214ページ
  • 出版社: 集英社 (2008/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 408877390X
  • ISBN-13: 978-4088773902
  • 発売日: 2008/1/18
  • 梱包サイズ: 18.2 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
設定自体、あまり驚きもなく、この先、有料コンテンツでは読まない類の漫画でした。
悪いというわけではなく、いたって普通という印象。
好みだとおもいます
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 どす恋 投稿日 2008/2/5
形式: コミック Amazonで購入
この作者の描く漫画の登場人物は、みんな同じ顔で同じ性格。
なんだか、ある劇団の違うお題目の芝居を見ているような感覚に陥る。
監督は作者、毎回脚本は原作者がついていたが、今回は違うようだ。
ジャッキー・チェンやジェット・リー、80〜90年代のアメリカンアクション映画は
大体そんな感じで、「またお前か」「またこの話か」と、ビデオが出る度にニヤニヤ
させられたモノだが、この作品にはそんな楽しみがある。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
主人公ホープは兄を捜す旅をしている天才ガンマン。
早撃ちの天才だが、生活力に欠けいつもお金に困っていたり
旅の途中でいかにも怪しそうな敵に、
自分の本名や兄の名前を簡単に教えてしまうなど
ちょっと間抜けで不用心なところがあります。

そんな彼の足りないところを、これまた天才賭博師であり
世間慣れした相棒のカイルが補完しているんですね。
2人はお互いに欠けたところを補いあう理想的なコンビで、
このふたりのやりとりが読んでいて楽しいです。

もうひとりの連れの少女ニコラには
物語の根幹にかかわる大きな謎がありそうなのですが、
この巻ではまだすべては明かされていません。

登場キャラクターたちの性格付けが、
名作「アームズ」にちょっとかぶるのがご愛嬌ですが
とても面白いです。まだ話が始まったばかりで
主要キャラがとりあえず顔見せした段階なので、
ストーリー的には続巻に期待というところです
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
皆川さんの新作ということで早速買いました。
正直に、面白いと思いました。細かい部分なども丁寧に描かれてますし、話もテンポがよくて飽きません。決めるときはかっこよく決める主人公にも惚れますね。
どんな風に話が続いていくのかがとても気になります。
ただつっこむところがあるなら……主人公と一緒にいる男の人の変わりようが(笑)なんかどんどん若返っているような…!!
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 西京BOY 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアー 投稿日 2008/1/23
形式: コミック
皆川亮二、待望の最新刊だ。前作までは少年漫画として発表していたが
ご存知の通り今作でウルトラジャンプに移籍、青年漫画としての発表になった。
まあ、といってもサンデーのときも青年漫画的な立ち位置だったし、
コミックスのサイズも同じだったので特に驚きもないが。
ちなみに講談社でも「ADAMAS」という作品を執筆している。

皆川亮二の作品というのは圧倒的な画力と渋くて格好いい展開、と同時に
ギャグが入ったゆったりとした日常描写もあって、それが個性になっているというのが
個人的な見解だが、この作品も今までの作品と同じようにその方法論で描かれていると
思う。ってか、今まで以上にそれがわかりやすい形で現れてるかもしれない。

主人公は普段は気の抜けた優しい人物であるし、ヒロインはかなり計算高い、でも
子供っぽいキュートな一面も併せ持つ良キャラ。またカイルという一応味方サイドの
キャラも面白い性格をしたキャラなので安心して皆川作品を楽しめる
登場人物たちが揃っている、という印象。
当然のごとく、決めるシーンでの格好良さは2割増しである!

一応、オーソドックスな西部劇であるがそこに少年漫画のような敵の一味を配置することに
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たけ 投稿日 2011/3/18
形式: コミック
素材が普通でも作り手の腕が良ければ良い物が作れるという良い見本だと思います。
舞台は西部劇、主人公は悪人以外は傷つけない天才ガンマン、一緒に旅をするのは
天才博打師、悪党の孫娘ともう本当に小難しい設定は一切ありません。
特に目新しい設定や大袈裟なファンタジー要素があるわけでもない
ですがそれ故に作者の技量の高さがより表に出ている漫画だと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
西部劇にあるような、ガンマンの決闘をテーマにした漫画。

画がきれいで独特の世界観があります。時折でてくる、ギャグ的な展開もくどくなくてちょうど良いです。

主人公の技などにも、どう凄いかの説明が詳細にされており、『ふーん。』と思う箇所もあります。

ただ、読み勧めるうちに(5巻まで読みましたが)、『ふーん。』がなくなってきております。

最近の若者にとって、西部劇というのはあまり馴染みがなく、こういった漫画で知る良い機会だとおもうので、普通の漫画に成り下がるのではなく、ガンマンの生き方、技、道具へのこだわりなど、勉強できる漫画にして欲しいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー