通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 raruf
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付。帯、カバーに微細なすれきずありますが、中身は本文部分に書き込みなどもなく、ほとんど使用感感じられずきれいな状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 (単行本) 単行本 – 2016/6/24

5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,167

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 (単行本)
  • +
  • GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)
  • +
  • やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける
総額: ¥5,616
ポイントの合計: 170pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

仕事に対する
「最上(ベスト)の構え」がここにある!
――監訳者・楠木 建

「独創性」は、与えられるものではない。すでにあなたの中に存在するのだ――

◎なぜ、人は「可能性の高い企画」にダメ出ししがちなのか
◎あるアップル社員が、スティーブ・ジョブズに猛反論して成功を収めた理由
◎「うちの会社に投資すべきではない理由」を説明し、巨額の資金を得た起業家
◎「やさしい上司」より「トゲのある気むずかしい上司」に
◎部下に「解決策」を求めてはいけない …etc.

「本書は、“本性”としてリスクを回避しようとする“ふつうの人々”が
(ふつうの人だからこそ)、流れに逆らう不安や恐怖をはねのけて、
“オリジナルな何か”を実現させるためのさまざまなヒントを数多く含んでいる」
(「監訳者のことば」より)

著者について

フェイスブックCOO

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 382ページ
  • 出版社: 三笠書房 (2016/6/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4837957684
  • ISBN-13: 978-4837957683
  • 発売日: 2016/6/24
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,438位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
本書ではスーティーブジョブスやアインシュタイン、エジソン、ベートーベンなど独創性溢れる成功者のエピソードを数多く紹介しながら、どうしたら独創性を高められるのかを説明しています。

本書を読んでいると天才としか思えない上記の著名人たちも、生まれながらにして天才であったわけではなく、努力の末、成功を掴んだということが彼らのエピソードによって紐解け、とても興味深かったです。
「・・・ってことは私のような平凡な人間でも本当に情熱を持って努力をすればいつか成功できるかも・・・!?」という希望も沸いてきてとてもワクワクする内容でした!

私が一番印象に残ってるのは、
「傑作を生み出す可能性を高める方法は、多くのアイデアを生み出すこと」
というパート。
例えばモーツァルトは35歳で死去するまでに60曲、ベートーベンは生涯で650曲、バッハは1,000曲以上を作曲していますが、最高傑作と呼ばれるものはそれぞれ6曲、5曲、3曲。
ピカソの全作品は1,800以上の絵画、1,200以上の彫刻、2,800以上の陶芸、12,000以上のデッサンのほか、版画、ラグ、タペストリーなどなど多岐に渡りますが、高く評価されたのはそのうちのほんのわずか。

一言で言ってしまえば「数打ちゃ当たる」ということですが
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
『オリジナルでいる 』ことは 、幸せにいたる道としては 、けっして簡単なものではない 。しかし 、それを追い求めることの幸せは何にも代えがたい 」。

結びの言葉。とても響きます。

最近、どんな本を読んでもこれからの時代は個性を大切にする事、という事が書かれているなと思います。こちらの本は経営の販売戦略や自身のモチベーションについてオリジナルの重要性を説いてます。
今の時代は大きな会社に就職すれば安定して定年まで働ける訳ではなくなってきて、今はもはや非常識になりつつあります。ニュースを見る限りでも異常な世界状況が続いてますね。テロなども頻繁に起こり、平和を願ってやみません。

本を読む前も後も同じ事を思いました。
それは、一人一人が自分の考えや直感を大切にして今感じていることを一生懸命にすると良いのではないかと。
自分の幸せってなんだろうって考えて、収入の多さ、恋人のスペックの高さなど外面を整えれば幸せになれるってやっぱり思ってしまいがちですよね。けれど本書でも教えて下さった通り、自分しか自分の幸せが何かと言うのは分からなくて、毎日自分の身近に感じる幸せを数えていくと内面がまず幸せになるのではないかと思います。
今一度、自分の幸せについて新しい視点が欲しい方、個性の磨き方を知りたい方、おすすめの一冊です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
インターネットの普及で以前よりも個人でビジネスをするのがずっと手軽な時代になりましたが、ビジネスに必要なooriginals(独創性)はどのように身に付けるのかを分かりやすく説明されています。

起業家や発明家は学校生活では集団ルールを無視する問題児として見られることが多いのは、もともとあるルール疑問を感じ自分なりに考える姿勢があり、大人になっても既存の製品やシステムに疑問を感じ新しい製品、サービスを生み出すことができるからです。
また、起業家や発明家には芸術を趣味にしていることが多い傾向があるというのは自分が
子育てをするときに覚えていたいと思いました。

著者のアダム・グラント氏は組織心理学者であり、大学教授でもあるので分かりやすい例を交えて解説しています。
その中でもハッとさせられたものは、ある対象に繰り返し接触するほどその対象をより好むという「単純接触効果」を説明する際に実際には存在しないサニック効果という言葉をあたかも実在する用語のように説明していたところです。

キャッチコピーの通り仕事に対する 「最上(ベスト)の構え」が見つけられるので起業しいたい人にだけではなく、部下を教育する指導者や指導される側にもおすすめな一冊です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
メガネ業界の「ワービーパーカー」、テレビドラマの「となりのサインフェルド」の成功についての分析から始まっているが日本人にはピンとこない題材。
ググってみたところ、
ワービーパーカーはJIN'Sやzoffのような価格破壊な業界革命児で、となりのサインフェルドは「ガキのつかい」みたいな長寿番組のことだった。
どちらも最初は失敗するかも、人気は出ないだろうなどという予測に反して成功した例で、分析内容は興味深い。
革命児という言葉から想像つかないような慎重に行動し、リスクを避けているのだ。
馴染みのない企業や番組ゆえ、著者の興奮に感情移入できないので、「美味しいのに飲み込めないモツを食べてる」みたいな読書感になってしまった。

他には、スカイプの成功、セグウェイの失敗の分析などもあり、そこはノリノリで読み進めた。
ベンチャー投資家へのプレゼン方法、組織内でアイデアを実現する方法や立ち回り方など幅広くカバーしていて、心理学の手法としてもすぐに役立ちそうだと思う。

オリジナルな人たちは意外にもフツウの人だけど、少数派であるのが特徴だ。
少数派になっても多数派に迎合しなくても良いし、むしろアイデアを形にするキッカケになることがあるようだ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー