数量:1
Out of Time がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 正規品。レンタル落ちではありません。帯なし。ディスク概ねきれいです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Out of Time CD, Import

5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,178 通常配送無料 詳細
通常4~6週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Prime Music Prime Music


Amazon の R.E.M. ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 「CDを買うとデジタルミュージック(MP3)ストアで使える200円クーポンプレゼント」キャンペーンの対象商品です。2016年8月31日23時59分(日本時間)までのご購入が対象となります。(マーケットプレイスでのご注文は対象外)

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Out of Time
  • +
  • Automatic For The People
  • +
  • Green
総額: ¥5,155
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1994/6/17)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Warner Bros / Wea
  • ASIN: B000002LOE
  • EAN: 0075992649629
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  Mini-Disc  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 21,860位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:13
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
4:27
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
Low
Low
4:56
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
3:19
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
3:49
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
6
30
3:45
アルバムのみ
7
30
4:05
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
8
30
3:27
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
9
30
3:38
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
10
30
4:08
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
11
30
4:05
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

商品の説明

商品の説明

REM Out Of Time (1991 UK 11-track CD album including Radio Song Losing My Religion and Shiny Happy People picture sleeve)

Amazonレビュー

彼らの最も高潔なアルバムに最悪のジャケットの『Out of Time』は、REMの作品としては最高のものとなった。この瞑想的な、だが時に激しいアルバムは、「Radio Free Europe」以来となる彼らの最高のシングル「Losing My Religion」が収録されている。かつては同意していた批評家とプログラマーの歌だ。だが、曲の二面性と結びついている雰囲気は、「Radio Song」の冷笑、「Low」の運命、活発な「Shiny Happy People」と「Me in Honey」に現れている。彼らのベストセラーであり、それも当然だ。(Rickey Wright, Amazon.com)


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
自分が初めて聴いたR.E.Mのアルバムがこれでした。
「Coutry Feedback」などの深みのあるナンバーがある一方で、車のドライブにも似合う「Shiny Happy People」のような軽快なナンバーが並びますが、基本はカントリーロックとポップなメロディ、そしてマイケル・スタイプの文学性と存在感のあるヴォーカル、でしょうか。

自分は現時点でR.E.Mの作品を全て聴いたわけではない(ベスト盤+αといったところ)のですが、この作品は比較的聴きやすいと思います。一般リスナーに広くオススメできる佳作です。

ちなみに、彼らの代表曲にしてヒット曲である「Losing My Religion」が入っています。メランコリックなマンドリンの音色と、心の内面を告白する歌詞。ベタと言われようと、やっぱりこの曲は好きです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
R.E.M.が1991年に発表した7thアルバム。自身初となる全米アルバムチャート第1位を獲得し400万枚(4Xプラチナ)を売り上げました。そして本作品からは彼らの代表曲となる『Losing My Religion』(全米第4位)が生まれました。勿論他にも良い楽曲が沢山有り女性コーラスを取り入れた楽曲『Shiny Happy People』(全米第10位)、コーラスワークが抜群な『Near Wild Heaven』等明るい楽曲が多いのが特徴です。CDジャケット写真もポップス/ロックのアルバムの中では相当有名になりました。そして内省的な作品が多く最高傑作と謳われている1992年発表の次作『Automatic For The People』(NirvanaのKurt Cobainが自殺する直前に聞いていたアルバムとして一躍有名になりました。)を『陰』のアルバムとすると本作品は『陽』のアルバムと言えるでしょう。1992年のグラミー賞では主要部門を含め7部門にノミネートされましたが最終的には『最優秀オルタナティヴ・ミュージック・パフォーマンス賞』を始め3部門の授賞に留まりました。最後になりますが今回DVD Audio盤を購入しましたが、音の広がり方、音の分離、各パート楽器がクリアーに聞こえ中々良い出来だと思いました。(本作品にはB-52'sのKate Piersonがゲスト参加)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 birdman 投稿日 2009/3/5
形式: CD
この時期、R.E.M.はピークの状態にあったと思う。『グリーン』、『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』どちらも名作だ。だけど私は本作に惹かれる。言うならば、『グリーン』は陽のアルバム、『オートマチック〜』は陰のアルバムであった。ではその間に発表されたこの作品はどう表したらよいだろうか。…掴み所がないのに、どこかキャッチーで耳に残る、奇妙なアルバム、とでも言おうか。私は最初これを聴いたとき、このアルバムの全貌を全く掴めなかった。しかし、R.E.M.というアーティストをもっと深く知りたいと思った。結果としてこのアルバムは、今までに最も聴いたR.E.M.のアルバムであった。いや、他のアーティストも含めた数ある作品群の中でもかなり上位に来る頻繁さだ。そう、「発見の多いアルバム」私はそう言いたい。
「SHINY HAPPY PEOPLE」はかなりの名曲だ。この曲が入っているだけで、『アウト・オブ・タイム』は、名盤に分類される価値があると思っている。でも、このアルバムはそれだけではない。粒揃いの楽曲、そしてアルバム全体としてのまとまり。何回聴いても飽きの来ない、音楽好きなら是非とも手元に置いておきたい絶品の一枚なのである。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1991年発表、通算7枚目。
 流行曲ばかりに馴染んでいる人には、R.E.M.の音や歌声には違和感を感じ取っ付き難いかもしれないが、このアルバムはかなりポップなつくりであるので飽きずに聴いていただきたい。
 中でも最も有名な曲は2で、個人的には90年代を精神的に支えてもらった曲である。不協和音とマイケルのヴォーカルは英語など理解する必要が無く、音楽が世界の共通語であることを実感させられる。
 もう一つの名曲は10であろう。ポップであっても分裂症的なアルバムがアメリカでこれだけ売れるはずがないと不思議に思っていたが、徐々にこの曲の良さと存在の意味が理解できるようになってくる。いかにもアメリカ南部的な曲で最後のギターが良い味を出している。特にライブがすばらしい。
 これ以降も、どれだけビッグバンドに成っても、音楽的アプローチを変化させても、流行とは全く関係ない領域で、良い音楽への追求を続ける良心のバンドである。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック