ONE PIECE FILM GOLD DVD ス... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ONE PIECE FILM GOLD DVD スタンダード・エディション

5つ星のうち 3.9 38件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,118 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 986 (24%)
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで3,000円OFF 1 件

残り16点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 3,118より 中古品の出品:5¥ 2,980より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 期間中にパナソニックの液晶テレビとDVD・ブルーレイソフトをまとめて買うと、合計金額から3,000円OFFに。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • DVD商品2500円以上購入で買取金額500円UPキャンペーン対象商品です。商品出荷時に買取サービスでご利用いただけるクーポンをメールにてご案内させていただきます。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ONE PIECE FILM GOLD DVD スタンダード・エディション
  • +
  • ONE PIECE FILM GOLD映画連動特別編 シルバーマイン [DVD]
  • +
  • ワンピース ~ハートオブ ゴールド~ *通常版 [DVD]
総額: ¥10,445
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 田中真弓, 中井和哉, 岡村明美, 山口勝平, 平田広明
  • 監督: 宮元宏彰
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2016/12/28
  • 時間: 120 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 38件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01M7PPDX6
  • JAN: 4988013160491
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 3,743位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

「STRONG WORLD」、「Z」を超える、究極のエンターテインメント大作!!
原作者・尾田栄一郎が総合プロデューサーを務め、劇場シリーズを新たな次元へと導く!

[内容解説]
■コミックスの累計発行部数は世界で3億2000万部を突破!
2009年『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』(興行収入48億円)、2012年『ONE PIECE FILM Z』(興行収入68.7億円)と、
公開の度にアニメの枠を超えて映画業界に大きな嵐を巻き起こしてきた劇場版シリーズ。
前作から3年半の沈黙を破り、待望の劇場版最新作!
■前作に続き再び総合プロデューサーを務めるのは原作者・尾田栄一郎。
原作の世界観はそのままに徹底的に新しさを追求し、劇場版シリーズを新たな次元へと導く!
■ゲスト声優にはかつてFolder5としてTVシリーズの主題歌を担当し、
現在では日本を代表する女優へと成長した満島ひかりを始め、濱田岳、菜々緒、ケンドーコバヤシ、北大路欣也ら、
各界で“黄金"のような活躍を魅せる豪華布陣が実現。
『ONE PIECE FILM』シリーズの更なる進化を、華々しく彩る!

世界中の大富豪たちが集い、昼夜問わずショーやアトラクションが繰り広げられる
世界最大のエンターテインメントシティ“グラン・テゾーロ"へ乗り込んだ麦わらの一味。
そこは世界政府すら手を出すことのできない“絶対聖域"で、海軍も海賊も関係なく、
誰もが街のルールに則ってカジノやアトラクションに興じていた。
色めき立つルフィたちの前に現れたのは、金の力で世界政府ですら容易く動かし、
天竜人をも懐柔するほどの権力を持つ“黄金帝"ギルド・テゾーロ。
すべてが豪華絢爛なその街の裏では、テゾーロによる圧倒的な支配が渦巻き、
ルフィたちはなすすべもなく街の非情なルールに飲み込まれていく・・・。
そんな中、テゾーロから天竜人への「史上最高額の天上金」の存在が明らかとなり、
その支配力は世界を揺るがすほどの暴走を始めていた。
遂に動き出してしまった新世界の“怪物"に、ざわめき始める世界政府、そして革命軍――。
「自由とは、支配とは」この海を制するための答えを懸けて今、ルフィたちの信念を掛けた闘いが幕を開けようとしていた。

[特殊内容/特典]
予告、CM集

[スタッフキャスト]
<スタッフ>
原作・総合プロデューサー:尾田栄一郎 (集英社 週刊「少年ジャンプ」連載)
監督:宮元宏彰
脚本:黒岩勉
劇中曲:小島麻由美
音楽:林ゆうき
キャラクターデザイン・総作画監督:佐藤雅将
美術監督:小倉一男
美術設定:須江信人
色彩設定:永井留美子
CGディレクター:能沢論
撮影監督:和田尚之
製作担当:稲垣哲雄
主題歌:「怒りをくれよ」GLIM SPANKY(ユニバーサル ミュージック)

<出演>
モンキー・D・ルフィ:田中真弓
ロロノア・ゾロ:中井和哉
ナミ:岡村明美
ウソップ:山口勝平
サンジ:平田広明
トニートニー・チョッパー:大谷育江
ニコ・ロビン:山口由里子
フランキー:矢尾一樹
ブルック:チョー
ギルド・テゾーロ:山路和弘
<ゲスト声優>
カリーナ:満島ひかり
タナカさん:濱田岳
バカラ:菜々緒
ダイス:ケンドーコバヤシ
レイズ・マックス:北大路欣也
ほか



[発売元]ポニーキャニオン

(C)尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

大人気アドベンチャーアニメ『ONE PIECE』の劇場版。世界最大のエンタテインメントシティ、グラン・テゾーロへ乗り込んだ麦わらの一味。色めき立つルフィたちの前に、金の力で世界政府ですら容易く動かす、“黄金帝”ギルド・テゾーロが現れ…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Siropi トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/8/25
形式: Blu-ray Amazonで購入
面白いシーンもたくさんあって、そこそこは面白いけど、戦闘シーンが少なかったり物足りない部分も多いです。
一回目は面白いけど、二回目を見る気があまりしないかも。

ワンピース映画は原作者が総指揮をとるようになってから復活して毎回人気が出ていますが、最初のストロングワールドが一番面白かったです。

ストロングワールドは何度も繰り返し見ましたが、その後は今作も含めて一回見れば十分という感じです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
結構、大きく宣伝されていて、自分も期待大で見ました。
結論からいうと、色々、詰め込みすぎて、ワンピースのワクワク感が欠けてしまった作品になっています。
・サボとルッチ、CP9の元ボスは登場しなくてよいのでは、、
・ルフィとテゾーロのバトル、長い。
・テゾーロの過去をダイジェスト映像にするのではなく、掘り下げていればよかったと思う。(視聴している側もキャラへの親近感が湧いていたかな)
・テゾーロの手下が印象に残りにくい。タナカさんって。。

反面、良い部分もありました。
・ギア4の活躍がみれる。
・ナミとカリーナの過去が結構、濃厚。
・ゾロ、サンジのバトルが今回もかっちょいい。ウソップの頭脳戦略バトルも「おおー」と思わせてくれる。
・赤犬・ルッチの会話で、関係性がすこしわかるかな、、、

まとめますと、FILMシリーズになって、原作の登場人物を絡ませながら、映画のオリジナルキャラを際立たせるのはいいのですが、GOLDでは
いろいろつめこんでおり、映画版ワンピースのワクワク感・面白さがかけてしまっていました。初期の映画の、「ねじまき島の冒険」や「デッドエンド」の頃の麦わら海賊団と映画のオリジナルキャラ・ボスとの濃厚な絡み合いがFILMシリーズで再び見たいです。

今作はGOLDな作品ではありませんが、GOOD的な作品になっていましたw
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
映画館で見て面白かったのでブルーレイの通常版を購入しました。

前作のFILM Zは、ルフィたちの敵役であるZ(ゼット)という人物の不器用ながらに最後まで一本筋を通してみせたその生き様に、不覚にも涙が出るくらいに感動させられた良い作品でした。ただ、やはりテーマは少し暗いので何度も見ようという気にはなれない作品でもあります。

それに比べると、今回の敵役であるギルド・テゾーロなる人物は、前作のZにくらべると少々人物的の魅力は薄いように見えますが、映画を注意して見ていると怪物と呼ばれた男にもそう呼ばれるようになるに至った理由が断片的に読み取ることはできるので、けしてテゾーロが金が全てというだけの薄っぺらい人物ではないことはわかります。この作品が原作の漫画として発表されたものであれば、きっとそのあたりを深く掘り下げることがあってテゾーロという人物の深みが増したかもしれませんが。
今回のような単発の映画として、観客に何も考えずにただ笑って、興奮して、スッキリしてもらおうとした場合、あえて作品に影を落とすようなことはせず、ただ面白い部分だけを前面に押し出した方が良い作品になります。
その点、この作品はそれがよく表現されていて、本当に気軽に何度も面白く見れる作品にだったと思いました。

今までのワンピースの映画だと
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
バトル部分は悪くはないがルフィ以外の活躍が少なめでルッチやサボは登場するだけでほとんど戦わないのはつまらないと感じた。
また、声優が芸能人だらけで女盗賊キャラのイントネーションが変だったり、奴隷にさせられた住人の描写が少なくテゾーロが悪に
染まった理由も若干描かれるが説明不足であっさり終わるのはいまいちだと思った。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
めちゃめちゃ面白かったです。

テゾーロの回想シーンは短いけど泣きそうになりましたね、、、

まさかのどんでん返しに観ててワクワクしました。

気持ちいくらいダマされますよ( 〃▽〃)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ちょっと酷評になってしまうんですけども。
お金かかってる感は出てますけど、それ以外は特に良いと思える所もなかったというか
正直悪い所が多く目に付いてしまう作品でした。

まずキャラクター
主要の敵キャラ達が20世紀のステレオタイプ丸出しな米国人その物で、ハッキリ言って見てて痛々しかったです。
ルー大柴さん?まんまあの人ですね。見たくないタイプ。

あとは麦わらの一味があまりに馬鹿すぎて見てられない。
ルフィが馬鹿やってトラブルに発展するのは いつもの事だけど、ナミもゾロも調子に乗って「明らかに罠だろ」ってわかる物に簡単に引っかかって思わず「馬鹿なの!?」と言いたくなるような感じでした。
ルフィの失敗も今回は他メンバーらのマヌケさも相まってイライラしてしまいます。
ドジっ子展開はルフィのワンポイントだから許されていたのかなと。一味馬鹿はちょっと笑えないかな。

巨大カジノ船グランテゾーロのアイデアは面白かったし、それをお金かけて惜しみなく描かれているのは良かったです。
でも正直その他のシナリオとか、全体像としてはどこか「突出して良い」と呼べるような所は無かったですし
逆に「酷いな」というような要素が2つ3つ目立ってしまってる感じで、ワン
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。dvd 邦画

関連商品を探す