¥3,520
無料配送: 4月12日 - 13日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
6 時間 46 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
PANA通信社と戦後日本: 汎アジア・メディアを創... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

PANA通信社と戦後日本: 汎アジア・メディアを創ったジャーナリストたち (日本語) 単行本 – 2017/9/26

5つ星のうち4.5 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2017/9/26
¥3,520
¥3,520 ¥2,999

購入を強化する

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本の政治家で彼を知らない者はいない、白洲次郎が会ってみろといった男、宋徳和。彼が設立したアジア人のためのアジア系通信社、PANA通信社とはどのようなものだったのか。そこには、ヴェトナム戦争を取材した岡村昭彦、朝鮮戦争を取材、トップ屋集団「東京ペン」を率いたのちPANAを引き継いだ近藤幹雄、シンガポールと日本の架け橋となった陳加昌、太平洋ニューズ圏を夢見た時事通信社の長谷川才次など様々な人物がかかわった。綿密な聞き取りと調査をもとにしたある通信社の戦後史。

著者について

1982年生まれ。立命館大学先端総合学術研究科一貫制博士課程修了。博士(学術)。専門はジャーナリズム論。現在、中部大学全学共通教育部専任講師。主な著書に、『戦後史再考』(平凡社、2014、共著)、『文献目録 ベトナム戦争と日本』(人間社、2008、編著)、オーラルヒストリーに「越境による抵抗、あるいは抵抗のための越境――高橋武智氏に聞く」(『アリーナ』18号別冊、2015、中部大学)など。

登録情報

  • 出版社 : 人文書院 (2017/9/26)
  • 発売日 : 2017/9/26
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 324ページ
  • ISBN-10 : 4409241184
  • ISBN-13 : 978-4409241189
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
2 件のグローバル評価
星5つ
52%
星4つ
48%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年3月31日に日本でレビュー済み
Amazonで購入