現在在庫切れです。
この商品の再入荷予定は立っておりません。
シェアする

10cmケブラーコーンスピーカー DCU-F122K

5つ星のうち4.0 1個の評価

現在在庫切れです。
在庫状況について
この商品の再入荷予定は立っておりません。
スピーカータイプ ネックスピーカー
ブランド PARC Audio
商品寸法 (長さx幅x高さ) 124.5 x 124.5 x 105 cm
商品の重量 1780 グラム

この商品について

    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • 60台 限定生産
  • 高品位ケブラーコーン
  • アルニコ内磁型磁気回路
  • アルミ製フェイズプラグ
  • ゴムエッジ採用フルレンジスピーカー
もっと見る
ポイントアップキャンペーン

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の情報

詳細情報

登録情報

商品の説明

1)高剛性、高内部損失のケブラーコーンを採用し、高分解能な再生を実現。

2)高音質で定評のあるアルニコ内磁型磁気回路を採用。低歪で音離れを良くしながら、柔らかい極上の音色が魅力的です。

3)キーパーツであるボイスコイルには、高品位リボン線を採用。
大幅なXmaxの改善と共に、ボイスコイル強度と線積率の向上により、厚みのある中低域に貢献しています。

4)銅製ショートリングを採用し、磁気回路の電流歪を軽減。
アルニコ内磁型とともに高SNを実現しています。

5)高級感あふれるアルミ製切削フェイズプラグを採用。 素直な中高域を実現しています。

6)フルレンジスピーカーでは貴重なゴムエッジを採用。小口径ながら豊かな低域を再生します。

7)高級感あふれるアルミダイキャストフレームを採用し、フレームの不要共振を抑えています。

8)エアーフローを考慮した高品位コーネックスダンパー採用により、リニアリティの高い低域を再現します。

9) 金メッキ端子を採用し、接続ケーブルとの伝搬ロスを防いでいます。

10)内磁型磁気回路のため、TV等への影響を排除しています。

11)環境規制のRoHS指令に対応しており、カドミウムや鉛等の有害物質を使用していません。

12)スペック/ F0=65.102Hz, インピーダンス=8Ω、SPL=87dB

13)サイズ/ 最外径=Φ124.5、高さ=105mm、重量=1,780g

(注)価格は、1台分です。ステレオ使用の場合は2個必要です。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
1 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年3月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 アルニコ+ケブラーの音色は魅力的です
ユーザー名: a stray sheep in walkman、日付: 2020年3月15日
【動機】
・フェライト仕様に比べ値段が高いので差分の満足感が得られるか悩み所でしたが最近作成した
FW168HR+T250Dの中音域のもどかしさ解消に使えるのではとの思いで決心しました。
【外観と全体のイメージ】
・比較的大きな坪型ヨークでフェライトやネオジ仕様より形状的な満足感高いです
(マグネット自体は見えませんがユニット全体実測質量1766gでFE103Aよりかなり重い)
・フレームはプレスでは無いものの薄手でFW108HSと比べると貧相でチョット残念(甲高い響きします)
 使い回しなのは分かりますがfostex丸フレームの様な8点締めで見た目の丈夫さが欲しい所です。
・ケブラーコーンは蛍光灯にかざすと光が抜けて来ますこれで低音は大丈夫なのか…
 DAYTON PC83は樹脂でキッチリ固めてありましたがこれは網目が抜けている感じです。
・半艶消しの黒塗装BOXとフレーム色が近く、黄色いコーンとロールエッジ外側青の差し色が
気に入ってます(ちょっとけばさもあるので…高級感は期待できないかも)
【音出し】
 まず10Lのparc箱をアレンジしたもの作成し聞いてみました
・OM-MF519の様なアルミコーンの聞き辛い音も無く、FEシリーズの様な小さなバスレフで
  低音が出にくい感じでも有りません。普通の10cm用バスレフBOXでまともな音が出るので
 バックロードホーン前提のFEシリーズより使いやすいユニットで有ることは間違いないです。
・PC用SPとしては悪く無いですがDCU-F121Kと比べて値段の差分は有るかは微妙ですね
(中高域)
・ボーカルの立ち位置はFE83NVに比べると前に出すぎず音を外さず正確にクールに歌おうとする
 感じです。(fosより人工的でシャウトする様な抑揚感は今一かも)
・Tang Band W4-2142との入れ替え比較でも中音域の膨らみ(暖かさ)はかなり控えめです。
・但しそれより上の帯域では金物の響き等ペーパーコーンでは再現できない大変綺麗な物です。
 雑味が無いのに芯の有る音が深く音場へ響く感じがします。
・細身になりますが弦の音も悪くないです ケブラーとアルニコの相乗効果と信じたい所です。
(低域)
・10cmの割には体幹のしっかりしたアスリート系のリズムを刻むFW108HSの様な音では無く、
 しなやかだけど100Hz以下を空振りして物足りなさを感じる事はないです。
・まあ当然ですが大編成シンフォニーで力感を楽しむのは向いてないと思います。
【ミッドレンジとして】
 設計者の意図から外れているかも知れませんがFW168HR+T250Dの中音域を補えないかとの思いで
 箱の上に乗せて見ました
・スタンドと背圧処理を兼ねてFW168用穴の抜き板でリング作成しました。
 低音確保の必要無い場合、背面の反射や回折音を抑えるのは薄いコーンには特に有効だと思います。
 後ろはアッテネータとフィルターを入れる為、MDF 9mmで作成したカバーです。
(コンデンサー選択前に作ってしまったので入りきらず残念な外観になってしまいました)
(3wayの音出し)
・このユニットは帯域を絞ることで濁りの少ないカッチリと芯の有る中高域が
 クローズアップされ、フィルター等での劣化分を十分相殺出来ると思います。
 (MJQの No Sun In Veniceでミルト・ジャクソンのヴィブラフォンとか
TELARC版 NUTCRACKERの金管等,本格的な質感で魅了されます)
・fostexの推奨2way状態では左右sp間を底辺とし頭の位置で三角形にすると、音像が底辺から
 奥行き感を感じることが難しく、もどかしさが有ったのですがこのユニットを入れることで
 大きく改善出来たと思います。特に奥行き方向の立体感が増します。
・音場の見晴らし良くなったのですが、ボーカルとしてはもっと熱く歌い上げて欲しかったです。
 (ケブラーコーンのイメージ通りでは有ります。) 
・御察しの通りバランスの悪さが露呈する曲も当然有りますので FW168HR+T250Dと合わせて
 ネットワーク見直し検討中です。
【現在の思い】
・fostexの限定ユニットだと 資金が溜まった時には販売終了で買いそびれてばかりでしたが
 PARC Audioではウッドコーンが人気の為かまだ残っていました意外と掘り出し物かもしれません。
・他の10cmフルレンジよりクオリティ的には一段高いけど、クールなキャラクターが好みの分かれる
 感じがします。自分としてはスコーカとしてのポテンシャルに可能性を感じてます。
・割高ですが、お祭り仕様のfosのアルニコタイプよりは良心的かなと思います。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する