中古品
¥ 11,795
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 thurmanbooks
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: イギリスより発送。土日祝日を除き8~10営業日で配送可能。商品やサービスにご不満な場合は、返品・返金を保障いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

From Ostpolitik to Reunification: West German-Soviet Political Relations since 1974 (Cambridge Russian, Soviet and Post-Soviet Studies) (英語) ハードカバー – 1992/7/30


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 13,243 ¥ 11,795

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容紹介

With the signing of the Moscow Treaty in 1970, West German-Soviet relations came to the forefront of world politics. Two decades later, the historic opening of the Berlin Wall and German reunification once again focused world attention on the Federal Republic's relations with the USSR. This book explores the development of this relationship from the perspective of West Germany. Dr Avril Pittman outlines the main events after the Second World War and then focuses on four issues central to this relationship in the 1970s and early 1980s. She explores family reunification and emigration rights for ethnic Germans living in the Soviet Union; the central role of Berlin and the reasons why the city persisted as a serious bilateral problem; the triangular relations between West Germany, the Soviet Union and East Germany; and the significance of the Soviet intervention in Afghanistan which led to a sharp deterioration in East-West relations.

レビュー

"This book should interest specialists and students of German and Soviet foreign policy as well as students of international relations." Ieuan G. John, Times Higher Education Supplement

"The book's major strength is the empirical discussion of Schmidt's Ostpolitik and its four central concerns: the situation of ethnic Germans, the status of Berlin, West Germany's relationship with East Germany and the twin impact of the decision to deploy American intermediate-range weapons in Germany and the Soviet invasion of Afghanistan on FRG-Soviet ties." Angela Stent, Slavic Review


登録情報

  • ハードカバー: 248ページ
  • 出版社: Cambridge University Press; New.版 (1992/7/30)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0521401666
  • ISBN-13: 978-0521401661
  • 発売日: 1992/7/30
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 1.7 x 22.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 1,497,667位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ


フィードバック