お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,000MP3アルバムを購入

OPEN SESAME CD, Import, Original recording remastered

5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,404 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:22¥ 409より 中古品の出品:15¥ 335より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の フレディ・ハバード ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • OPEN SESAME
  • +
  • Flight to Jordan
総額: ¥2,354
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2002/2/9)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import, Original recording remastered
  • レーベル: BLUEN
  • ASIN: B00005UOKP
  • JAN: 0072434953412
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 6,295位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
7:11
アルバムのみ
2
30
6:26
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
6:28
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
5:36
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
6:04
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
6:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
7:16
アルバムのみ
8
30
7:35
アルバムのみ

商品の説明

内容紹介

Freddie Hubbard's recording debut announced the arrival of an extraordinary trumpeter, both technically and artistically. This album teamed him with tenor saxophonist/composer Tina Brooks (they would reconvene a week later to record Brooks' "True Blue") and pianist McCoy Tyner a few months before he joined John Coltrane's quintet.

This is one of those stunning Blue Note records where the musicians mesh and the tunes, arrangements and solo get as close to perfection as one can. Alternate takes of both Tina Brooks tunes are added to the original album.

Produced by Alfred Lion. Recording engineer: Rudy Van Gelder. Recorded at the Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, New Jersey on June 19, 1960. Remastered in 2001 by Rudy Van Gelder. All transfers from the analog tapes to digital were made at 24-bit resolution.

The Players:
Freddie Hubbard: Trumpet
Tina Brooks: Tenor Sax
McCoy Tyner: Piano
Sam Jones: Bass
Clifford Jarvis: Drums

Amazonレビュー

   1960年録音のフレディ・ハバードの『Open Sesame』は単なる名盤ではない。歴史が変わる瞬間をとらえた作品なのだ。それまで無名だったこのトランペット奏者は、まだ駆け出しの頃だった。ピアニストのマッコイ・タイナーしかり(彼はこのすぐ後ジョン・コルトレーンとの運命的な出会いを迎える)。実際、このレコーディング時点で一番有名だったのは、ベースのサム・ジョーンズであり、彼がその後キャノンボール・アダレイやオスカー・ピーターソンと競演していったのに対し、ハバードとタイナーはこの作品の後にジャズ界の大物となっていったのである。本来ならテナー・サックスのティナ・ブルックスもそうなるべきであったのだが、この優秀なプレイヤー(今作の「But Beautiful」でのプレイは秀逸)は正当な評価を得ることなく、1974年に42才の若さでひっそりとこの世を去っていった。ハバード作の「Hub's Nub」やブルックス作のタイトル曲2テイク、そして「Gypsy Blue」は素晴らしく、今作のハイライトのひとつ。忘れてならないのは、ドラマーのクリフォード・ジャービス。ブレイキーに心酔していたこの若者と、ルディ・バン・ゲルダーの完璧なエンジニアリングは今作に欠かせない存在。このアルバムを聴けば元気にもなるし、うっとりとした気分にもなる。綺麗なパッケージでの再発は実にうれしい限りだ。(Richard Palmer, Amazon.co.uk)


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
完成度が異常に高いですよね。奇跡と言って良いくらいだね。六十年録音の作品としては全体としてのクオリティではJMの「チュニジアの夜」を凌ぐとさえ言って言い過ぎでないと思います。(エリック・ドルフィの「アウトワード・バウンド」と良い勝負、ここでもフレディは更に物凄いプレイしているからね、全く毛色の違う二作品で吹いてて、どっちも凄いフレディって…(笑))ワタシは、この盤の価値を高めたのは所謂ブルーノートの常連じゃなくフレッシュな実力派若手でメンバーだと思います。マッコイにしてもサム・ジョーンズにしてもね、他の会社じゃ実績有る人です。そういう意味ではマンネリ化しているブルーノートのハードバップの大看板に風穴を開けたと言える画期的なセッションなんだね。ただ余りに出来過ぎだった。何て言うか、デビュー戦で巨人相手にノーヒットノーランやっちゃった中日の近藤つうか、フェブラリーステークスでブッち切り勝ちのメイショウボーラーと言いましょうかね(笑)結局、フレディは死ぬまで自分の才能と戦い続けた、どんだけ酷評されても逃げなかった。ワタシはフレディの、そういうジャズへの一途さが好きなんです。マイルス、ハービー、ショーター、マッコイみたいに上手く立ち回れなかった、王道という茨の道を歩き続けた不器用な人なんですよね。その一歩がこの作品である事を思えば、真っすぐ前を向くフレディの音に胸が熱くなるんです。(とほほの助)
1 コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tkbrids 投稿日 2013/10/2
形式: CD Amazonで購入
前から欲しかった1枚ようやく手に入れた期待どうりフレデーハアバートはこれ1枚しか持っていないけどオプンセサミ良いよ
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1960年代以降のモダンジャズトランペットの最重要プレイヤーの一人であるフレディ.ハバードの記念すべき初リーダー作。1956年以降数多くの「ポスト.クリフォード.ブラウン」が世に出ましたが、その多くがハードバップの枠内に大きな軸足があったのですが、フレディはモーダルなスタイルのパイオニアと言って良いでしょう。キャリアのスタート的に50年代的ハードバップからモードに流れたというよりは最初から既に時代はモードになりつつあったこともあり、モーガンとは違う新世代、な印象になるんですよねー。
 まだこの時代のプレイはハードバップに立脚していて超高速でのスケール吹き倒しとかは見られませんが、それが却って若々しくてフレッシュな印象を与えます。フロントの相方がアイク.ケベックなのもポイント高いかも。これがモブレーだったら他と代わり映えしなくなった可能性もあると思えます。次作ではモブレーと組むわけですが、1枚目はフレッシュな感じの方が良いもんね。フレディもマッコイもこの時まだ22とか23なんですよねぇ。凄いです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 とてもデビュー作とは思えないほどフレディはよく歌っている。

 表題曲と「GYPSY BLUE」はティナ・ブルックスが提供したもの。
1・ 「OPEN SESAME」はオープニングにふさわしくアップテンポでフレディもアグレッシヴにプレイしている。
 続くテナーも良くベースのサポートも素晴らしい。ピアノソロが味わい深いプレイを聴かせてくれる。

3・「GYPSY BLUE」は楽しくてテナーソロ、ベースソロも聴きどころ。フレディがのびのびとしたプレイをしている
  のが印象的。

スタンダードの「ALL OR NOTHING AT ALL」は全員が熱いプレイをしている。それぞれの巧さを認識できる
曲でもある。比較的穏やかな「ONE MINT JULEP」、ミディアムテンポの「HUB’B NUB」は唯一フレディのオリジナル。
どちらもサポート陣のプレイが光っている。フレディのペットが素晴らしいことは言うまでもない。

本作で一番印象的なのがバラードの2・「BUT BEAUTIFUL」である。若干22歳のフレディの情感溢れるプレイには
驚くばかり。素晴らしいデビュー作だと思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 菅章 投稿日 2004/12/25
形式: CD
リー・モーガンやドナルド・バードといった新世代のトランペッターがクリフォード・ブラウンの後を追って華々しくハード・バップシーンのトランペッターとして登場したが、そんな彼らをと一味違った新しさを携えて登場したのがフレディ・ハバードだ。トランペターがややもすると陥りがちな、クリシェから脱却したフレイズは新鮮そのものであった。それはフリーと新主流派的なモードを貴重とした目くるめくテクニックや因習的なフィンガーワークと無縁な新たなトランペットスタイルによって可能になったのであろう。ハバードのワイドレンジな活動は器用貧乏という批判もあるが、これだけ有能なトランペッターは60〜70年代いや80年代を通じてもいなかったのではないだろうか。このアルバムはそんなハバードのデビューアルバムだが、すでに円熟し完成されたテクニックには舌を巻くばかりだ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー