Odelay がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,706
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: フルフィルメント エクスプレス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,350MP3アルバムを購入

Odelay Import

5つ星のうち 4.7 22件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,180 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の BECK ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Odelay
  • +
  • Mellow Gold
  • +
  • ミッドナイト・ヴァルチャーズ
総額: ¥3,256
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1996/6/18)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Geffen Records
  • ASIN: B000003TBP
  • JAN: 0720642482322
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 249,068位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Devils Haircut
  2. Hotwax
  3. Lord Only Knows
  4. The New Pollution
  5. Derelict
  6. Novacane
  7. Jack-Ass
  8. Where It's At
  9. Minus
  10. Sissyneck
  11. Readymade
  12. High 5 (Rock The Catskills)
  13. Ramshackle

商品の説明

Amazonレビュー

   ダスト・ブラザーズとの共同プロデュースによって、ヒップホップとテクノな感覚が爆発的に増幅したセカンドアルバム。断片的に録音されたサウンドを編集する「サンプリング」の手法を駆使した現代的なグルーヴと、ポップ・ミュージックの基本をおさえた巧みなソングライティングが見事に同居する。
   本作により、ベックはグラミー賞2部門を受賞。名実ともにアメリカを代表するアーティストとなった。<1><4>は、ライヴでも人気の代表曲。(森 朋之)


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
ファンクもソウルもヒップホップもみんな飲み込んでBECK流ロックにしてしまってます。なんというか「気持ちいい音」って感じかな。個人的にはデビューアルバムが大好きなんだけど、ちょっと閉鎖的っていうか聞く人が限定される感じだったけど、これは万人に受け入れられると思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 唯一無二の天才BECKをグラミー獲得へと導いたセカンド・アルバム。前作「メロウ・ゴールド」のミクスチャー路線をさらに押し進めた・・・と言えなくはないが、それはこのアルバムに対してあまりにも一面的な評価であろう。
 ジョビン(M11「デサフィナード」)から、シューベルト(M12「未完成交響曲」)まで飛び出す絶妙なサンプリング。既にこの頃から確立されたといっていい彼一流のソング・ライティングの素晴らしさ。また、キーボードの豊富な使用も本作により深みを与えた(M8、M10など)。
 現在のシーンで、ここまで高度なポップ・ミュージックを提供してくれるアーティストはちょっといない。「ロックは死んだ」なんて言ってる人も一度このアルバムに耳を傾けてみてほしい。目から鱗である。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
裏ジャケットの一番下には、フランス語で“Je suis un revolutionaire.”(ぼくは革命家だ)という落書きがあります。このことばの通り、憎らしいほど絶妙に保守・伝統的な音楽と革新・現代的な音楽とをわかちがたく切り結ばせ、ひとつの個性的な音楽に昇華するベックの才能を示した作品です。
『オディレイ』の音楽は、ごった煮です。つまり、まず、現代的なパンク、ヒップホップ、ノイズ、テクノというなべとスープ。次に、20世紀のポピュラー音楽、カントリー、フォーク、R&Bという具。そして、「ジングル・ベル」、JB(ジェームス・ブラウン)、ヴァン・モリソンを擁するゼムがカヴァーするボブ・ディラン、そしてチャイコフスキーというサンプリング/隠し味。
でも、ベックは、たんに音楽のごった煮を作るだけでは終わりません。詞は、一見ただのグダグダ、何にもなしの放浪を表現しているだけです。でも、「泣きつく相手を探してるんなら 俺には話しかけんなよ」(トラック10)「俺の荷物は来世で待ってるぜ」(11)、「どうせあんたにゃ似合わない あんたは中身が置き去りだから」(13)という歌詞からは、ベックが、放浪する自分の音楽の中身に対して絶大な自信をもっていることがうかがえます。その証拠に、最後の13で、ベックは、放浪の虚脱感をクール・ダウンしながら、ギターと打楽器との限られた伴奏のなか
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 発光体 投稿日 2014/11/19
形式: CD
ベックの作品にはサイケな音が目白押しですね。本作「オディレイ」のスペイシーな感じ。「グエロ」のような音を歪みに歪ませたギターサウンド。
そして「モダンギルト」での浮遊感。この人ほどサイケと上手に付き合ってきた人はいないんじゃないか、と思えました。各作品ごとにバラエティに富んだ、明確なヴィジョンがあったのでしょうね。ベックはこの作品に対して「この作品こそが僕のファーストアルバムだ」と話していたようです(実際のファーストは「メロウゴールド」)。きっと本作から思い通りの音づくりができるようになり、本当にやりたい音楽ができた、という記念碑てきな作品に仕上がっての発言でしょう。自分としては、これからも彼の活動のほどに期待をもっています。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
BECKという存在を全世界に知らしめた名盤中の名盤。

90年代のベスト作品として紹介される事が多いアルバムである。

ただし、今という視点で考えれば、このODELAYに詰め込まれたBECKの手法を真似た音楽は少なくはない。

それは、言い換えれば多くのフォロワーを生んだという意味でもある為、このアルバムの影響力を感じとれる部分だ。

個人的な話としてはこれを聞いた当時にすぐにこのアルバムを理解できた訳ではない。

買った時の動機としては1曲目の「Devils Haircut」と9曲目の「Minus」に込めれたロック的なかっこ良さに惹かれたからだったと思う。

(何せ当時はGREENDAYやOASISがメインだった為、バンド形式でないだけで音楽を受け入れない事も少なくなかった...。)

そんな事もあってこのアルバムの複雑な存在の意味を実感したのは大分時が過ぎてからである。

作曲をする立場になってみるとわかるが、正直無理です。

いろいろなものをパズルの様に組み立てる事ができる稀有な能力。

やはりBECKに関しては「天才」というありきたりな言葉を贈るしかないのだろう...。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー