One Foot in the Grave (An... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

One Foot in the Grave (Aniv) Original recording remastered, Import

5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,347 通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 1,061より 中古品の出品:4¥ 897より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の BECK ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • One Foot in the Grave (Aniv)
  • +
  • ザ・インフォメーション(DVD付)
総額: ¥5,327
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2009/5/7)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording remastered, Import
  • レーベル: Iliad Records
  • ASIN: B001V7UX94
  • JAN: 0602527023908
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 452,583位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2003/4/12
形式: CD Amazonで購入
この CD は 一ばん 好きな べック CD.
It has real soul and flavor to it. It is really what made me fall in love with Beck in the first place. This CD is a must have, must own, delicius delight.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
今回のデラックス・エディションでは、1993年発売のオリジナル盤ではアウトテイクになった音源がボーナス・トラックとして16曲追加――2002年日本盤をもっている人にとっては13曲追加――されたうえ、リマスター。
のちにトリビュート盤『ハリー・スミス プロジェクト: アンソロジー・オブ・アメリカン・フォーク・ミュージック・トリビュート』にも参加しますが、ベックが『アンソロジー・オブ・アメリカン・フォーク』を聴き込んでいたことがわかるほどにアメリカのルーツ・ミュージック直系のソングライティングを披露してくれています。ベックがロバート・ジョンソンみたいになっています。
そりゃあこんだけルーツ・ミュージックを体現できれば、“War Child Presents Heroes”でディラン自らにディランの楽曲をカヴァーするように頼まれますよ。

商品の体裁に話を移すと、まず、写真にあるのは、縦に動くスリーヴです。この「BECK」スリーヴを外す――外しにくいので、ぼくはいきなり落として、角を少しへこませてしまいました――と、ベックともうひとりの男(キャルヴィン?)が映った元のジャケットが出てきます。ダブルの紙ジャケットです。
あとは、ボーナス・トラック含めて歌詞・対訳つき。さらに、2009年1月30日に行われたベック本人によるインタヴュー解説つき。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
『ワン・フット・イン・ザ・グレイヴ』(1994年)は、『ミューテイションズ』(1998年)、『シー・チェンジ』(2002年)と“同じく”、歌、ソング・ライティング、フォーク、ブルース、カントリーにこだわったアルバムです。
とはいえ、“まったく同じ”ではありません。『ミューテイションズ』はサイケデリック志向、『シー・チェンジ』は繊細な音作り志向というちがいはあっても、メジャー・レーベルでハイ・ファイ(高度な機器、豪華なスタジオ)録音によって制作された後者二作は、いい意味でも悪い意味でも、飾り気がないように見えても細部まで高度に処理されたトラッド・フォークを表現しています。さらに、曲から曲へのつなぎかたもなめらかであり、アルバム全体のコンセプトも感じさせました。それに対して、インディーズ・レーベルでロー・ファイ(安価な器材)録音とほぼ一発録りによって制作された『ワン・フット』は、まるで、ベックが本当に生々しく飾り気がない音を思いつくまま手にしたギターで弾き語ってはその曲を短く切っては脈絡なく次の曲に移るかのようです。ちなみにトラック17を、ベックは『シー・チェンジ』でセルフ・カヴァーしていますので、オリジナルと聴き比べるとアルバム間のちがいがよくわかると思います。
さて、トラック17、18、19は、このアルバムと同時期に発売されたUS盤7インチシングル収録曲が日本盤
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
「ミューテーションズ」、「シー・チェンジ」の原点ともいえるインディーズ時代のアルバム。まだまだ荒削りだが、素晴らしいセンスはこの頃から発揮している。またベック自身は、自分の作ったアルバムの中でこのアルバムが最も好きだと発言している!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告