¥ 5,682 + 関東への配送料無料
残り4点 ご注文はお早めに 販売元: DOORS
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,683
+ 関東への配送料無料
発売元: Be.BIKE (土日祝日 定休日)
カートに入れる
¥ 5,683
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 6,176
+ 関東への配送料無料
発売元: SISオンライン(簡易包装にてお届け・土日祝休み・家具等はメーカー直送・小物類はネコポスメール便利用
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

OSTRICH(オーストリッチ) 輪行袋 [ロード320] シルバー

5つ星のうち 4.2 16件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 8,100
価格: ¥ 5,682
OFF: ¥ 2,418 (30%)
残り4点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、DOORS が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。
新品の出品:10¥ 5,682より
  • 材質:ポリエステル
  • 重量:500g
  • サイズ:高さ1070mm幅830mm奥行200mm
  • 付属品:リア用エンド金具、ショルダーベルト、中締ベルト、フレームカバー小


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

よく一緒に購入されている商品

  • OSTRICH(オーストリッチ) 輪行袋 [ロード320] シルバー
  • +
  • マルト(MARUTO) チェーンカバー RS-C750
  • +
  • OSTRICH(オーストリッチ) エンド金具 [フロント用] エンド幅100mm
総額: ¥7,207
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
カラーシルバー
ブランドOSTRICH(オーストリッチ)
ギフトパッケージについて予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意
  
登録情報
ASINB003RWSHXK
おすすめ度 5つ星のうち 4.2 16件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング スポーツ&アウトドア - 5,652位 (ベストセラーを見る)
発送重量807 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2010/6/16
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

重量、収納性、価格などバランスに優れたもっともポピュラーなモデルのひとつです。中仕切付。



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

L-100と併用しています。当然ですが、L-100より大きく重いですが、その分、生地が厚くて安心して輪行出来ます。L−100は頑張ればボトルゲージに収まりますが、320は絶対に無理なのでサドルに括り付けるか、背負うのが普通かと思います。私の使用法ですが、1・行きに輪行する場合は320を使って、現地に着いたら郵便局に直行してゆうパックで自宅に送ります。同一県内なら500円ほどで定形外より安いです。500円で800グラム軽量して150キロ走れて、収納に迷わないのなら安いもんだと思ってます。また、足が売り切れる場合も想定して予備にL-100も持参し、こちらはザックなどに忍ばせています。2・輪行の予定が無い場合は、予備としてL-100を持参 3・行きは自転車で帰りに輪行する場合は、距離によってL-100と320を選択すると言った方法をとっています。

私は自転車初心者なので輪行袋の耐久性には疎いのですが、厚みのある320でもそれほど耐用年数が長いとは考えられません。それなら最初から二つ(二種類)購入して使い分けながら傷みを最小限に抑えて使う方が良いのではないかと思い、両方合わせて1万弱の投資でしたが、現状では間違ってないと思っています。

因みに車種はCANNONDALE SUPERSIX EVO 5 で、サイズは54ですが、両方の輪行袋でギリギリですが収納できました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
結構生地が厚めで当て布もシッカリしているので、想像以上に丈夫です。ただしその反面重く、畳んでもギリギリボトルゲージにはまる(若干はみ出ます)サイズなので、携帯性を優先するなら220タイプや他の商品をおススメします。(生地の厚みは保護性が優れているとかではなく、耐久性の違いだけだろうと思います)
何度か輪行して判ったメリットは、前後輪を外して中仕切りポケットに収納できる事。ボトルなど細かなパーツも、2つのポケットに入れておけばそれほど暴れません。それと銀色に限ってですが、珍しい色なのでイベント等で輪行袋が集まった場所でも非常に見つけやすいです。
デメリットは、これは輪行袋全体に共通して言えるのですが、高めのサドル位置や大きめなフレーム、ハンドル幅が大きいと入りきらないので工夫が必要なこと。私の場合185cm位の身長で540サイズのフレームなので、サドル位置を下まで下げて丸ごと入り、普段の状態だとハンドルが微妙に飛び出ます。あと20cmくらい余裕があったらなぁといつも思います(笑)
ちなみに知人(175cmくらい、520サイズ)の場合、サドルもそのままでスッポリ入りました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
全体的には満足。
ウェブ上に記載されていた質量に対して実物は結構かさばる大きさだった。ボトルケースに入れての走行は不可能(友人は一回り小さいものをボトルケースに入れて走行していた)なので、目的地へ移動後はコインロッカーなどに預けて戻ってくるという使い方が良いのでしょう。
車輪を入れるポケットがあり、後輪ギア部もすっぽり入るので別途カバー準備不要なところも良いと思う。
不満な点が一つ:解説書がかなり理解しにくかった。Youtubeなどの動画を参考に練習する必要を現地で痛感してしまったし。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
トピークのモジュラーケージ2をM5×50mmのねじで拡張してギリギリ入る大きさですが
補給ポイントの少ない山道・田舎道などを走る時は基本ボトル2本差しなので
そういう場合はトップチューブにぶら下げて走っています。
車体にごちゃごちゃ小物を取り付けるのが嫌な人は素直に鞄に入れるのがいいかもしれません。
ただ軽量を売りにしてる他の輪行袋に比べると明らかに重いです。

一方、大きくて重い反面かなり丈夫に出来ています。
当初はL-100(赤)が欲しかったのですが、
カタログの写真を見ると中の自転車が透けて見える程生地が薄いのが気になって320に変更しました。
よほど乱暴な扱いでもしない限り簡単に穴が開いたりはしないとは思うのですが。

結局、携行性と耐久性のどちらをより重視するか、が選択のポイントなのでしょう。
そういう意味では220あたりがやはり一番バランスが良いように思います。
またリアエンド金具等が付属しているのもL-100より良い点です。

強いて一点だけ個人的に不満な点があるとすれば
色のバリエーションがもう少しあればいいな、というところです。
レッドあれば欲しかったなぁ・・・
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー