Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,500

¥ 120の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[SPOOL(宮川 泰明), 鈴木 雅暢]のPC自作の鉄則! 2017
Kindle App Ad

PC自作の鉄則! 2017 Kindle版

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,500
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 925

紙の本の長さ: 196ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


 スマートフォンやタブレットといったモバイル機器の急速な進化・普及に伴って、パソコンのさらなる小型化、薄型化が進んでいます。一方で、4K映像に代表される表示の精細化、3Dグラフィックスを駆使したゲームの普及、さらなる臨場感を追求したVR(Virtual Reality)の台頭など、パソコンには今も高度な処理能力が求められています。そして、そんな先進のニーズにもたやすく応えてくれるのが自作パソコンです。
 大容量のハードディスクを搭載したい、大画面をいくつもつないで表示したい、とにかく処理速度の速いキビキビ動くマシンが欲しいなど、ユーザーの数だけ理想とするパソコンの姿も分かれます。使い始めた後、性能に不満が生じればパーツの交換や増設でパワーアップも簡単です。
 とはいえ、油断は禁物。パソコンの技術は日進月歩のため、ある時期を境にパーツの互換性が無くなったり、電気的な規格は合っているのに物理的にパーツの大きさが合わなかったりといった、思いもかけないトラブルが起こり得ます。そう、パーツ選びには自由さと引き換えに自己責任も伴うのです。
 本書は、そんなパソコンの自作に取り組むユーザーが、無用なトラブルに陥ることなく、無事にマシンを完成させられるよう、パーツ選びの最新事情から組み立て、設定、トラブル解決まで、全てのノウハウを収録しました。初心者はもちろん、久しぶりに自作に挑戦するベテランなど、全てのパソコンユーザーにお薦めしたい一冊です。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 93498 KB
  • 出版社: 日経BP社 (2016/11/9)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MU03U1J
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 43,269位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
お世話になります
初心者にはいいかもしれないが、残念です
今時の製品情報がなかった
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
丁度IntelもAMDもCPUの世代を上げた都合上、古さは否めない。しかし、他の類似本は丁度この本の中程までで終わっているのに対し、この本はUEFIの設定などトコトン書き尽くした感がある。ただ、やはりムックで、既出の記事を集めたと思われ、前後参照などが弱く、重複気味の記述も見られ、一冊の本としての完成度は低い。専門用語がそれなりに出て来るが、その補強も弱い。巻末に用語集があるが、更に別の用語をちりばめてあり、実際には役に立たないものになっている。

それでも一読すると、パソコンの買い方が変わるだろう。自作と銘打っているが、出来合いのものもどういったものを買うべきか、判断が容易になる。今のは買って間もないので、しばらくは「エア自作」と言われるものを楽しむか。「王道マシン」「格安マシン」「超小型マシン」
「静音マシン」「高性能マシン」と言ったものが挙げられている。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今回自作PCに挑戦しようと思い購入しました。PCの組み立てからセットアップまで写真も多く初心者にとってとても分かりやすいと思います。おかげで組み間違えることもなく一発で起動しました。
初めて自作する方にはお勧めです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
 行き付けの書店で立ち読みしましたが、WinPC2016年・夏号の方がDDR3の再利用手段や、予算別の製作例が参考になり購入に至りませんでした。

もう少し時期を後にし、2017春辺りに「春号」とヘビーユーザー(SLIやLGA2011やCADのクワドル派を中心とした内容に限定して)向けに「鉄即」をCore iシリーズ7世代目(ノート用では既に実装化されている様ですが、ディスクトップ向けは市場にでていないので)を取り上げた内容でと、思いました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover