ONKYO GX-R3X アンプ内蔵スピーカー ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 9,792
+ 関東への配送料無料
発売元: EDIONネットショップ
カートに入れる
¥ 9,792
+ 関東への配送料無料
発売元: ビックカメラ
カートに入れる
¥ 9,792
+ 関東への配送料無料
発売元: ソフマップ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ONKYO GX-R3X アンプ内蔵スピーカー WAVIO プラチナホワイト GX-R3X(W) 【国内正規品】

5つ星のうち 4.2 124件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 9,720
価格: ¥ 9,183 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 537 (6%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
新品の出品:15¥ 9,183より 中古品の出品:4¥ 4,180より
プラチナホワイト
    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • 端面反射を少なくし、筐体サイズを超えたスケール感のある再生を実現
  • 電源部の強化と回路構成の見直しによる迫力ある低域再生
  • 量感とスピード感を併せ持つ低域を実現する「AERO ACOUSTIC DRIVE」
  • 「Active Bass Control」搭載
  • 最適なリスニングポジションを確保する傾斜された前面バッフル
  • 特別仕様OMF振動板採用スピーカーユニット
個装箱で発送:
この商品のパッケージは内容物を示す場合があり、非表示にはできません。

お求めやすいPCスピーカー
ハイレゾ音源対応でお求めやすい価格のPCスピーカー。 今すぐチェック
マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!

よく一緒に購入されている商品

  • ONKYO GX-R3X アンプ内蔵スピーカー  WAVIO プラチナホワイト GX-R3X(W) 【国内正規品】
  • +
  • audio-technica GOLD LINK Fine オーディオ変換ケーブル ピン×2 - ステレオミニ 2.0m AT561A/2.0
総額: ¥10,445
選択された商品をまとめて購入


製品の特徴:
色: プラチナホワイト
  • メーカー型番:GX-R3X(W)
詳しい仕様を見る

商品の情報

色: プラチナホワイト
詳細情報
カラープラチナホワイト
  
登録情報
梱包サイズ26 x 25 x 22 cm ; 3.2 Kg
発送重量2.8 Kg
メーカー型番GX-R3X(W)
ASINB0002BNVAI
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2004/5/27
おすすめ度 5つ星のうち 4.2 124件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 家電&カメラ - 152,859位 (ベストセラーを見る)
  
保証とサポート
返品: Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら
ご意見ご要望
さらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

カラー:プラチナホワイト

商品紹介

●音質もデザインもこだわったスタイリッシュスピーカー●サイズを超えたスケール感あふれるハイクオリティサウンドを実現●高級感のある洗練されたホワイトカラー

Amazonより

サイズを超えた低音再生とスタイリッシュなフォルム
   デスクトップ上の限られたスペースでも最適なリスニング環境を提供し、さらにはインテリア感覚にも優れたデザインのコンパクトタイプスピーカー。端面反射が少ない特殊なキャビネット構造を採用、さらにはアンプ部の大幅見直しやスリットダクトの採用、新開発のバスコントロール機能搭載など、音質面においては徹底した高品位設計を施し、サイズを超えたスケール感のある音楽再生と迫力ある低域再生を実現。

端面反射を少なくし、筐体サイズを超えたスケール感のある再生を実現
   ラウンド形状をした本体と傾斜する独特のキャビネット構造により、スピーカー内部で端面反射が起こりにくい構造にした。人間の耳は物体の大きさを、叩いたときの音の響きによって計測する能力を持っている。例えば小さな板を叩いたときと大きな板を叩いたときでは響きが端面に伝わる時間が大きな板の方が遅いため、それが大きな板と認識できる。GX-R3Xはキャビネットの内部の角にまで丸みを持たせ端面を少なくしたことにより、筐体サイズを超えた音の再生を可能にしている。

電源部の強化と回路構成の見直しによる迫力ある低域再生
   アンプとスピーカーの間から出力コンデンサーを排除。低域を伝えにくいコンデンサーをなくすことで、低域の量感が得られるようになった。「AERO ACOUSTIC DRIVE」とあいまって、コンパクトサイズながら豊かな低域再生を実現している。また総合出力6W + 6Wの迫力あるドライブを実現している。

量感とスピード感を併せ持つ低域を実現する「AERO ACOUSTIC DRIVE」
   DVD をはじめとするデジタルメディアならではの、立ち上がりやダイナミックレンジに優れ、低域再現力を飛躍的に向上する新技術「AERO ACOUSTIC DRIVE」技術を採用。キャビネット内のバスレフダクトとして、通常の円筒状ではなく、チューニングを重ねて縦横比を設定した細長い矩形状による「スリットダクト」を採用し、ダクトからの放射ノイズを低減させるだけでなく、ダクト内部での定在波発生によるカラーレーションや、振動板からの振動に対する遅延が起因となる低域のもたつきなど、円筒状のバスレフダクト特有の現象を大幅に改善している。バスレフ型ならではの豊かさを活かしつつ、信号に対する追従性を向上させることにより、量感とスピード感を併せ持つ低域再現を可能にしている。

新開発バスコントロール「Active Bass Control」搭載
   大音量のときと小音量の時で低域のブースト量に変化を持たせ、「音割れ」を起こしにくくした新設計バスコントロールを搭載。従来の小型スピーカーにありがちな、大音量時の音の歪みを解消した画期的な低域調整機能。

最適なリスニングポジションを確保する傾斜された前面バッフル
   前面バッフルは15°の傾斜角度を持たせ、直接音が耳に届くようスピーカーユニットを取り付けているため、デスクトップなどの近距離での最適なリスニングポジションを確保している。

特別仕様OMF振動板採用スピーカーユニット
   GX-R3Xのためだけに作られた、特別仕様のOMF振動板を採用したユニットを搭載。音色の異なるコーン紙を3枚重ねにすることにより、コーン紙固有の音が出ないようにした。また、3枚構造にすることにより「しなやかさ」と「硬さ」の両面を備え、迫力ある低域再生を支える。

インテリア性の高いデザインとカラーリング
   本体キャビネットは光沢のある高級感あふれる仕上がりになっている。また、プラチナホワイト、オニキスブラックに加え、深みのあるボルドーレッドをラインナップにそろえた。


メーカーより


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2017年4月11日
色: プラチナホワイト|Amazonで購入
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月26日
色: プラチナホワイト|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月30日
色: オニキスブラック|Amazonで購入
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月21日
色: オニキスブラック|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年5月24日
色: オニキスブラック|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月20日
色: オニキスブラック|Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年5月18日
色: プラチナホワイト|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年2月9日
色: オニキスブラック|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。大川 ぶくぶ